ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 第1期愛知県科学技術基本計画(戦略的振興分野の明確化)

第1期愛知県科学技術基本計画(戦略的振興分野の明確化)

戦略的振興分野の明確化

21世紀においても持続的な発展を確保していくために不可欠であり、地域の特性を生かしたハイレベルな取り組みが可能な次の科学技術分野について、愛知県地域の戦略的振興分野と位置付け、地域をあげてその振興を図っていきます。

 その振興に当たっては、地域の独自性を確保し、科学技術基盤の厚みの形成に寄与する基礎的・創造的科学への取り組みや、人間社会と科学技術の新しい関係を切り拓いていく人文・社会科学との連携を基盤にしながら、進めていきます。

今日的課題に対して独自の取り組みにより貢献

 21世紀に向けたわが国、さらに地球規模の課題である「環境」及び「健康・医療・福祉」分野について、地域の特性や集積を生かした独自の取り組みを図ることで、貢献していきます。

 これらの分野において、新たな科学技術をブレークスルーしていくためには、社会システム基盤との相互作用が不可欠であり、人文・社会科学系研究者や自治体等を含む地域をあげた総合的な取り組みを進めていきます。

重点推進項目1 「環境」科学技術研究の戦略的振興

地域における研究交流・共同研究の重点的推進

○“環境”を主要なテーマとする2005年日本国際博覧会の開催やその成果の継承、また地域におけるエコタウン構想など、関連プロジェクトや街づくりと連動した研究開発を地域をあげて推進していきます。また、地域固有の対応課題である伊勢湾・三河湾をはじめ地域の里山・河川等の自然や環境について、その実態の把握、科学的解明に係る研究を推進し、それを踏まえた保全技術の開発等に取り組んでいきます。

  • 国の地域結集型共同研究事業(テーマ:「都市環境整備技術の研究開発」)などの研究制度を活用した共同研究の実施
  • 研究開発成果を踏まえた環境共生・循環型都市づくり等の推進
  • 2005年日本国際博覧会における研究成果の活用(モデル適用)や世界ヘの情報発信


○ (財)科学技術交流財団において、地域における多様なニーズ・シーズを掘り起こしつつ各種研究会活動を展開するとともに、地域内外の関連研究会などと連携しながら、具体的な研究開発につなげていきます。

  • (財)科学技術交流財団における研究交流・共同研究の重点化

    ・「土壌・地下水環境保全研究会」、「エコマテリアル研究会」等における人文・社会科学との連携研究課題(ゼロ・エミッション、ライフスタイル、社会・経済システム、法規制等の研究など)の推進
  • 「インバース・マニュファクチャリング・システム研究会」(名古屋市)などの推進

研究開発機能の整備・誘導

○当地域に多様に集積する大学等の環境関連研究機関において、それぞれの特徴を生かした研究機能の充実を図るとともに、文部省において設立準備が進められている地球環境科学研究所(仮称)など環境に関する調査研究の中核となる機関の誘致を図っていきます。

○県試験研究機関において、環境調和型生産技術や環境保全型農業技術など関連研究の一層の充実と部局間共同研究の検討、実施を通じて、地域課題に適切に対応できる総合的な研究開発機能の整備を図るとともに、地域COE形成の一翼を担う体制づくりを進めていきます。

重点推進項目2 「健康・医療・福祉」科学技術研究の戦略的振興

地域における研究交流・共同研究の重点的推進

○健康で生きがいのある豊かな地域社会の構築に向けて、県民の健康づくりに資する健康科学の総合研究を「あいち健康の森」を中心にして進めていきます。

  • あいち健康の森健康科学総合センターにおける広域的な健康づくりネットワークの形成による健康科学総合研究の推進
  • 国立療養所中部病院長寿医療研究センターを中核とした長寿科学研究の推進とその成果の世界への発信

○(財)科学技術交流財団において、重点推進分野の一つと位置付け、各種研究会活動を展開していきます。そして、健康・長寿技術に関する研究機関をはじめ、その研究成果を応用する企業・病院等のユーザーとの間に共同研究 体制(コンソーシアム)を形成し、地域ニーズに合致した人文・社会科学との連携等による具体的な研究開発につなげていきます。

  • (財)科学技術交流財団における研究交流・共同研究の重点化
  • 先導的科学技術共同研究事業「遺伝子導入法を用いた高性能人工皮膚の開発及びその臨床的有用性の拡大」の展開
  • 「糖鎖材料生命工学研究会」、「福祉用具開発研究会」等の推進
  • 健康・長寿技術調査研究会における遠隔医療・福祉の実験と産・学・行政等による共同研究体制(コンソーシアム)の形成
  • 研究成果に基づく試作・応用開発の推進等による健康・医療・福祉関連産業の振興 

研究開発機能の整備・誘導

○当地域に多様に集積する大学等の関連研究機関において、それぞれの特色を生かした研究機能の充実を図るとともに、「あいち健康の森」を中核としながら地域における研究拠点の整備を図っていきます。

  • 医学・工学・社会福祉学など集学的、先駆的な調査・研究機能等を備えた県総合リハビリテーションセンター(仮称)の整備 
  • 母子保健や小児医療に係る調査・研究機能をもつ県小児保健医療総合センター(仮称)の整備

○県試験研究機関において、研究施設の整備・充実を図るとともに、国の研究プロジェクト等への参画による基礎研究の推進から、県民ニーズに直結した実用研究開発の実施まで、積極的な取り組みを図っていきます。

  • がんセンター研究所をはじめとする研究施設の整備・充実 
  • 県試験研究機関における研究開発の推進
    ・がんセンター研究所、心身障害者コロニー発達障害研究所等における国との連携等による基礎研究の推進
    ・工業技術センター等における福祉用具の開発など県民ニーズに直結した実用研究開発の推進

最大の特色・強みをさらに高めることで世界をリード

重点推進項目3 創造的「新産業技術」研究の戦略的振興

地域における研究交流・共同研究の重点的推進

○21年連続で製造品出荷額等が全国一を占める工業、全国一の花き等を中心に全国有数の生産を有する農林水産業にみられる厚い産業集積、モノづくりの高度な技術集積(高度生産・機械システム、新材料技術等)を生かすとともに、これらをさらに高めていくために、ソフトウェア、バイオテクノロジー等の技術を付加した創造的な新産業技術の研究開発を各セクター間の役割分担、緊密な連携により、推進していきます。

  • 地域コンソーシアム研究開発事業など国の共同研究制度の活用、実施
    ・環境用ファインセラミックス多孔体の多品種対応型新製造技術の開発など地域コンソーシアム研究開発事業(通商産業省)の推進
    ・減農薬栽培のための微生物利用技術の開発など産学官連携試験研究事業(農林水産省)の推進 ◇近隣地域との広域連携による新成長産業技術分野の推進
    ・地域の高い集積を基盤とした高度な航空宇宙分野の推進
    ・次代の地域産業を支える人工知能、バイオ等の先端分野の推進 

○(財)科学技術交流財団において、新たな産業の創造につながる各種研究会活動を展開するとともに、共同研究や地域の研究成果等の活用による試作・応用開発など、各段階における研究開発の具体化を図っていきます。

  • (財)科学技術交流財団における研究交流・共同研究の重点化
    ・「バイオミメティック材料工学研究会」はじめ新材料・高度生産システム関連研究会等の推進
    ・研究成果のあっせん、可能性試験など中小企業技術支援の充実  


研究開発機能の整備・誘導

○大学等の研究機関において、地域産業の発展に寄与する研究機能の充実を図っていくとともに、高度かつ先端分野の企業の立地を促進し、新産業技術の創出に向けた研究開発基盤の整備を進めていきます。

  • 工業技術院名古屋工業技術研究所の移転拡充整備 ◇(財)ファインセラミックスセンター等における新材料研究の推進

○県試験研究機関等において、研究施設の整備・拡充を図るとともに、中小企業者や農業者等の生産向上、産業の高度化に寄与する研究開発を進めていきます。

  • 県水産試験場をはじめとする研究施設の整備・充実 ◇県試験研究機関における産業界等との共同研究開発の推進

先端の科学技術の活用により次代の地域づくりに寄与

「情報通信」技術活用研究の戦略的振興

地域における研究交流・共同研究の重点的推進

○目まぐるしく発展する情報通信科学技術を県民生活や県内産業に活用し、その水準の向上を図るため、地域におけるニーズ等を踏まえた応用開発研究、導入実験等を推進していきます。

  • 高度道路交通システム(ITS)など地域情報化に係る研究開発の推進
    ・国の制度を活用した共同研究、モデル実験・実用化の実施
    ・県ITS推進協議会の設置・運営
  • 情報通信関連産業の研究開発支援
    ・近未来社会対応型情報通信産業振興事業の実施
    ・各種研究開発助成制度等の展開    

○(財)科学技術交流財団において、社会ニーズを踏まえた各種研究会活動を展開するとともに、地域における導入実験等の取り組みと連携しつつ、具体的な研究開発につなげていきます。また、地域内外における研究交流や共同研究を支援する高度な情報システムを科学技術交流センター施設に開発・整備するとともに、これらや新コミュニケーション・システム技術を活用して、ネットワーク型研究システム(バーチャルCOE)の検討・構築、さらには新情報通信関連産業への技術支援を推進していきます。

  • (財)科学技術交流財団における研究交流・共同研究の重点化
    ・「デジタル経済における企業の変革と新事業の創出研究会」等の推進
    ・先導的科学技術共同研究事業「人間の情報処理機構に基づくソフトコンピューティング技術の開発」の展開 ◇科学技術交流センター施設・情報システムの整備・活用
    ・地域の科学技術情報ネットワークの構築とこれを活用した研究開発活動の推進
    ・新情報通信関連産業に対する技術支援

研究開発機能の整備・誘導

○地域の大学等において、それぞれの特色を生かした情報通信関連分野における研究機能や人材育成機能の整備・充実を図るとともに、人文・社会科学との連携等による研究活動を推進していきます。

  • 大学における情報通信関連学部の充実など

○県立大学情報科学部において、マルチメディア情報処理・システム設計や地域社会の情報化に不可欠な情報ネットワーク技術、地域環境の分析・設計に不可欠なシミュレーション技術などの研究を推進します。また、県試験研 究機関において、関連研究の充実と部局間や県立大学等との連携・協力による新たな展開を図ります。

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課

E-mail: san-kagi@pref.aichi.lg.jp