ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課 > 【知事会見】2019年度自動運転社会実装実証事業の実施について

【知事会見】2019年度自動運転社会実装実証事業の実施について

2019年度自動運転社会実装実証事業の実施について

 

 愛知県は、将来の自動運転サービスの実現を目指し、全国に先駆けて、2016年度から、自動運転の実証実験を積み重ねています。昨年度は、複数台の遠隔型自動運転車両※1を同時に走行させる実証実験や次世代通信規格「5G」を活用した実証実験を行うなど、最先端の実証実験を実施しました。

今年度は、内閣府の「近未来技術等社会実装事業」※2を活用し、自動運転の社会実装を更に推進します。これまでの遠隔型自動運転等の技術に加え、AIを活用したオンデマンド配車※3やVR(バーチャルリアリティ)※4など最先端のテクノロジーも活用することにより、自動運転の社会実装を見据えた実証実験を下記のとおり県内3地域において実施します。

1. 実施予定地域等

以下の3市町(長久手市、南知多町、常滑市)において実施

 
モデル類型※5集客施設内住宅団地・郊外ショーケース※6
実証地域長久手市南知多町常滑市
愛・地球博記念公園日間賀島中部国際空港島内

実施ルート

(予定)

公園入口~各施設島外周道路

国際展示場入口~駐車場、

宿泊施設等

道路種別閉鎖空間公道公道及び閉鎖空間
実証テーマ

テーマパークにおける

エンタメ体験型の移動

離島における

観光型MaaS※7による移動

空港周辺における

最先端技術を用いた移動

使用車両

Milee<マイリー>

を含む2台
EVバス(予定)

レクサスRX(予定)、

Milee(マイリー)

特徴等

・車内無人で遠隔型(1対2)※1

・AIを活用したオンデマンド配車※3

・VRによる車内コンテンツ提供※4

 

・レベル3(運転席有人、遠隔監視)

・ICTを活用し、島外を含む移動パッケージを疑似体験アプリ等で提供

・遠隔型(1対1)※1×2台

・セルラーV2X※8を活用した動的な交通環境情報※9を車内、遠隔運転席に表示

○全ての地域において、モニター調査を実施。

○最終的な実証実験ルートについては、愛知県警察や市町や施設管理者等との調整を経て決定。

○今後の状況により、実証実験の内容等について変更の可能性有。

 

2. 事業実施体制

株式会社NTTドコモに事業委託。同社を核とする共同体で事業実施【7社、1大学】 

 
企業名役割
(株)NTTドコモ 注1事業統括、通信環境構築、コンテンツ及びサービスプラットフォームの提供
アイサンテクノロジー(株)車両の提供、3Dマップ作成、実証実験の実施
 (株)ティアフォー 注2自動運転システム(Autoware 注3)の運用支援
 岡谷鋼機(株) 注2実証実験の支援
 損害保険ジャパン日本興亜(株)注2リスクアセスメントと走行中の安心見守り
名古屋鉄道(株) 注1交通事業者としての運行助言等
日本信号(株) 注1信号等路側インフラとの連携
国立大学法人名古屋大学モニター調査等

 

注1 新規参画 

注2 アイサンテクノロジー(株)の外注先として参画

注3 「Autoware」はThe Autoware Foundationの商標

3. 実証車両

以下の3車両を使用し、いずれも自動運転システム「Autoware」と事前に取得する「高精度3Dマップ」を使用して走行する。

 
車両名Milee<マイリー>EVバス(予定)レクサスRX(予定)

 

 

   マイリー

-

実証車両

仕様

 ・ヤマハ発動機(株)のゴルフカートをベースに(株)ティアフォー等が製作

・最大時速19km

・最大乗車人数4名

・国内メーカーのEVバスを使用予定

・最大時速19km

・トヨタ自動車(株)の一般乗用車をベースに遠隔型自動運転等が可能となるよう構築

 

 

特徴

・客席のみで、運転席や操舵装置はない

・ラストマイルの移動ニーズに対応するコンセプトビークル

・電動で低速での公道走行が可能な多人数乗車車両

・レベル3(運転席有人、遠隔監視有)で実施

・ハイクラスなベース車両を活用し、快適性の高い車内空間や走行環境を実現

 

 

 

 

用語説明・補足

※1 遠隔型自動運転

2017年6月に策定された警察庁のガイドラインで認められた、遠隔運転手が、情報通信技術を使用し車両を監視・制御する技術

1人の運転手が1台を監視・操作するものを1対1、1人が同時に2台を監視・操作するものを1対2

※2 近未来技術等社会実装事業

内閣府が、地方自治体を対象に、AIや自動運転、ロボット、ドローンなどの近未来技術等を活用した地方創生に関する事業を募集し、優れた取組について関係省庁が総合的に支援する事業

2018年8月に、本県提案を含め全国で14事業が採択

※3 AIを活用したオンデマンド配車

スマホ等の入力に応じて、需要に対応した最適な配車を実施

※4 VR による車内コンテンツ提供

仮想現実の技術を、専用ゴーグルを用いて車内コンテンツとして提供

 

※5 モデル類型

近未来技術等社会実装事業への提案において、社会実装が見込まれる地域を類型化し、モデルとして県で設定したもの

※6 ショーケース

最新技術を一般の方等に対して紹介、説明する機会とするもの

※7 MaaS

"Mobility as a service"の略で「サービスとしての移動」

※8 セルラーV2X

 

携帯電話ネットワーク技術を活用した車とあらゆるもの(Vehicle-to-Everything)との通信技術

※9 動的な交通環境情報

信号情報や周辺車両等の位置情報を取得し、タブレット等で可視化した情報