ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)のコアクラスター地域に選定されました

研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)のコアクラスター地域に選定されました

(独)科学技術振興機構が、今年度より創設した研究成果展開事業(スーパークラスタープログラム)のコアクラスター地域に、愛知・名古屋地域が全国2地域の一つとして選定されました。

スーパークラスタープログラムは、旧「知的クラスター創成事業」で実績のあるクラスター間のベストマッチ(コア+サテライトの広域連合)を行い、国際競争力の高いスーパークラスターを実現しようとする地域提案型の共同研究開発事業です。

当地域の事業内容は、平成15~24年度に取り組んだ「知的クラスター創成事業(第1期・第2期)」の成果をベースに、次世代自動車の高度化やスマート・グリッド社会の実現を目指し、「知の拠点あいち」や名古屋市の「プラズマ技術産業応用センター」を拠点として、産学行政連携による研究開発、実用化に取り組むものです。

本事業の実施に際しては、当地域とともにコアクラスターとして採択された「京都地域」との補完・連携体制の構築、追って公募のうえ選定されるサテライトクラスター地域との一体的な事業推進により、地域を越えた広域連携により、取り組んでいくことになります。

愛知・名古屋地域のコアクラスター概要

1 名称

先進ナノツールによるエネルギー・イノベーション・クラスター

2 提案主体

○中核機関:公益財団法人科学技術交流財団

○自治体:愛知県、名古屋市

3 事業内容

知的クラスター創成事業の中核的研究成果であるパワーデバイス結晶、プラズマ表面改質等の技術シーズをさらに高度化し、エネルギー変換の高効率化を実現するパワーデバイスと蓄電池・燃料電池向けのナノ高機能部材等を合わせて実用化する。

これにより、当地に集積する次世代自動車をはじめ、関連製造業の国際競争力の維持・強化につなげるとともに、さらにはスマート・グリッドなど社会システムへの実装を通じて、活気あふれる持続可能な社会の実現を目指す。

<研究開発テーマ>

○パワーデバイス
エネルギー変換のさらなる高効率化のために必要なGaN(窒化ガリウム)やSiC(炭化ケイ素)等の次世代パワーデバイス用半導体材料の開発等

○ナノマテリアル(周辺部材等)
次世代蓄電池・燃料電池等の実用化に資するナノ材料やナノカーボン等の軽量・高硬度材料の開発等

4 参画機関

○大学:名古屋大学、名古屋工業大学

○公設試験研究機関等:あいち産業科学技術総合センター、プラズマ技術産業応用センター等

○企業:地域企業を中心に30社程度(予定)

5 事業実施期間及び事業費(委託費:予定)

平成25年12月~平成30年3月(予定)

○平成25年度(初年度):2億円
○平成26年度~29年度:4億円程度/年

(参考)知的クラスター創成事業(第1期・第2期)について

大学を核とした産学行政が、大学が有するポテンシャルを活かした共同研究により、地域の強みである既存事業の高度化と新産業の創出を図ることを狙いとして、地域に国際的な競争力のある技術革新の集積を目指す文部科学省の自治体向けの提案公募型事業。

(事業期間)
第1期:平成15年度~19年度
第2期:平成20年度~24年度

【当地域の取組】

当地域の科学技術推進の中核をなす研究プロジェクトとして、第1期を経た後、第2期事業では、「環境調和型の高機能部材の創成」をコンセプトに、先進プラズマナノ科学を核として、省エネに貢献するナノ部材の高機能化やナノ加工技術の高度化に向けた研究開発を推進するとともに、研究成果の普及、試作品開発の支援など中堅・中小企業への技術移転・事業化を促進させる取組みを実施した。

○ 構想名:「東海広域ナノテクものづくりクラスター」
 ~世界を先導する環境調和型高度機能部材の創成~

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課
科学技術グループ
電話 052-954-6351(ダイヤルイン)
内線 3382、3383
E-mail: san-kagi@pref.aichi.lg.jp