ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 新城設楽農林水産事務所 > 低コスト林業の取組について

低コスト林業の取組について

低コスト林業の取組について紹介します

 新城設楽農林水産事務所では、当地域の林業を再生するため、林業の「低コスト化」の取組を進めています。

 「低コスト化」は、森林所有者の林業収入、林業就労者の労働所得、林業事業体の事業収益をもたらし、木材生産の増大と森林整備を促進する決め手になります。

 そこで、これまでに取り組んできた「低コスト木材生産」「低コスト木材輸送」「低コスト造林」について、当事務所での取組内容を含め、愛知県全体の概要をまとめましたので紹介します。

1 低コスト木材生産

 森林施業地の団地化、高性能林業機械の3点セット(スイングヤーダ、プロセッサ、フォワーダ)、高齢林分の列状伐採、高密度簡易作業路を組み合わせた作業システムにより、労働生産性の向上と生産コストの削減を図り、林業収入を確保します。

2 低コスト木材輸送

 並材の効率的な流通・販売体制を整備するため、木材協定取引による製材工場への直送の取組や、採材・造材・仕分け・検知に関する研修等を実施することにより、作業員の技術を向上させ、輸送コストの削減を図ります。

3 低コスト造林

 低密度の植栽や下刈り作業の省略、防護柵や単木チューブを用いた獣害対策による新しい造林体系を推進し、トータルの育林経費や植林から主伐までにかかる労働力を削減します。

問合せ先

愛知県 新城設楽農林水産事務所
E-mail:shinshiroshitara-nourin@pref.aichi.lg.jp
林業振興課 林政・普及指導・緑化グループ
 電話 0536-62-0547(ダイヤルイン)
新城林務課 普及指導グループ
 電話 0536-32-6006(ダイヤルイン)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)