ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 「新エネルギー分野におけるビジネス交流会」の参加者を募集します

「新エネルギー分野におけるビジネス交流会」の参加者を募集します

「新エネルギー分野におけるビジネス交流会」の参加者を募集します

 エネルギー・環境・資源に関する諸問題の解決に向け、また、産業の更なる発展に向け、新エネルギー関連産業の振興に向けた取組が注目されています。
 愛知県では、県内企業の皆様が新エネルギー関連分野に事業参入する契機としていただくことを目的に、ビジネス交流会を開催します。
 このビジネス交流会では、豊田市内で実施されている「VPP」実証などの最新技術開発に加え、ベンチャー企業との技術開発を事例としたイノベーションに関する取組とマグネシウム空気電池と太陽光発電を併用した非常用電源システムの開発について紹介を行った後、参加者と取組紹介企業の担当者との交流会を実施します。
 この機会を、新たな事業展開を目指す企業同士の交流の場として御活用ください。。

1 日時

平成31年3月22日(金曜日) 午前10時30分から正午まで(受付開始:午前10時)

2 場所

スカイホール豊田 1階 大・中会議室(豊田市八幡町1-20)
(第10回とよたビジネスフェアにおいて開催)

3 主催

愛知県、愛知県新エネルギー産業協議会

4 対象

県内中小企業の経営者や実務担当者など新たな事業展開や取組に関心のある方

5 定員

80名(申込先着順。定員となり次第締め切ります。)

6 参加費

無料

7 内 容

(1)講演 (午前10時35分から午前11時15分まで)
   「中部電力株式会社の最新の技術開発とイノベーションへの取組について」
     中部電力株式会社 技術開発本部 技術企画室
     企画グループ長 高村 幸宏(たかむらゆきひろ) 氏

(2)技術紹介 (午前11時15分から午前11時40分まで)
       「マグネシウム空気電池併用による非常電源システム構築での地域社会貢献」
           株式会社セブンコーポレーション 
           代表取締役 浅井 貞光(あさいさだみつ) 氏

(3)交流会 (午前11時40分から正午まで)

9 申込方法

下の専用フォーム(1)からお申込みください。もしくは、本ページに添付の申込書((2)あるいは(3))に必要事項をご記入のうえ、FAXまたは紙でもお申込みいただけます。
・本交流会は定員になり次第締め切ります。
・定員を超え、お申込みをお断りする場合以外には御連絡しません。
・参加証は発行しませんので、直接会場へお越しください。

(1)「新エネルギー分野におけるビジネス交流会」 申込フォーム  
(2)「新エネルギー分野におけるビジネス交流会」 申込書  [PDFファイル/150KB]
(3)「新エネルギー分野におけるビジネス交流会」 申込書 [Wordファイル/232KB]

10 取材について

取材を希望される場合は、当日、ビジネスフェア会場にて受付をお願いします。

<参考>

〇第10回とよたビジネスフェアについて

 主 催: 豊田商工会議所・豊田市
 会 期: 平成31年3月21日(木曜日・祝)、3月22日(金曜日)
 場 所: スカイホール豊田(豊田市八幡町1-20)
 テーマ: 来た!出会った! 未来のものづくり!
 http://www.toyota-bizfair.jp/

〇愛知県新エネルギー産業協議会について

 目 的: 愛知県地域において新エネルギー関連産業の振興、育成の方策について協議し、これを推進していくこと。
 設 置: 平成17年2月
 会員数: 166名(平成30年12月末時点)
 事務局: 愛知県産業労働部産業科学技術課 新エネルギー産業グループ

〇VPPについて

 バーチャルパワープラント(Virtual Power Plant)の略。各地に分散している、小規模な再エネルギー発電や蓄電池、 
 燃料電池等の設備などをIoTで管理及び制御すること。複数の小規模発電設備やシステム等を、あたかも一つの発
 電所のようにまとめて機能させることから「仮想発電所」と呼ばれる。

問合せ

愛知県 産業労働部 産業科学技術課 新エネルギー産業グループ(桑田、水田)
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電話:052-954-6350(ダイヤルイン)
F A X:052-954-6977

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)