ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 第2期愛知県科学技術基本計画「具体的取組」(3つの基盤技術)

第2期愛知県科学技術基本計画「具体的取組」(3つの基盤技術)

重点分野を支える、3つの基盤技術

ナノテクノロジー(新しい素材・加工技術)

〈施策の方向性〉

  • 新素材開発と、自律型ナノ製造装置の開発を目指した、知的クラスター創成事業「ナノテクを利用した環境に優しいものづくり」を推進し事業終了後もサポートする。
  • 基盤技術を支える、超微細分析・計測施設を本県に整備する。
  • ナノテクノロジーを応用した新素材による燃料電池や光触媒の効率向上など、重点4分野の研究開発に貢献する。

〈具体的な取組〉

  • ナノテクノロジーによる新素材の開発と、加工技術の確立

〈目標設定〉

  • ベンチャー10社、特許出願100件
  • 知的クラスター創成事業の推進と事業後のサポート
  • ナノテク研究開発拠点の整備
カーボンナノチューブ

IT(全てを繋ぐ通信・組込技術)

〈施策の方向性〉

  • 社会生活の安心・利便性に貢献するセンシング・組込技術の研究開発を推進する。
  • 愛知万博の成果を継承し、先進的IT・ITS技術の実証実験継続と、それを支える、ネットワーク・センシング・組込技術などの基盤技術の研究・開発を継続していく。
  • 高度なセンシング技術により、産業と農業の高度化を目指す、「都市エリア産学官連携促進事業」(豊橋エリア)を推進し、事業終了後もサポートする。
  • 基盤技術を支える、超微細分析・計測施設を、本県に整備する。
  • ITを活用し、ユビキタス社会を実現することで重点4分野に貢献する。

〈具体的な取組〉

  • ユビキタスを実現する、センシング・組込技術の次世代技術開発

〈目標設定〉

  • IT・ITSの高度実証実験エリアの設定
  • 都市エリア産学官連携促進事業(豊橋)の推進→実用化20件
CPU画像

バイオテクノロジー(安心・安全な食と医療)

〈施策の方向性〉

  • バイオ技術を活用した、食と医療の分野の基盤技術研究を推進する。
  • 治癒の困難な疾病について、早期診断・治療につながる要素技術の研究を進める。
  • 基盤技術を支える、超微細分析・計測施設を、本県に整備する。
  • 環境の浄化技術や、健康長寿に関する診断技術、安全な食品製造など重点分野の研究開発に貢献する。

〈具体的な取組〉

  • バイオ技術を活用した医と食による、質の高い健康長寿への貢献

〈目標設定〉

  • 個別化医療実現に向けたデータベースの構築
  • バイオ研究開発機能の整備

DNA画像

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課

E-mail: san-kagi@pref.aichi.lg.jp