ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 市町村課 > 令和3年度 三河の山里なりわい実践者活動報告会を開催します!

本文

令和3年度 三河の山里なりわい実践者活動報告会を開催します!

ページID:0384357 掲載日:2022年3月9日更新 印刷ページ表示

「三河の山里なりわい実践者活動報告会」の参加者を募集します!

 愛知県では、過疎化が進む三河山間地域の活性化のため、起業等の実践と移住・定住の促進等を地域一体となって支援する「三河の山里サポートデスク」を2016年に設置し、三河山間地域のなりわい・にぎわいづくりの先駆者となる「三河の山里なりわい実践者」の支援を行っています。
 今年度は2021年6月から8名のなりわい実践者が自身のビジネスプランの実現に向けて取り組んできました(実践者の募集については、2021年4月19日発表済み。)。
 この度、その成果と今後のビジョンを発表し、地域の元気につながる事業プランを多くの皆様と共有するため「三河の山里なりわい実践者活動報告会」を開催します。

※「三河山間地域」とは、岡崎市(額田地区)、豊田市(旭、足助、稲武、小原、下山、藤岡の各地区)、新城市、設楽町、東栄町、豊根村を指します。
※「三河の山里サポートデスク」とは、新城市湯谷地区にあるシェアオフィス(ゲストハウスHoo!Hoo!地下1階)を拠点に、三河山間地域での起業・移住・定住等の支援などを行うために県が設置したものです。

開催概要

 今年度のなりわい実践者8名が、自身のビジネスプランの実現に向けて2021年6月から取り組んできた活動報告と今後の事業の展望についてプレゼンテーション及び意見交換を行います。
※なりわい実践の取組紹介として、展示・交流コーナーを設置します。

(1)日時

2022年3月25日(金曜日) 午後1時~午後5時(午後0時30分 開場)

(2)場所

新城地域文化広場 大会議室(新城市字下川1-1)
※Zoomによるオンライン視聴も可能((7)「オンライン参加申込み」参照)

(3)主催

愛知県

(4)プログラム(予定)

午後1時  ~:開会
午後1時 5分~:プレゼンテーション及び意見交換
            (プレゼンテーション10分+意見交換10分×8名※途中休憩20分)
午後4時05分~:全体総括、閉会
※閉会後、午後5時まで展示・交流コーナーを設置します。

(5)定員

会場:50名(事前申込不要)
オンライン:なし(要事前申込)

(6)参加費

無料(オンライン参加の場合、通信費は自己負担)

(7)オンライン参加申込み

報告会は、Zoomによるオンライン視聴が可能です。御希望の場合は3月18日(金曜日)午後5時までに以下の内容をメールでお送りください。受付後、視聴用URLを送付いたします。
  (申込み先)
   三河の山里サポートデスク(株式会社CBCクリエイション:県事業委託先)
   メール: info@spdesk.mikawayamazato.jp
  (1)件名を「令和3年度三河の山里なりわい実践者活動報告会オンライン参加希望」としてください。
  (2)本文には、名前と連絡先(メールアドレス)を御記入ください。

なりわい実践者の紹介

・青木 宏和氏(豊田市・藤岡地区)
 「自然豊かな山里を活用した屋外フィットネスを通じて、人と地域を元気にする」という理念のもとノルディックウォーキングを主軸に、県内の自然豊かな地域でイベントを開催し、健康的で元気で過ごすためのライフワークを提案する。

・荒川 偉洋子氏(豊田市・足助地区)
 足助地区北小田集落築200年古民家を利用したレンタルスペース「北小田の家」をベースに映像を軸とした「地域の発信拠点」事業を展開する。情報発信セミナー等を開催し、地域の情報発信者の増加を図り、地域情報の活発化・拡大化を図る。

・安藤 真也氏(豊田市・稲武地区)
 ペットショップ経営を行いつつ、動物たちによるパフォーマンスショーを行い地元観光業の盛り上げを目指す。パフォーマンスを行う動物は猛禽類(鷹)で、猛禽類のエサとなるウズラの販売も行い、パフォーマンスショーで集客しつつ顧客獲得につなげる。

・白石 育恵氏(豊田市・稲武地区)
 「特別な日ではないけれど、頑張ったときに食べたいご褒美パン」を事業コンセプトとしてパンの製造・卸売等(店舗を持たない経営)を行い、田舎=五平餅、そば、うどん等といった食のイメージを変え、魅力ある田舎を目指す。

・祖父江 奈々子氏(豊田市・下山地区)
 鹿肉のペットフード販売業。中山間地域で増えすぎた鹿による農作物等の被害が拡大する中で、捕獲される鹿肉を有効活用したペットフード事業を展開する。

・新田 凌子氏(豊田市・藤岡地区)
 自然あふれるフランスの地域サヴォア地方に特化したカフェ事業を行う。全国でサヴォア地方の料理を売りにした飲食店はなく、珍しさとそこでしか楽しめない特別感で他店との差別化を図る。

・野澤 成裕氏(岡崎市・額田地区)
 ドローンによる鳥獣害調査・山火事等の発生現場特定及び救助支援といった調査事業、また、中山間地における薬品・肥料散布といった生活に密着したドローン活用事業とドローン操作の担い手育成を支援する事業を展開する。

・橋本 愛氏(東栄町)
 茶道家としての経験を活かし、地域資源を活用したギフト商品の開発や茶道体験の開催を行い、これらの事業と絡めながら東栄町の魅力を町外に発信し、東栄町に足を運んでもらうきっかけを促進する。

問い合わせ先

三河の山里サポートデスク運営事務局
〒460-0007
  名古屋市中区新栄一丁目2番8号 CBCアネックスビル3階
  株式会社CBCクリエイション営業戦略センター内
  メールアドレス info@spdesk.mikawayamazato.jp
  電話 052-251-1181
  FAX 052-252-0070

記者発表資料

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)