ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 令和元年度 第1回自動車安全技術セミナーの参加者を募集します

令和元年度 第1回自動車安全技術セミナーの参加者を募集します

令和元年度 第1回自動車安全技術セミナーについて

 愛知県では、交通事故の抑止及び交通事故死者数全国ワースト1の返上を目指し、「自動車安全技術プロジェクトチーム」を設置(2013年6月)し、産学行政の連携の下、自動車安全技術に係る調査や研究開発・実証実験、及びその支援に取り組んでいます。 

 その取組の一環として、この度、自動車安全技術の研究開発に取り組む中堅・中小企業等の拡大を目的とした、今年度第1回の「自動車安全技術セミナー」を開催します。

 セミナーでは、昨今高齢ドライバによる事故に関心が寄せられていることを受け、愛知淑徳大学准教授 髙原美和氏から高齢ドライバの運転特性について、株式会社デンソー自動車ソリューション部 水井健介、辻田翔両氏から後付け可能な安全装置について御講演いただきます。

   自動車安全技術の研究開発に興味をお持ちの中堅・中小企業等の経営者や技術者、自動車安全技術の導入を検討されている企業・団体関係者等、多くの皆様の御参加をお待ちしています。

行事名

令和元年度 第1回自動車安全技術セミナー

日時

  2019年10月11日(金曜日) 午後2時から午後4時20分まで 
                    (受付開始:午後1時30分)

場所

愛知県産業労働センター(ウインクあいち)15階

 公益財団法人科学技術交流財団 研究交流センター

  (名古屋市中村区名駅4-4-38 電話:052-571-6131)

内容

講演1 愛知淑徳大学 人間情報学部 准教授 髙原 美和 氏 (午後2時~午後3時)

「高齢ドライバの運転行動とリスク知覚の特性」

 近年、事故の増加が指摘されている高齢ドライバの運転特性について、実車実験とドライブレコーダーの分析結果からその特徴を説明する。また、様々な運転場面に対するリスクの捉え方についても年齢差を紹介し、高齢ドライバに必要な情報や支援について考える。

講演2 株式会社デンソー 自動車ソリューション部 技術室 用品設計課
                              担当係長 水井 健介 氏
                              担当    辻田 翔  氏  (午後3時5分~午後4時5分)

「後付け可能な踏み間違い加速抑制システムについて」  

  トヨタ自動車(株)と共同開発した踏み間違い加速抑制システムは、2018年12月から発売しており、2019年内には対象を順次12車種まで拡大予定である。本講演では同システムについて解説する。また、表示機については名古屋大学との研究を活用し、高齢者でも見やすく分かりやすい表現となるように配慮した点を紹介する。

質疑応答 (午後4時5分~午後4時20分)

対象者

   自動車安全技術の研究開発に興味をお持ちの中小企業等の経営者・技術者及び同技術の導入を検討している企業・団体の方など

参加費

無料

定員

  50名(申込先着順)

申込方法

   添付のPDFデータをダウンロードし、裏面の参加申込書に必要事項(氏名、会社・団体名、所属・役職、電話番号、メールアドレス)を記入の上、FAX又はメールでお申し込みください。(同内容を本文に記載の上、メールでお申込みいただいても結構です。)

(問合せ・申込み先)

愛知県経済産業局産業部産業科学技術課

FAX:052-954-6977

  メール:san-kagi@pref.aichi.lg.jp

申込締切

2019年10月8日(火曜日)(但し、定員に達し次第締め切ります。)

(※)参加受付証は発行しませんので、お申込みの上、直接会場にお越しください。なお、定員に達し、御参加いただけない場合のみ、事前に御連絡いたします。

問合せ

愛知県 経済産業局 産業部 産業科学技術課
科学技術グループ
電話:052-954-6351(ダイヤルイン)
E-mail: san-kagi@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)