ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課 > 【中止】東京都で愛知の酒の試飲販売会「第2回 あいちの酒 in 日本橋」を実施します!~あいちの酒需要拡大促進事業~

【中止】東京都で愛知の酒の試飲販売会「第2回 あいちの酒 in 日本橋」を実施します!~あいちの酒需要拡大促進事業~

このイベントは中止となりました。

出展予定の酒蔵から参加自粛の意向があったため中止します。


東京都で愛知の酒の試飲販売会「第2回あいちの酒 in 日本橋」を実施します!~あいちの酒需要拡大促進事業~


 愛知県は、2018年度の清酒の製造量(課税移出数量※1)が全国7位であり、歴史ある蔵元により伝統の技を受け継ぐ酒造りが行われています。このため、本県では、酒造・酒販業界の活性化・海外展開につなげる取組として、首都圏・県内の消費者、訪日外国人などに向けて、広く愛知の酒をPRする事業を2015年度から実施しています。

 この度、東京都中央区日本橋の「FinGATE KAYABA」で「第2回 あいちの酒 in 日本橋」を下記のとおり実施します。本イベントでは、愛知の酒に関するセミナーや試飲販売会を行い、来場者により深く愛知の酒の魅力を知ってもらいます。

 ※1 課税移出数量とは、1年間に製造場から出荷するときに課税された数量です。

1 日 時

   2020年3月14日(土曜日)

   午後2時から午後4時まで(開場 午後1時45分)

2 場 所

   FinGATE KAYABA※2

   東京都中央区日本橋茅場町1-8-1

   茅場町一丁目平和ビル1階

   電話:03-3661-7771

   東西線/日比谷線「茅場町」駅徒歩1 分、銀座線/都営浅草線「日本橋」駅徒歩 4分 

   ※2 FinTech(金融サービスと技術を組み合わせた領域)スタートアップ企業向けのスモールオフィス。入居企業専用のラウンジスペースや100名規模のイベントスペースが整備されている。

   会場周辺図 [PDFファイル/331KB] 

3 内容

   第一部:セミナー・トークセッション 午後2時から午後3時20分まで

   (1)「愛知の酒の魅力」(歴史、風土、現状、その他)

     セミナー講師:日本酒輸出協会会長 松崎晴雄氏

   (2)「愛知県の蔵元が語る酒造りのこだわり」

     試飲販売会出展予定酒蔵間でのトークセッション

   第二部:試飲販売会 午後3時20分から午後4時まで

4 出展予定酒蔵 (五十音順)                      

 
青木酒造株式会社(愛西市)神杉酒造株式会社(安城市)神の井酒造株式会社(名古屋市緑区)
澤田酒造株式会社(常滑市)福井酒造株式会社(豊橋市)山盛酒造株式会社(名古屋市緑区)

5 参加費

   無料

6 主催等

   主催:愛知県、協力:平和不動産株式会社(会場協力)

7 問合せ先

 ・「第2回 あいちの酒 in 日本橋」の詳細内容、当日取材について

  県委託先 シーエムワン株式会社

  担当:畔柳、武石、朱  電話:03-6225-2977

 ・あいちの酒需要拡大促進事業について

  愛知県経済産業局産業部産業振興課 繊維・窯業・生活産業グループ

  担当:高見、瀬見井   電話:052-954-6341

<参考>

  2019年「あいちの酒需要拡大促進事業」の首都圏での実施状況
実施日会場出展事業名

2019年2月16、17日

(2019年2月7日発表済み)

クイーンズスクエア横浜

(神奈川県横浜市西区)

こってりだけじゃない。

ディスカバー愛知フェア

(2018年度第4回)

2019年3月9日

(2019年3月4日発表済み)

FinGATE KAYABA

(東京都中央区)

「あいちの酒 in 日本橋」

2019年11月2日

(2019年10月2日発表済み)

 中目黒GTタワー前広場

 (東京都目黒区)

第14回和酒フェスin 中目黒

2019年11月16、17日

(2019年11月1日発表済み)

有楽町駅前広場

(東京都千代田区)

こってりだけじゃない。

ディスカバー愛知フェア

(2019年度第2回)

 ※ 御来場に当たっては、飲酒運転を防止するため、公共交通機関の御利用をお願いします。なお、20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

愛知県 経済産業局 産業部 産業振興課
繊維・窯業・生活産業グループ
担当:高見、瀬見井
電話:052-954-6341
内線:3363、3364
E-mail:sangyoshinko@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)