ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 「水素利用に関する技術研究会」の参加者を募集します

「水素利用に関する技術研究会」の参加者を募集します

「水素利用に関する技術研究会」の参加者を募集します

 愛知県では、県内に集積するモノづくり産業の強みを活かし、今後の成長が期待される、燃料電池や蓄電池等の新エネルギー分野の産業振興に取り組んでいます。
 今回は、燃料電池の関連機器に着目し、燃料である水素の新しい精製技術を紹介するとともに、東邦ガス株式会社技術研究所の協力を得て、同技術研究所内に設置されている、水素ステーション及び、スマートエネルギーハウス「アスパラガスハウス」を見学いただき、各企業における燃料電池関連事業への展開を検討いただきたいと考えております。
 水素利用に関する技術に関心のある企業の方々の御参加をお待ちしています。

1 日時

平成25年2月8日(金) 午後2時から午後4時30分まで

※午後1時に名古屋駅に集合いただき貸切バスで会場まで送迎します。
※当日の集合場所は「参加証」に記載しますのでご確認ください。
※自家用車等での参加は、御遠慮ください。

2 場所

東邦ガス株式会社 技術研究所(東海市新宝町507番地の2)

※午後1時に名古屋駅に集合いただき貸切バスで会場まで送迎します。
※当日の集合場所は「参加証」に記載しますのでご確認ください。
※自家用車等での参加は、御遠慮ください。

3 主催

愛知県

4 定員

45名(先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます。)

5 参加料

無料

6 内容

(1)技術紹介
 『非Pd系水素透過金属膜に関する技術紹介』
  講師 名古屋大学大学院工学研究科
      マテリアル理工学専攻 助教 湯川 宏 氏

(2)見学会
 ○水素ステーションの見学
 東邦ガス株式会社技術研究所内に設置された70MPa対応のオンサイト型水素ステーションを見学いただきます。
 ○スマートエネルギーハウス『アスパラガスハウス』の見学
 3電池(燃料電池、太陽電池、蓄電池)の最適制御に関する実証実験の現場を見学いただきます。

7 参加申込方法

FAX又は、電子メールで申込みいただけます。

○FAXで申込の場合、別紙「開催案内」の申込書に必要事項を記入し送信してください。
・FAX番号:052-954-6977

○電子メールで申込みの場合、以下のとおり、送信してください。
・メールアドレス: jisedai-ene@pref.aichi.lg.jp
・メールの件名:「【参加希望】水素研究会」
・メール本文 :企業・団体名、住所、所属部署・役職・氏名、連絡先(電話、e-mail)

※1月31日(木)必着
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
※参加者宛てに当日の集合場所等を記載した「参加者証」を電子メールで返信いたしますので、当日お持ちください。

「開催案内」

  • セミナー案内 h250208seminar.pdf (110kB)

    「水素利用に関する技術研究会」への申込は、案内裏面の申込書様式によりFAX(052-954-6977)で申込みいただくか、電子メールで申込みいただけます。

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課
 技術振興第一グループ(加藤、山田)
 電話052-954-6350(ダイヤルイン)
 FAX052-954-6977
 E-mail: jisedai-ene@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)