ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > セントレア貨物地区において燃料電池(FC)フォークリフト用水素充填所が運用を開始します

セントレア貨物地区において燃料電池(FC)フォークリフト用水素充填所が運用を開始します

 愛知県では、中部国際空港(以下、「セントレア」という。)におけるフォークリフト等産業車両の燃料電池(以下「FC」という。)化に向け、県、株式会社鈴木商館、中部国際空港株式会社、トヨタ自動車株式会社、株式会社豊田自動織機で構成する「セントレアFC産業車両導入促進ワーキンググループ(以下「WG」という。)」を平成29年4月に設置し、具体的な検討を進めてきました。
 その成果の一つとして、セントレア貨物地区において、株式会社鈴木商館が環境省及び愛知県の補助制度(※)を活用して整備した、FCフォークリフト用水素充填所が、平成30年11月2日から運用を開始します。また、これに伴い、貨物地区内の事業者がFCフォークリフトの導入を予定しています。
 運用開始当日は、セントレア貨物地区において、WGによる取組内容の説明会と、株式会社鈴木商館による開所式を開催します。
 なお、開所式では、この充填所は、再生可能エネルギー(太陽光)由来の水素を利用することから、県が平成30年4月に制定した「低炭素水素認証制度」に基づき、低炭素水素製造計画の認定証を交付します。
※ 環境省の補助制度は「平成29年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(再エネ等を活用した水素社会推進事業)」、愛知県の補助制度は
  「愛知県水素ステーション整備費補助金」を活用。

1 セントレアFC産業車両導入促進WG説明会について

(1)日 時 平成30年11月2日 午後1時から午後1時30分まで
(2)会 場 貨物事務棟展示室(常滑市セントレア1丁目2)
(3)対象者 報道機関関係者
(4)説明内容 ・ WGの取組について(WG事務局・愛知県産業労働部産業科学技術課)
          ・ 低炭素水素認証制度について(愛知県環境部地球温暖化対策課)
          ・ 質疑応答
(5)主 催 セントレアFC産業車両導入促進WG

2 開所式について

(1)日 時 平成30年11月2日 午後2時から午後2時45分まで
(2)会 場 水素充填所
(3)県出席予定者 愛知県知事
(4)式次第 ア 開式の議
        イ 主催者挨拶
        ウ 来賓挨拶(大村知事)
        エ 低炭素水素認証証書授与
        オ テープカット(記念撮影)
        カ 設備概要説明
        キ 水素充填デモ
(5)主 催 株式会社鈴木商館

3 取材申込について

 説明会と開所式の会場は、いずれも立入制限区域となっておりますので、取材に際しては、事前に入構登録が必要です。取材を希望される方は、「取材申込書」に必要事項を御記入の上、10月26日正午までにWG事務局の愛知県産業労働部産業科学技術課へFAXにて御提出ください。
 「取材申込書」を受理しましたら、WG事務局から受付場所や集合時間、注意事項等を御連絡します。受付場所から立入制限区域の中にある会場までは、WG事務局が用意したバスで移動していただきます。

4 会場所在地

地図

5 お問い合わせ先

表

【参考】

1 セントレアFC産業車両導入促進WGの概要

表

2 セントレア貨物地区水素充填所の概要

表

【用語の解説】

<FCフォークリフト>
 トヨタ自動車株式会社の燃料電池自動車「MIRAI」と同じ燃料電池セルを使用し、発電効率の高いフォークリフト専用FCシステムを搭載したフォークリフト。稼動時にCO2やNOxなどを排出しない優れた環境性能と、わずか3分程で燃料充填が完了するなど高い利便性を有する。平成28年11月に株式会社豊田自動織機から日本初となるFCフォークリフトが販売開始された。
<低炭素水素認証制度>
 低炭素水素サプライチェーン構築に取り組む事業者を支援するため、水素の製造、輸送、利用に伴う二酸化炭素の排出の少ない水素を「低炭素水素」として認証・情報発信する制度(平成30年4月17日制定)。

【取材申込書】