ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 学事振興課私学振興室 > 国の就学支援金(通信制)

国の就学支援金(通信制)

 
対象者

・日本国内に住所を有する者

・高等学校等を卒業、修了していない者

・高等学校等に在学した期間が通算して36月(定時制・通信制の場合は48月)を超えていない者

・通信制の課程において通算の履修が74単位を超えていない者

申込方法・時期

入学時に学校から案内がありますので、学校に必要書類を提出してください

支給方法・時期

学校から支給(支給方法や支給時期などの詳細は学校にお問い合わせください)

補助額の算定方法

保護者等の課税標準額及び市町村民税の調整控除額に応じて補助

補助金額は下記のとおり

 

 

補助金額

通信制課程の補助額は、「履修単位」「履修期間」によって異なります。
1月当たりの補助額の計算方法は下記のとおりです。

※1月当たりの授業料額の方が低い場合、1月当たりの授業料額が補助額になります。
※補助額の算定に当たり、履修単位は年間30単位が上限です。    

    「4,812」  ÷ 「履修月」  ×  「履修単位」  ×  「加算区分の倍数」
(1単位当たり支給限度額)                                                      (下記参照)

課税標準額×0.06-市町村民税の調整控除額(注

加算区分

0円~154,499円

2.5倍

154,500円~304,199円

1倍

304,200円~

なし

 

(注)政令指定都市の場合、課税標準額×0.06-市民税の調整控除額×3/4

例) 「12ヶ月」で「30単位」を履修する予定で、1月当たりの授業料額が「25,000円」。
  父母の上記方法での算定額の合算が「150,000円」の場合。

     4,812÷12月×30単位×2.5倍 → 30,075円 > 25,000円の補助額

 

高等学校等助成制度Top