ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 政策調整課 > 知事が選ぶ「2019年愛知県政10大ニュース」

知事が選ぶ「2019年愛知県政10大ニュース」

知事が選ぶ「2019年愛知県政10大ニュース 」

2019年12月23日の知事記者会見において、知事が選ぶ「2019年愛知県政10大ニュース」が発表されましたので、御紹介します。

第70回全国植樹祭の開催 ~天皇皇后両陛下御臨席のもと、本県で40年ぶりの開催~

  • 愛知県森林公園をメイン会場に、40年ぶり2回目となる「第70回全国植樹祭」を開催し、約1万5千人が参加(6月)
  • 天皇陛下御即位後、最初の地方へのお出ましとして、「第70回全国植樹祭式典」への御臨席と地方事情御視察を賜る(6月)
  • オアシス21、豊橋総合動植物公園、尾張旭市渋川福祉センターの3か所にサテライト会場を設置し、多彩なイベントを開催(6月)
  • 次回開催県である島根県の丸山知事に木製地球儀を渡すリレーセレモニーを実施(6月)

1  2 

愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」がオープン ~延床面積約9万m2を誇る国内最大級の国際展示場が誕生~

  • 日本初の展示場コンセッション方式を採用し、運営事業者である愛知国際会議展示場(株)に施設を引渡し(6月)
  • 愛知国際会議展示場(株)の代表企業GL eventsとの間で、新たな国際産業展の立ち上げに向けた覚書を締結(6月)
  • 国内初となる国際空港直結型として中部国際空港島にオープン(8月)
  • 開業式典・レセプションには、国内外から約1,200人が参加。自動運転やサービスロボットなど、愛知のモノづくりをアピール(8月)
  • オープニングイベント「AICHI IMPACT!2019」を開催し、3日間で約35,000人の観客が来場(8,9月)

3  4

ジブリパーク構想が着実に前進 ~基本方針を発表、管理・運営会社を設立~

  • ジブリパーク整備の基本方針を発表するとともに、愛知県、(株)スタジオジブリ、(株)中日新聞社の三者が整備・管理運営に関する基本合意書を締結(5月)
  • 「青春の丘」「ジブリの大倉庫」「どんどこ森」の実施設計に着手(7月)
  • 実施設計の段階から建設会社の専門的知見や特別な施工技術・ノウハウを設計に反映させるECI方式を愛知県として初めて採用(7月)
  • インフォメーション機能等を備えた総合案内センターの設置を発表(9月)
  • (株)中日新聞社と(株)スタジオジブリが管理・運営を担う(株)ジブリパークを設立(11月)
  • ジブリパークを活用した周辺地域の更なる発展・活性化を図ることを目的とするジブリパーク構想地域連携協議会を設立(12月)

5  6 ©Studio Ghibli

あいちトリエンナーレ2019の開催 ~4回目となる国内最大規模の国際芸術祭~

  • 「情の時代」をテーマに、愛知芸術文化センターを始め名古屋市美術館、四間道・円頓寺、豊田市美術館及び豊田市駅周辺で開催(8月~10月)
  • 入場者数は75日間で過去最多の延べ67万人以上を記録(8月~10月)
  • 「表現の不自由展・その後」を、テロ予告・電凸攻撃等で、安全確保のため一旦中止。その後、セキュリティ対策に万全を期して全面的に再開。円満にフィナーレ(8月~10月)

7

≪芸術・文化関連トピック≫

  • 「あいちアール・ブリュット障害者アーツ展」を開催(9月)

国際的なスポーツ大会の開催 ~国際的なスポーツ大会による地域振興~

ラグビーワールドカップ2019日本大会

  • アジア初の開催となるラグビー最大の祭典。豊田スタジアムで3試合を開催し、11万人を超える観客が観戦(9,10月)
  • ファンゾーンに10日間で6万人を超える観客が来場(9~11月)

第20回アジア競技大会(2026/愛知・名古屋)

  • 中国の苟国家体育総局長、袁浙江省長、徐杭州市長と面談し、大会成功に向け、連携していくことで合意(5月)
  • (一財)愛知・名古屋アジア競技大会組織委員会を設立(5月)
  • 大会スローガンを決定、基本計画を策定(10月)
  • あいちトップアスリートアカデミーを開校(10月)

ラリー選手権

  • 2020年FIA世界ラリー選手権の愛知・岐阜での開催決定(9月)
  • 「Central Rally Aichi/Gifu 2019」を開催(11月)

東京2020オリンピック・パラリンピック

  • 東京2020オリンピック聖火リレールート及び聖火ランナーの決定(6,12月)

8  9

あいち技能五輪・アビリンピック2019の開催 ~技能がつなぐ、持続可能な未来の実現~

あいち技能五輪・アビリンピック2019

  • 愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」をメイン会場に県内4市9会場で開催(11月)
  • 「第57回技能五輪全国大会」では、15年連続で愛知県選手団が最優秀技能選手団賞を、「第39回全国アビリンピック」では、2年連続でメダル獲得数全国1位を獲得(11月)

技能五輪国際大会

  • 「第45回技能五輪国際大会」にて、愛知県選手が金1個、銀2個、銅5個、敢闘賞6名という優秀な成績を収めた(8月)
  • 愛知県が招致を目指した「2023年技能五輪国際大会」の開催地がフランス・リヨンに決定。2025年大会の招致を目指す(8月)

10  11

国際交流の推進

G20愛知・名古屋外務大臣会合

  • 29の国や地域の外務大臣等が一堂に会し、自由貿易やSDGsなど、国際社会が直面する様々な課題について議論(11月)
  • 県内4校12名の地元高校生が参加国の外務大臣等に提言(11月)
  • メディアセンターに愛知・名古屋の魅力発信スペースを設置(11月)
  • インドネシア、アルゼンチン、トルコの各外務大臣、ベトナムの筆頭外務次官、中国の外交部長と面談(11月)
  • 在名古屋トルコ総領事館の開館決定記念式典に出席(11月)

友好提携を締結

  • 中国・広東省との間で、オーストラリア・ビクトリア州、中国・江蘇省に次いで3地域目となる友好提携を締結(5月)

覚書を締結

  • フランスのIMT Atlantique、中国の清華大学、上海交通大学との間で、包括交流に関する覚書を締結(8,9,11月) 
  • フランスのParis&Co、シンガポール国立大学との間で、スタートアップ支援における連携協力に関する覚書を締結(8,9月)

12  13  14

「すべての人が輝くあいち」の実現に向けた施策の推進

子どもの貧困対策

  • 子どもが輝く未来基金を創設(3月)

特別支援教育の充実

  • 「県立瀬戸つばき特別支援学校」を開校(4月)
  • 県立豊橋特別支援学校の分教室「潮風教室」設置を発表(10月)

女性の活躍促進

  • 第一生命保険(株)との間で、健康福祉・女性の活躍促進の分野で包括的連携協定を締結(3月)
  • 「あいち女性起業家支援プログラム」を実施(7月~)

就職氷河期世代の活躍支援

  • 厚生労働省就職氷河期世代活躍支援プランに基づく都道府県プラットフォームのモデル地域に選定(9月)
  • 「あいち就職氷河期世代活躍支援プラットフォーム」を設置(10月)

医療・福祉の充実

  • あいち小児保健医療総合センターと名古屋大学・名古屋市立大学・愛知医科大学・藤田医科大学との間で、小児医療における連携・協力の推進に関する基本協定を締結(2,5,6月)
  • 「愛知県医療療育総合センター」を全面開所(3月)
  • 「あいち障害者雇用総合サポートデスク」を開設(5月)
  • 知多半島内に重症心身障害児者施設を整備・運営する事業者を決定(7月)

15  16

「産業首都あいち」の更なる強化 ~国際イノベーション都市への飛躍~

Aichi-Startup戦略

  • IMT Atlantique、Paris&Co、シンガポール国立大学、清華大学、上海交通大学との間で、スタートアップ支援について連携協力(8月~)
  • 県勤労会館跡地に「ステーションAi」を整備する方針を発表、ステーションAiプロジェクト推進協議会を開催(9,10月)

遠隔型自動運転システム・次世代自動車

  • 一宮市で、全国初となる「5G」を活用し、遠隔型自動運転車両を2台同時に走行させる実証実験を実施(2月)
  • 社会実装を見据えた自動運転実証実験を実施(空港島8,9月、愛・地球博記念公園11月)
  • 中部国際空港島に水素ステーションがオープン(3月)し、燃料電池バスが運行開始(6月)(県内の水素ステーションは20か所)

ロボット産業

  • 「ロボカップジャパンオープン2020あいち」を2020年3月に「Aichi Sky Expo」で開催することを決定(8月) 
  • 「ロボカップアジアパシフィック2020あいち」の公式ロゴマーク・キャラクターを決定(9月)

無人飛行ロボット

  • 無人飛行ロボット(ドローン)を活用し、山間部過疎地域、離島における荷物輸送の社会実装に向けた実証実験を実施(10月~)

産業人材の育成

  • 「モノづくり×AI・IoT」をテーマに、大学対抗ハッカソン“Hack Aichi”を開催(9月)
  • 新世代のモノづくりの担い手育成を目的とした、県立工業高等学校の校名変更と学科改編を発表(11月)

17  18 19   20

「SDGs未来都市」に選定 ~誰一人取り残さない社会の実現を目指して

  • 内閣府が進める「SDGs未来都市」に選定(7月)
  • 「愛知県SDGs推進本部」を設置(7月)
  • 「愛知県SDGs未来都市計画」を策定(8月)
  • 東京海上日動火災保険(株)、あいおいニッセイ同和損害保険(株)との間で、地方創生SDGsに関する包括協定を締結(5,11月)

21   22

その他の出来事

愛知県県民栄誉賞・愛知県学術顕彰

  • 元レスリング選手の吉田沙保里氏に愛知県県民栄誉賞を贈呈(8月)
  • 広く県民に敬愛され、県民に明るい夢と希望と活力を与えることに顕著な業績があり、愛知県の名を高めた方にその栄誉を讃えてお贈りする賞で、浅田真央氏、故星野仙一氏に続き、3人目
  • ノーベル化学賞を受賞した名城大学大学院教授の吉野彰氏に、愛知県学術顕彰を贈呈することを発表(11月)

23

愛知県新体育館基本計画を策定 ~愛知・名古屋2026アジア競技大会の会場として2025年夏オープンを目指す~

  • 日本を代表するスポーツアリーナとなる愛知県新体育館の基本計画を発表(6月)
  • 国際大会を開催するための規模・機能を有し、大相撲名古屋場所の開催など、現体育館が紡いできた伝統や歴史を発展させていく愛知・名古屋のシンボルとなる施設
  • メインアリーナに加え、サブアリーナ、レセプション会場等として利用できる多目的ホールを整備

 24

あいち観光戦略 ~愛知の魅力を内外に向けて力強く発信~

  • バーチャル・ユーチューバー「キミノミヤ」さんへ、第1号となる「あいち観光バーチャルサポーター」を委嘱(3月)
  • 「江戸時代の情緒に触れる絞りの産地~藍染が風にゆれる町有松~」が日本遺産に認定(5月)
  • 外国人旅行者が快適に安心して滞在できるよう、「多言語コールセンター」を設置(6月)
  • 新生「徳川家康と服部半蔵忍者隊」を披露(6月)
  • 愛知県街道観光推進協議会及び愛知のお城観光推進協議会を設立(7,10月)
  • 中国・オンライン旅行会社Ctripと外国人旅行者誘致促進に関する協定を締結(8月)
  • 高級ホテル誘致に向けた補助制度の方針を発表(8月)
  • 東海旅客鉄道(株)と連携し、「愛知デスティネーションキャンペーンアフターキャンペーン」を実施。その一環として、サザエさんのオープニング映像を活用し、愛知の観光をPR(10月~)
  • 「サムライ・ニンジャ フェスティバル2019」に約37,000人が来場(11月)

25    26

交通ネットワークの整備促進 ~リニア大交流圏の形成~

中部国際空港

  • エアアジア・ジャパン(株)と中部国際空港の需要拡大と地域の活性化を推進するための包括連携協定を締結(3月)
  • ガルーダ・インドネシア航空(ジャカルタ線)が就航(3月)
  • 夏ダイヤにおけるピーク時の国際線旅客便数が過去最高を記録(2017夏 週355便 → 2019夏週463便)(3~10月)
  • 政府・与党に中部国際空港の二本目滑走路を始めとする機能強化の早期実現について要請(5,11月)
  • LCCのビジネスモデルに沿った新ターミナルビル「第2ターミナル」が供用開始(9月)

リニア中央新幹線

  • リニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会を開催、早期整備の実現について国に要請(6月)

道路

  • 西知多道路の日長インター(仮称)から青海インター(仮称)までの区間が新規事業箇所として採択(3月)
  • 西知多道路(常滑市内)起工(12月)

 27  28 29 

「安全・安心なあいち」の実現に向けた施策の推進

防災

  • 「豊川・矢作川連合総合水防演習・広域連携防災訓練」を実施(5月)
  • 「伊勢湾台風60年のつどい」を開催(8月)
  • 「愛知県・豊橋市総合防災訓練」を実施。あいちシェイクアウト訓練には過去最多の85万人以上が参加(9月)
  • 「防災推進国民大会2019」にあわせ、「あいち・なごや防災フェスタ」を同時開催(10月)
  • ボランティアバスの運行など、台風第19号により被害を受けた被災地を支援(10月~)
  • 飛島村で「津波・地震防災訓練」を実施(11月)

農業

  • CSF(豚コレラ)の防疫措置、感染防止対策、農家の経営支援、ワクチン接種、風評被害防止等の緊急対策を実施(2月~)

建設

  • 佐布里池耐震補強工事起工(1月)

交通安全

  • 「バイク交通安全啓発パレード出発式」を実施(8月)
  • 「高齢者ドライバー交通安全セミナー」を実施(11月)

30  31

問合せ

愛知県
政策企画局 企画調整部 政策調整課 政策調整グループ
〒460-8501 名古屋市中区三の丸3-1-2 Tel:052-954-6019 Fax:052-954-6900

E-mail:seisaku@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)