ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 燃料電池利活用促進セミナー~災害時等における燃料電池の活用~の参加者を募集します

燃料電池利活用促進セミナー~災害時等における燃料電池の活用~の参加者を募集します

 燃料電池は、燃料電池自動車(FCV)等のモビリティーや家庭用燃料電池(エネファーム)などの分野で普及が進んでいますが、今後は業務・産業用など幅広い分野での活用が見込まれます。このような中、長時間安定した発電ができることや排気ガスを出さない等の利点から、災害時等における非常用電源としての活用も期待されています。

 そこで、愛知県では、県内企業における具体的な製品や取組などを通じて災害時等における燃料電池の活用方法等について御紹介するセミナーを開催します。また、御参加の皆様との意見交換を実施いたします。参加は無料ですので、是非御参加ください。

1 日 時

平成30年12月6日(木曜日)

午後2時から午後3時30分まで(受付開始午後1時30分)

2 場 所

あいち国際ビジネス支援センター セミナールーム

(名古屋市中村区名駅4丁目4−38 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)18階)

電話:052-571-6131

3 内 容

(1)取組紹介

 ア  「-安全な水素エネルギー社会の実現に向けて-ブラザー工業の燃料電池」

     ブラザー工業株式会社 新規事業推進部 マスター 久野 博史(くの ひろし)  氏

【概要】

 岐阜県八百津町防災センターにも利用されている「ブラザー燃料電池システム」について、導入事例を交えながら御紹介していただきます。

 イ  「MIRAIのFCユニットを活用した定置型FC発電装置の取組みについて」

     株式会社トヨタエナジーソリューションズ

      商品開発部 FC・エネマネ開発室 犬飼 敏文(いぬかい としふみ) 氏

【概要】

 株式会社トヨタエナジーソリューションズが考えている水素社会、燃料電池発電装置への取組状況について、御紹介していただきます。

(2)名刺交換会

  御紹介いただいた内容をもとに、皆様で意見交換をしていただきます。

4 主 催

愛知県

5 対 象

自治体防災担当者、ビルメンテナンス会社、燃料電池の利活用に興味のある方 等

6 定 員

50名(申込先着順)

7 参加費

無料

8 申込方法

以下の参加申込書に必要事項を記入のうえ、メール又はFAXでお申込み下さい。

参加申込書 [PDFファイル/158KB]

 メール jisedai-ene@pref.aichi.lg.jp

 FAX 052-954-6977

9 申込締切

平成30年11月30日(金曜日) 

・定員50名の申込先着順です。定員になり次第、締め切らせていただきます。
・定員を超え、お申込みをお断りする場合は御連絡します。
・参加証は発行しませんので、当日、直接会場にお越しください。

10 お問い合せ先

愛知県産業科学技術課 新エネルギー産業グループ(担当:茶谷、北澤)
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電話: 052-954-6350(ダイヤルイン)
FAX: 052-954-6977

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)