ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 「浜松・東三河ライフフォトニクスイノベーション」構想に基づく地域イノベーション戦略支援プログラムの採択について

「浜松・東三河ライフフォトニクスイノベーション」構想に基づく地域イノベーション戦略支援プログラムの採択について

平成24年6月5日(火)発表

「浜松・東三河ライフフォトニクスイノベーション」構想に基づく地域イノベーション戦略支援プログラムの採択について

1 経緯

 浜松・東三河地域の産学官金16機関が提案していた「浜松・東三河地域ライフフォトニクスイノベーション」構想に基づく「地域イノベーション戦略支援プログラム」が、文部科学省に採択されましたのでお知らせします。
プログラム採択までの経緯
 日  付 内容
平成23年4月28日 

 文部科学省、経済産業省及び農林水産省から公募のあった「地域イ

ノベーション戦略推進地域」に「浜松・東三河地域ライフフォトニ

クスイノベーション」構想を提案。

 平成23年8月1日

 「地域イノベーション戦略推進地域」のうちの「国際競争力強化地

域」に選定される。

 平成24年3月29日

 文部科学省から公募のあった「地域イノベーション戦略支援プログ

ラム」に「先端光・電子技術」と「ものづくり基盤技術」の融合に

よるライフフォトニクスイノベーションを提案。

 平成24年6月1日 「地域イノベーション戦略支援プログラム」に採択される。

2 提案内容

(1)地域構想名

  浜松・東三河ライフフォトニクスイノベーション構想

(2)エリア

  浜松地域から東三河地域

(3)支援プログラムのテーマ

  「先端光・電子技術」と「ものづくり基盤技術」の融合によるライフフォトニクスイノベーション

(4)関係機関

 ア 経済団体

   浜松商工会議所、豊橋商工会議所

 イ 大学

   静岡大学、浜松医科大学、光産業創成大学院大学、豊橋技術科学大学

 ウ 自治体

   静岡県、浜松市、愛知県、豊橋市

 エ 金融機関

   株式会社静岡銀行、浜松信用金庫、遠州信用金庫、豊橋信用金庫

 オ イノベーション推進機関

   公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構、株式会社サイエンス・クリエイト

 カ 総合調整機関

   公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構

(5)推進母体

  浜松・東三河地域イノベーション戦略推進協議会(20名)

   会長:津田紘(公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構理事長)

   副会長3名及び各提案機関を代表する者各1名で構成

(6)構想の目的

 産学官金の各機関が総力を結集し、水平連携型(ネットワーク型)の産業構造の構築を目指す。

 最先端の光・電子技術を基盤として、「ライフフォトニクスイノベーション」を展開し、「輸送機器用次世代技術産業」「新農業」「健康・医療関連産業」「光エネルギー産業」の新産業4分野の基幹産業化を図ることにより、より良いQOL(Quality of Life)を志向する安全・安心・快適で持続的に成長可能な社会を実現する。

(7)地域イノベーション戦略支援プログラムの内容

① 地域イノベーション戦略の中核を担う研究者の集積

 静岡大学と浜松医科大学が研究者を招聘して、テラヘルツ波を含むあらゆる波長の光・電磁波の技術を活用し、医療における診断・分析に役立つ医療機器開発や創薬のための応用技術等を開発する。

② 地域イノベーション戦略実現のための人材育成プログラムの開発・実施

 光産業創成大学院大学と豊橋技術科学大学が先端光・電子技術を拠り所としてイノベーションの展開を担う革新的人材養成するための人材育成プログラムを開発・実施する。

 ・光産業創成大学院大学「光産業創成プロデューサー育成プログラムの開発及び実施」

 ・豊橋技術科学大学「最先端植物工場マネージャー育成プログラムの開発及び実施」

③ 大学等の知のネットワークの構築(イノベーションアリーナの設置)

 公益財団法人浜松地域イノベーション推進機構が地域連携コーデイネーターを配置し、大学等研究機関、企業、金融機関を含めた事業化ユニットを形成して事業化を支援する。併せて、国内外への展示会への出展等を通じて市場・販路を開拓する。

④ 地域の大学等研究機関での研究設備・機器等の共用化支援

 浜松医科大学が同大産学官共同研究センターに設置している「高速CT装置」「高磁場MRI装置」の産学官共同利用促進を図る。

3 東三河地域における取組

 東三河地域では「新農業」のイノベーション創出を担い、豊橋技術科学大学が植物工場の経営に関わる人材育成プログラムを開発するほか、株式会社サイエンス・クリエイトにコーディネータを配置して、事業計画の作成や研究開発から販売までを総合的に支援する体制を整備する。

(参考)

1 文部科学省・経済産業省・農林水産省の施策「地域イノベーション戦略推進地域」とは

 「新成長戦略」(平成22年6月18日閣議決定)において、「産学連携など大学・研究機関における研究成果を地域の活性化につなげる取組を進める」とされたことなどを踏まえ、地域イノベーションの創出に向けた地域の主体的かつ優れた構想に対して、関係府省の施策を総動員して、その実現を支援するための取組みである。

 平成24年6月1日現在、海外からヒト・モノ・カネを惹きつける強力なポテンシャルを持った「国際競争力強化地域」(全国で11地域)と地域の特性を活かしたイノベーションが期待でき、将来的には海外市場を獲得できるポテンシャルを有する「研究機能・産業集積高度化地域」(全国で18地域)が選定されている。

2 文部科学省の施策「地域イノベーション戦略支援プログラム」とは

 地域イノベーション戦略推進地域に選定された地域のうち、文部科学省による支援が地域イノベーション戦略の実現へ大きく貢献すると認められる地域に対して、知的財産の形成や人材育成など、地域の主体的・自立的な活動展開に対する支援を行う事業である。各地域は、以下のメニューを組み合わせて事業を実施する。

  ①地域イノベーション戦略の中核を担う研究者の集積

  ②地域イノベーション戦略実現のための人材育成プログラムの開発、実施

  ③大学等の知のネットワークの構築

  ④地域の大学等研究機関での研究設備・機器等の共用化支援

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課
科学技術グループ
 担当 加藤(英)、花木
 内線 3382、3383
ダイヤルイン 052-954-6351
E-mail: san-kagi@pref.aichi.lg.jp