ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 産業科学技術課 > (変更)愛知県・名古屋大学・シンガポール国立大学 自動車関連先端技術分野における技術交流オンラインセミナーの参加者を募集します

本文

(変更)愛知県・名古屋大学・シンガポール国立大学 自動車関連先端技術分野における技術交流オンラインセミナーの参加者を募集します

ページID:0381219 掲載日:2022年2月15日更新 印刷ページ表示

2022年2月15日 講師都合による講演順の変更

愛知県・シンガポール国立大学・名古屋大学 自動車関連先端技術分野における技術交流オンラインセミナーの参加者を募集します

 愛知県では、県内産業の振興及び県内研究機関の研究力向上を図るため、2018年8月にシンガポール国立大学※1(NUS)と科学技術分野における包括的覚書を締結し、覚書に基づく研究交流を推進しています。また、国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学とNUSも同日付で連携協定を締結しています。

 この度、NUSのCanepa(カネパ) Pieremanuele(ピエールマニュエル)教授、名古屋大学大学院工学研究科の髙田(たかた)尚記(なおき)准教授、県内企業(トヨタ自動車等)等を迎え、自動車関連先端技術分野における最新の研究成果について紹介する技術交流セミナーをオンラインにて開催します。

 多くの皆様の御参加をお待ちしています。

行事名

 愛知県・シンガポール国立大学・名古屋大学 自動車関連先端技術分野における技術交流オンラインセミナー

日時

 2022年2月24日(木曜日) 午後2時から午後4時35分まで(接続開始:午後1時30分)

開催形式

 オンラインによるライブ配信(Zoomを使用)

主催

 愛知県、名古屋大学

内容

 

スケジュール
時 間 内 容 発表機関・発表者 言語
  午後2時 開会 日本語※

午後2時5分~午後2時20分

Millisecond ion Transport in Mixed Polyanion Solid Electrolytes

(混合ポリアニオン固体電解質内のミリ秒イオン輸送)

シンガポール国立大学教授

Canepa Pieremanuele 氏

英語

午後2時20分~午後2時35分

Entropy Driven Miscibility:Toward Ultratough Polymer Blends

(エントロピー駆動の混和性:超強化高分子ブレンドへ向けて)

シンガポール国立大学教授

He(ホー) Chaobin(チャオビン) 氏
英語
  午後2時35分~ 質疑応答(5分間)

午後2時40分~午後2時55分

軽量アルミニウム合金のレーザ積層造形

名古屋大学大学院工学研究科

物質プロセス工学専攻 准教授

髙田 尚記 氏

英語

午後2時55分~午後3時10分

太陽電池を搭載した自動車の動向とトヨタの取り組み

トヨタ自動車株式会社

CN開発部主幹

増田(ますだ) 泰造(たいぞう) 氏

日本語※
  午後3時10分~ 質疑応答(5分間)
  午後3時15分~ 休憩(10分間)

午後3時25分~午後3時40分

人工光合成を利用した大規模化可能なソーラー燃料製造

名古屋大学大学院工学研究科

物質プロセス工学専攻 准教授

王(おう) 謙(けん) 氏

英語

午後3時40分~午後3時55分

電子機器の熱問題を解決 独自技術のファイバー状AlN単結晶を用いた高熱伝導材料の開発

株式会社U-MAP 代表取締役CEO

西谷(にしたに) 健治(けんじ) 氏

日本語※
  午後3時55分~ 質疑応答(5分間)

午後4時~午後4時15分

カーボンナノチューブへの期待と取組み

名古屋大学 未来材料・システム研究所

革新ナノカーボン応用産学連携部門

特任教授(株式会社デンソーより出向)

大島(おおしま) 久純(ひさよし) 氏

日本語※

午後4時15分~午後4時30分

最先端ガス分離・貯蔵材料で加速するクライメイト・ニュートラルビジネス

SyncMOF株式会社 代表取締役社長

畠岡(はたおか) 潤一(じゅんいち) 氏

日本語※

午後4時30分~

質疑応答(5分間)
  午後4時35分 閉会 日本語※

※日→英同時通訳。内容は予告なく変更となる場合がありますのであらかじめ御了承ください。

※2022年2月15日 トヨタ自動車株式会社 増田氏と名古屋大学大学院 王氏の講演順を入れ替えました。

対象

 自動車関連先端技術分野やNUSとの連携に興味をお持ちの企業経営者や技術者等

定員

 100名(申込先着順)

参加費

 無料

申込方法

 以下のWebページから必要事項(氏名、会社・団体名、電話番号、メールアドレス)を入力の上、お申し込みください。

https://www.shinsei.e-aichi.jp/pref-aichi-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=42870

二次元コード

チラシデータ [PDFファイル/564KB]

申込期限

 2022年2月18日(金曜日)(定員に達し次第締め切ります。)

申込み及び問合せ先

 愛知県経済産業局産業部産業科学技術課 担当:谷川、武藤

 〒460-8501 愛知県名古屋市中区三の丸3-1-2

 電話:052-954-6351 FAX:052-954-6977

 

※1 シンガポール国立大学

1905年に設立され、2021年度のQS(イギリスの大学を評価する機関)大学ランキングで世界11位、アジア1位に輝く総合大学。材料工学、バイオ・メディカル、量子光学、データ科学等の研究に強みを持つ。

 

  参考

<愛知県とNUSとの覚書の内容>

ア 趣旨

愛知県とNUSで、科学技術分野における包括的な連携協力を推進。この推進に当たって、愛知県は、名古屋大学等の関連機関によるNUSとの連携協力を促進。

イ 締結日

  2018年8月17日

ウ 連携協力の範囲

・材料工学

・交通工学

・老年医学・老年学

・情報科学

・双方で合意されたその他の分野

・双方の若手人材の育成

・スタートアップ支援分野 (※2019年9月10日に連携協力の範囲を拡大)

エ 覚書の期間

5年間(書面による双方の合意により、延長することができる。)

<名古屋大学とNUSとの協定の内容>

1 全学協定

ア 趣旨

名古屋大学とNUS間において、全学的な連携協力を推進するために締結。

イ 締結日

  2018年8月17日

ウ 連携協力の範囲

・教育及び研究のための大学院生、学部生の交流

・研究、教育及びその他の議論のための研究者、教職員の交流

・各当事者が知的財産権を有する科学的・学術的・技術的情報、適切な学術資料及びその他の相互利益に資する情報の交換

・相互利益に資する交流、協力、共同研究、開発の機会の創出

・技術の商業化の機会の創出

・セミナーや会議など、共同で行う学術的・科学的活動に関する企画及び参加

エ 協定の期間

5年間(書面による双方の合意により、延長することができる。)

2 全学学生交流協定

ア 趣旨

名古屋大学とNUS間において、全学的な学部生の交換留学を実施するために締結。

イ 締結日

  2018年8月17日

ウ 協定の期間

5年間(書面による双方の合意により、更に5年間更新することができる。)

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)