ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 新城設楽農林水産事務所 > 高校生が指導林家のもとで林業体験!

高校生が指導林家のもとで林業体験!

高校生が指導林家のもとで林業体験!

 愛知県指導林家協議会(会長:原正信)では、山間部及び林業科の高校生を対象に、指導林家への体験学習を希望する生徒に対して滞在研修の受け入れをする「体験学習受け入れ事業」を実施しています。

 この夏、県立田口高等学校林業科の1年生3名が体験学習を希望し、平成28年8月7~8日(1泊2日)の日程で、愛知県指導林家の原正信さん(東栄町)のもとで林業体験を行いました!

 当事務所の林業普及指導員からも、北設地域の森林・林業の状況についての解説や、チェーンソーの取扱いや安全作業についての指導を行いました。

体験学習のようす

チェーンソーを使って丸太の輪切りを体験

 

体験学習のようす

山に入って立木の伐倒

 

体験学習のようす

機械の点検・整備を学ぶ

 

体験学習のようす

貴重な体験ができました!

 1日目の体験には、2年前に同じく原さんのもとで林業体験をした桒原さん(現:水窪町森林組合)も参加してくれました。

 最初はチェーンソーの操作を怖がっていた生徒さんも、あきらめずに取り組んでくれた結果、少しずつ慣れて体験を終えることができました。生徒の皆さんにとって、貴重な体験学習になったことと思います。

 県としても、若者の森林・林業への関心を深める取組の一端として、同事業への支援を継続してまいります。

「体験学習受け入れ事業」の概要

1 事業実施主体 

  愛知県指導林家連絡協議会(会長:原 正信)

※指導林家・・・率先して近代的な林業経営に取り組み、高度な知識、技術と実践力及び熱意を持ち、かつ山村青年の育成指導に理解を持ち、地域林業振興に貢献している林業経営者を、「愛知県指導林家」として愛知県知事が認定。

2 実施形態

  日帰り学習及び宿泊学習(生徒が学習目的により選択)

3 実施日

  学校が休みのとき

4 学習科目の例

  造林・保育、除間伐、きのこ栽培、林業経営、低コスト施業、伐木・造材など