ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 「海外進出における知的財産戦略セミナー」の参加者を募集します(終了しました)

「海外進出における知的財産戦略セミナー」の参加者を募集します(終了しました)

平成25年9月3日(火曜日)発表

「海外進出における知的財産戦略セミナー」の参加者を募集します(終了しました)

 

 中国では、「日本製品」は品質が良いというイメージが持たれることが多いため、これに便乗しようとする模倣業者が、日本ブランドを装って、BtoB、BtoC製品のジャンルを問わず、様々な模倣品を製造、販売することが後を絶ちません。また、昨今は、中国企業のアジア、アフリカへの進出の増加に伴って、模倣品が急激に世界中に拡散しており、今後、アジア等の新興国を主戦場としていく日本企業にとっては、その対策がますます重要な問題となってきています。

 そこで、愛知県では、中国知財法や模倣品対策をテーマに知的財産戦略セミナーを開催します。本セミナーでは、経済産業省模倣品対策室・通商室や模倣品対策専門調査会社での勤務を経て、現在、中国での模倣品対策やビジネスサポートを業務とするIP FORWARDのグループ総代表としてご活躍されている分部悠介氏にご講演いただきます。

 分部氏には、中国の知財法、権利取得の方法や模倣品対策の概要・実務、最近話題の「百度文庫」等共有サイトを通じた営業秘密流出問題に加えて、いかに模倣品を排除して、売上を伸ばしていくかを考える上で重要な「ニセモノ・マーケティング」の考え方についてもご紹介いただきます。

 

1 日時

平成25年10月3日(木曜日) 13時30分から16時30分まで

2 場所

ウインクあいち(愛知県産業労働センター)12階 1201会議室

(名古屋市中村区名駅四丁目4番38号)

3 主催

愛知県

4 対象

県内企業、市町村、各種団体等の担当者など、海外における知財保護に関心のある方

5 定員

100名(※定員に達し次第、お申込みを締め切ります。)

6 参加費

無料

7 内容

内容
テーマ講師
「中国知財法・模倣対策の概要と実務」
~いかにニセモノを押しのけて、ホンモノを売っていくか?~
IP FORWARD グループ総代表/CEO 
(http://www.ip-fw.com/ja-member/ja-member-01-1.html)
分部 悠介 氏

8 申込方法

こちらのホームページの専用フォームからお申込み下さい。

また、申込書に必要事項を記載のうえ、FAXまたは郵送でもお申込み頂けます。

募集チラシ

《お申込み・お問合せ先》

愛知県産業労働部産業科学技術課 研究開発支援グループ

〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号   

電話 052-954-6370(ダイヤルイン)

FAX 052-954-6977

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課
研究開発支援グループ
担当 杉山、山口
内線 3457、3454
(ダイヤルイン)052-954-6370

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)