ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 瀬戸保健所 > 新型コロナウイルスの感染が確認された方の健康状態の確認について

新型コロナウイルスの感染が確認された方の健康状態の確認について

健康状態の確認をお願いしている方へ(新型コロナウイルス)

・新型コロナウイルス感染症の感染が確認された方に、毎日の健康状態の確認を行っています。


・健康状態をスマートフォン等から入力していただくことで、電話等でご確認させていただく場合より迅速に、健康状態の変化を把握でき、適切な対応へつなげることが可能となります。


・安心してお過ごしいただくためにも、是非、健康状態の確認と入力をお願いいたします。


・入力いただいた健康状態に応じて、また、入力いただいていない場合や、個別にご確認させていただきたいことがある場合に、保健所の職員から電話等で連絡させていただくことがあります。


・咳や発熱がある場合、以下の緊急性の高い症状がある場合、その他ご不安な症状等がある場合は、下記の緊急連絡先にお電話をください。

 

緊急性の高い症状

表情・外見

・顔色が明らかに悪い              ・唇が紫色になっている
・いつもと違う、様子がおかしい

息苦しさ等

・息が荒くなった(呼吸数が多くなった)     
・急に息苦しくなった                ・日常生活の中で少し動くと息があがる
・胸の痛みがある                 ・横になれない、座らないと息ができない
・肩で息をしている                 ・ゼーゼーしている

意識障害等

・ぼんやりしている(反応が弱い)
・もうろうとしている(返事がない)
・脈がとぶ、脈のリズムが乱れる感じがする

緊急連絡先 

  瀬戸保健所 電話:0561-82-2196

健康状態の入力方法

スマートフォンによる回答方法

1 ご自身のスマートフォンからQRコード、又はSMSで受信したURLを読み込んでください。

QRコードの画像

QRコード(画像のクリックでもログイン画面に移動できます)

2 初回のログインには、電子メールアドレス及び保健所からお知らせしたスマホ入力ID(6桁または7桁)が必要になります。My HER-SYSご利用ガイドを参考としてください。

ログイン画面の画像

ログイン画面(画像のクリックでもログイン画面に移動できます)

3 健康状態を入力してください。

入力画面の画像

入力画面(健康状態を入力してください。)

電話による回答方法

ご自身の携帯電話、または固定電話にHER-SYS (ハーシス)から自動音声で指定の時刻(午前9時から/午前11時から/午後2時から/午後4時から)から順に最大1日4回かかりますので、最低1日1回は回答してください。

自動音声電話の内容については、「音声ガイダンスの内容について」をご参照ください。

プッシュホンで答えるだけなので、スマートフォンをお持ちでない方にもご利用いただけます。

現在、次の2つの回線から、ランダムに電話が入ることになっています 。

050-3198-0215

050-3311-0008

なお、どちらの回線からの電話でも、健康状態の入力方法は変わりません。

 

※注意事項

・療養終了日には自動音声の電話に加えて、瀬戸保健所から電話がかかります。

・自動架電番号には折り返しはできません。

 

自動架電による応答ができなかった方へ ~健康コールの入力について~

ご自身の携帯電話や固定電話から、ご自身の都合の良い時間に電話(※)をかけて、健康状態を登録できます(電話代はご本人負担となります)。

※お電話いただく電話番号(健康コール専用ダイヤル)は、次のとおりです。

【健康コール専用ダイヤル】050-3198-0214

ご入力いただく内容は別紙のとおりです。プッシュホンで答えるたけなので、スマートフォンをお持ちでない方にもご利用いただけます。

入力内容はこちら(別紙)

 

入力いただいた情報の取扱いについて

〇健康状態の調査は、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)に基づき、保健所を設置する都道府県や市・特別区が実施しています。皆様による健康状態の入力は、同調査への回答と位置づけられます。保健所を設置する都道府県や市・特別区は、同調査により収集した情報を感染症法に基づき国(厚生労働省)に報告することとされています。
〇入力いただいた情報は、国(厚生労働省)が運営する「新型コロナウイルス感染者等把握・管理支援システム」(HER-SYS)で管理されるとともに、感染症法に基づく業務を行う都道府県、市・特別区、厚生労働省の職員や、都道府県や市・特別区から健康状況の把握等の業務を受託した関係機関(地域の医師会等)に、それぞれの業務の実施に必要な範囲内で(※)共有されます。
※例えば以下のような場合が想定されます。
・療養中の健康状態に関する情報について健康フォローアップを行う医師等に共有
・受診した帰国者・接触者外来と療養先(自宅やホテル)の管轄の保健所が異なる場合の保健所間の情報共有
・入院病床数や宿泊施設数の調整等に必要な地域内の患者数の推移等のデータの作成に活用
〇また、国(厚生労働省)は、HER-SYSに蓄積された情報を活用して、新型コロナウイルス感染症の発生状況等の統計を作成し公表します。また、統計情報をもとに、新型コロナウイルス感染症の研究に役立てます(この統計は全国や地域毎の感染者数等のデータであり、個人が特定される情報は含みません。)。
〇入力いただいた情報は、上述の利用用途を含む感染症法に基づく業務の遂行その他の新型コロナウイルス感染症対策に係る業務以外の目的に利用されることはありません。
〇国(厚生労働省)がHER-SYSで管理する情報のうち、個人が特定できる情報については、「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」に基づき、開示、訂正、利用停止を行うことができます。

My HER-SYSに関する問合せ先

新型コロナウイルス感染症対策推進本部 保健班

電話:03-6812-7818(受付時間:午前9時30分から午後6時15分まで((土日祝除く))

システムにおける個人情報の取扱いに関する問合せ先

厚生労働省健康局結核感染症課
電話:03-3595-2263

新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)

厚生労働省へのリンク

 

 

問合せ

愛知県 瀬戸保健所

Tel:0561-82-2196

E-mail: seto-hc@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)