ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 2020年度「サイエンス実践塾出前授業」 開催校を決定しました!

2020年度「サイエンス実践塾出前授業」 開催校を決定しました!

サイエンス実践塾ロゴ

2020年度「サイエンス実践塾出前授業」 開催校を決定しました!

 愛知県では、県内の中学校を対象に、理工系の魅力を知ってもらうため、「見て、体験して、考える」をテーマとしたサイエンス実践塾出前授業を2018年度から開催しています。本授業では、先端計測機器を用いた科学実験の体験教室を、県内中学校を会場に実施します。

 この度、実施希望校の募集(2020年7月21日発表済み)を行った結果、5校での開催が決定しましたので、お知らせします。

1 行事名

サイエンス実践塾出前授業 ~見て、体験して、考える~

2 開催日時

 各中学校と個別に決定(2020年11月から2021年2月までの期間で実施)

※詳細な開催日時及びプログラムは、今後、各中学校と打合せの上、決定します。決定後は県Web ページ「新着情報」及び県産業科学技術課Web ページに掲載します。

3 開催校一覧

(1) プローブ顕微鏡(※1)コース (協力:株式会社島津製作所)

開催校一覧
実施月学校所在地対象学年人数
11月豊川市立代田中学校豊川市代田町1丁目20−12年121人
1月一宮市立萩原中学校一宮市萩原町串作河室浦12年157人

(2) 電子顕微鏡(※2)コース (協力:株式会社日立ハイテク)

開催校一覧
実施月学校所在地対象学年人数
11月岡崎市立翔南中学校岡崎市針崎町字春咲1−22年138人
12月名古屋市立汐路中学校名古屋市瑞穂区御莨町4-162年150人
2月岡崎市立葵中学校岡崎市伊賀新町31−11年226人

4 プログラム

(1)科学実験体験教室(40分程度)

「プローブ顕微鏡」又は「電子顕微鏡」を活用した科学実験の体験を、協力企業の研究員が実施します。

(2)愛知県産業の紹介(10分程度)

自動車や航空機産業が盛んな愛知県の産業について、愛知県職員が紹介します。

5 取材を希望される方へ

 取材を希望される場合は、「6 問合せ先」まで、メールでお問合せください。各中学校の開催日時及び取材の可否等について回答します。

 なお、取材時においては、新型コロナウイルス感染防止対策のため、マスク着用・手指消毒をお願いします。

6 問合せ先

〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
愛知県経済産業局産業部産業科学技術課 科学技術グループ(武藤)
 電 話 052-954-6351
 メール san-kagi@pref.aichi.lg.jp

7 参考事項

 2018年度からスタートした「サイエンス実践塾出前授業」の取組について、活動レポートを作成し、県産業科学技術課Webページ上で公開しています。当日の授業内容や、実際に授業を体験した先生・生徒たちの声も掲載していますので、是非御覧ください。

 サイエンス実践塾出前授業活動レポート

【用語説明】

※1 プローブ顕微鏡

 試料の表面を小さなプローブ(針)でなぞり、試料の三次元形状や局所的物性を高倍率で観察できる顕微鏡のこと。

※2 電子顕微鏡

 光より波長の短い電子線を試料に当て、光学顕微鏡では観察することができない微細な構造を観察できる顕微鏡のこと。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)