ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > 愛知県が東京2020大会記念品プロジェクトに参画しました

愛知県が東京2020大会記念品プロジェクトに参画しました

愛知県が東京2020大会記念品プロジェクトに参画しました

 愛知県は、2019年5月に、東京都及び公益財団法人オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下 「組織委員会」)が募集を行った「東京2020大会記念品プロジェクト」に応募をしました。その結果、東京 2020 大会記念品プロジェクト実行委員会(以下「実行委員会」)メンバーに参画しています。この度、県内の工芸品三種を大会記念品として提供することが決まりましたのでお知らせします。

1 プロジェクト概要

 (1) 名称

     東京 2020 大会記念品プロジェクト

 (2) 実施主体

     東京 2020 大会記念品プロジェクト実行委員会

     ※愛知県、その他45道府県、東京都及び組織委員会が、昨年10月に実行委員会を設置

 (3) 目的

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に、日本各地の伝統工芸品や地域の伝統的な産品の魅力を発信し、その一層の普及と持続的な振興を図る

 (4) 実施内容

     伝統工芸品等の贈呈

 実行委員会は、IOC(国際オリンピック委員会)委員・IPC(国際パラリンピック委員会)理事・国際競技団体役員・各国オリンピック委員会役員・各国パラリンピック委員会役員・国家元首など、東京 2020 大会関係者(約 1,200 名程度)に対して伝統工芸品等を贈呈します。

 (5) 今後の予定

     2020年7月頃の贈呈に向け、記念品の製作を産地と連携して進めていきます。

2 愛知県から提供する品目名及び種類

 (1)尾張七宝の銀彩七宝薔薇文温湿度計

 華麗な色彩を金属の素地にガラスの釉薬で表現した七宝焼は、江戸末期尾張藩士の梶常吉が独学で編み出した技術をもとにした伝統工芸品です。明治時代以降、西洋の技術が導入され、多彩な色あいと緻密な技巧で万博を通じ海外で称賛されました。

 この薔薇文温湿時計は銅板に銀をコーティングし透明の釉薬で輝きを表現しています。

尾張七宝

 (2)常滑焼(六古窯)の杯

 常滑焼は約1,000年の歴史を持ち、日本遺産「日本六古窯」の一つとして続いており、時代に応じて多種多様な物を作ってきました。現在では、国の伝統的工芸品に指定されています。常滑焼の酒器は、鉄分の多い常滑の土を使い、また、時代に応じて多様な物を作ることで育まれてきた繊細なロクロ等の技術により作られています酒器にはぐい呑みやおちょこなどの種類もありますが、杯は平らな形状をしており、結婚式等のフォーマルな場でも品がある酒器として使われています。

 常滑焼

 (3)瀬戸焼(六古窯)の杯

 瀬戸焼は1,000年以上の歴史と伝統を誇る日本を代表するやきものです。その歴史は平安時代にまでさかのぼり、鎌倉・室町時代には、国内で唯一、釉薬(ゆうやく)を施した製品が焼かれています。その長い歴史の中で、良質な原料と高度な技術により絶えず、素晴らしい製品を生み出してきました。中でも、「赤津焼」は7種の釉薬と12種類の装飾技法で多彩なやきものをつくり出し、「瀬戸染付焼」はその伝統的な描写技術が高く評価され、ともに国から伝統的工芸品に指定されています。

瀬戸焼

 

 

参画プログラム公認マーク東京2020参画プログラム公認マーク

本プロジェクトは、東京 2020 参画プログラムの「オールジャパン・世界への発信」分野において組織委員会に認証されています。

問合せ

愛知県 経済産業局 産業部 産業振興課
繊維・窯業・生活産業グループ
担当:村山、高見
電話:052-954-6341
内線:3364、3363
E-mail: sangyoshinko@pref.aichi.lg.jp