ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業科学技術課 > 熱エネルギー研究会 平成30年度第1回セミナーの参加者を募集します

熱エネルギー研究会 平成30年度第1回セミナーの参加者を募集します

 愛知県では、熱エネルギー関連産業の育成・振興および熱の有効利用の促進に寄与することを目的に「熱エネルギー研究会」を設置しています。
 今回のセミナーでは、電磁波加熱の産業用電気加熱への応用というテーマを掲げ、各種高周波電源を用いた設備導入事例や、マイクロ波加熱乾燥技術の陶磁器への応用に関する講演を以下のとおり行います。
 是非御参加ください!

1 日 時

平成30年10月10日(水曜日) 14時00分~16時30分

(受付開始13時45分)

2 場 所

名古屋銀行協会会館 4階 403号室
  (名古屋市中区丸の内2-4-2)
      電話:052-231-7851

3 主 催

愛知県

4 対 象

企業や自治体関係者など熱エネルギー分野における事業展開・取組に関心のある方

5 定 員

50名(先着順)

6 参加費

無料

7 内 容

【講演1】(午後2時10分から午後3時00分まで)
 テーマ:『各種高周波電源(半導体式・電子管式・ハイブリッド式)を用いた設備事例の紹介と展望』
 講 師:富士電波工機株式会社 
     取締役技術部長 吉田 睦(よしだ むつみ) 氏
  概 要:高周波誘電加熱、マイクロ波加熱、高周波誘導加熱の基礎知識と、被加熱物の自己発熱や加熱効率の特徴を活かした例として、各種高周波設備事例と展望について御講演いただきます。

【講演2】(午後3時10分から午後4時00分まで)
 テーマ:『マイクロ波加熱乾燥技術の陶磁器への応用について』
 講 師:中部電力株式会社 技術開発本部 エネルギー応用研究所
     生産技術グループ 基礎技術チーム
     研究副主査 河村 和彦(かわむら かずひこ) 氏
 概 要:陶磁器業界への取組として、陶磁器生地の乾燥機、陶磁器生地へのマイクロ波乾燥を実施した場合の乾燥の違い、マイクロ波で陶磁器を焼成した場合の事例などを紹介し、現在、販売されているマイクロ波焼成炉やハイブリッド焼成炉に関する情報について御講演いただきます。

【意見交換】(午後4時00分から午後4時30分まで)
 進 行:名古屋大学大学院 工学研究科 化学システム工学専攻
     准教授(熱エネルギー研究会座長)
     小林敬幸(こばやし のりゆき) 氏
 概 要:電磁波加熱の産業用電気加熱への応用や、熱エネルギー研究会(熱エネルギーを有効利用するための実証プロジェクトの実施を目指す)で取り組むべきテーマ等について意見交換を行います。

8 申込方法

以下の参加申込書に必要事項を記入のうえFAXまたは郵送でお申込み下さい。

参加申込書 [PDFファイル/202KB]

9 申込締切

平成30年10月9日(火曜日) ※締切延長しました。

・定員50名の申込先着順です。定員になり次第、締め切らせていただきます。
・定員を超え、お申込みをお断りする場合以外にはご連絡しません。
・参加証は発行しませんので、当日、直接会場にお越しください。

10 お問合せ先

愛知県産業科学技術課 新エネルギー産業グループ(担当:茶谷、水田)
〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電話: 052-954-6350(ダイヤルイン)
FAX: 052-954-6977

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)