ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 平成26年度第1回自動車安全技術開発研究会の参加者を募集します

平成26年度第1回自動車安全技術開発研究会の参加者を募集します

平成26年6月11日(水)発表

自動車安全技術に関する研究開発を実施する企業の拡大に向けて

 県では、交通事故の抑止及び交通事故死者数全国ワースト1の返上を目指し、交通安全対策の取組の一つとして、産学行政の連携の下、自動車安全技術プロジェクトチーム※1を設置(平成25年6月)し、自動車安全技術に係る調査、研究開発・実証実験及びその支援に取り組んでいます。

 今年度から、自動車安全技術の研究開発に取り組む企業の拡大を目指した自動車安全技術開発研究会※2を新たに開催いたします。第1回研究会を下記のとおり開催し、当日は自動車安全技術を取り巻く動向等を紹介するとともに、産学行政連携による研究開発から製品化に成功した事例として株式会社デルタツーリング(所在地:広島県、取締役社長:藤田均)をご紹介します

 自動車安全技術の研究開発に興味をお持ちの企業の経営者や技術者、自動車安全技術の導入を検討されている各種企業・団体関係者のご参加をお待ちしております。

平成26年度第1回自動車安全技術研究会の概要

(1) 名称

平成26年度 第1回 自動車安全技術開発研究会
「自動車安全技術の動向と中小企業による取組に向けて」

(2) 日時

平成26年7月4日(金) 午後2時から午後4時まで

(3) 場所

愛知県産業労働センター(ウインクあいち)15階 科学技術交流財団研究交流センター
(名古屋市中村区名駅4-4-38)

(4) 内容

午後2時~午後2時40分
 話題提供:愛知県産業労働部産業科学技術課
  ・自動車安全技術の最新動向の紹介
  ・中小企業による自動車安全技術の研究開発の取組拡大に向けて
  ・自動車安全技術研究会について

午後2時40分~午後3時40分
 事例紹介:株式会社デルタ-ツーリング 常務取締役 藤田悦則 氏
  ・居眠り運転警告装置「スリープバスター」の製品開発における
   産学行政連携の取組について

午後3時40分~午後4時
 講師等との意見交換会

(5) 参加費

無料

(6) 定員

30名(申込先着順)

(7) 申込方法

参加申込書に必要事項(氏名、会社名、電話番号、メールアドレス)を記入のうえ、FAXにてお申し込みください。また、同様の内容をメールの本文に記入し、メールでのお申し込みも可能です。

【申込先】
 愛知県産業労働部産業科学技術課 齋藤宛
 FAX:052-954-6977  メール:san-kagi@pref.aichi.lg.jp

【申込締切】
 平成26年7月3日(木)まで(ただし、定員に達し次第締め切ります。)
 ※参加受付証等の発行はいたしませんので、お申し込みのうえ、直接会場にお越しください。
   なお、定員超過の場合のみご連絡させていただきます。

募集チラシ・参加申込用紙

参考

※1 自動車安全技術プロジェクトチーム

設置趣旨
 交通事故の抑止及び交通事故死者数全国ワースト1の返上を目指し、交通安全対策の取組の一つとして、産学行政の連携の下、自動車安全技術に係る調査、研究開発・実証実験及びその支援に取り組む。
活動内容
 ・自動車安全に係る研究開発等の現状と課題に関する調査
 ・自動車安全に係る研究開発及び実証実験の実施
 ・自動車安全に係る研究開発等に取り組む企業等への支援の検討及び実施

※2 自動車安全技術開発研究会

 自動車安全技術の最新動向等について情報共有するとともに、愛知県内を中心とした大学研究者等の技術シーズを紹介し、共同研究の可能性を検討することなどにより、中小企業を中心に、研究開発に取り組む企業の拡大を目指します。後付け型車載器など中小企業単独でも開発の可能性がある製品をターゲットとしていきます。

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課
科学技術グループ 齋藤、福田
電話:052-954-6351(ダイヤルイン)
E-mail: san-kagi@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)