ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 産業政策課 > 2022年1-3月期中小企業景況調査結果

本文

2022年1-3月期中小企業景況調査結果

ページID:0389922 掲載日:2022年3月31日更新 印刷ページ表示

2022年1-3月期中小企業景況調査結果

本調査の調査時期は、2022年3月1日から10日までです。

中小企業の景況感、2期ぶりに低下
 -来期は改善する見通し-

調査結果の概要

 今期は、業況判断、売上及び採算の各D.I.で前期実績を下回った(全産業平均)。
 来期は、業況判断、売上及び採算の各D.I.で前期実績を上回る見通し(全産業平均)。

◇指標別の状況(全産業平均)

  • 業況判断D.I.は、前期実績△21.2から△36.5(15.3ポイント減)となり、来期は△25.2(11.3ポイント増)となる見通し。
  • 売上D.I.は、前期実績△22.4から△33.9(11.5ポイント減)となり、来期は△20.8(13.1ポイント増)となる見通し。
  • 採算D.I.は、前期実績△10.7から△15.5(4.8ポイント減)となり、来期は△8.1(7.4ポイント増)となる見通し。

◇産業別の状況

  • 製造業では、業況判断、売上及び採算の各D.I.で前期実績を下回った。
  • 卸・小売業では、業況判断、売上及び採算の各D.I.で前期実績を下回った。
  • 建設業では、採算D.I.で前期実績を上回り、業況判断及び売上の各D.I.で前期実績を下回った。
  • サービス業では、採算D.I.で前期実績を上回り、業況判断及び売上の各D.I.で前期実績を下回った。

※過去調査結果(PDF版)の詳細はここをクリックしてください。

「2022年1-3月期中小企業景況調査」調査結果について

問合せ

愛知県経済産業局産業部産業政策課
広報・企画調整グループ
担当:城山、武市、土井
電話:052-954-6330
内線:3367、3321
E-mail:sangyo-seisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)