ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 新城設楽農林水産事務所 > 新城の青年茶農家が「第54回全国青年農業者会議のプロジェクト発表」にて農林水産省経営局長賞を受賞しました。

新城の青年茶農家が「第54回全国青年農業者会議のプロジェクト発表」にて農林水産省経営局長賞を受賞しました。

全国青年農業者会議とは?

全国青年農業者会議は、日本農業の担い手である若者達が、農業や農村生活環境の改善等を実践するなかで体験した成果をお互いに発表しあい、問題の解決方法や発展方法を見出すと共に、新しい農業と農村の発展を目指す」ことを目的に開催されます。

主催:全国農業青年クラブ連絡協議会

後援:農林水産省、全国指導農業士連絡協議会、(社)大日本農会、(社)全国農業改良普及支援協会

第54回全国青年農業者会議

 本大会は新しい農業及び農村の創造という目的の下で、「原点回帰~そして、新しい道に一歩踏み出す~」をテーマに

1.プロジェクト発表

2.青年農業者の意見発表

3.優秀農業青年クラブ活動事例発表

4.懇親会

5.トークセクション「4Hクラブの価値、現代の農業事情に合ったカタチとは」

6.表彰(1.プロジェクト発表、2.意見発表、3.優秀農業青年クラブ)

の内容で、国立オリンピック記念青年総合センター(東京都渋谷)において3月3日~3月4日の1泊2日で行われました。

プロジェクト発表部門について

 プロジェクト発表は、1.園芸・特産部門、2.土地利用型部門、3.畜産部門、4.地域部門の4部門において、全国の予選を勝ち抜いた、精鋭19名により熱心な発表が行われました。鈴木氏も愛知県、東海ブロックの予選を勝ち抜き、全国大会での上位入賞をねらい、幾日も配布・プレゼン資料や発表方法について精査と改善を行ってきました。
1

壇上で発表を行う鈴木克也氏

農林水産省経営局長賞を受賞

その努力により、園芸・特産部門において農林水産省経営局長賞を受賞されました。当然、資料と発表方法だけでは受賞とはならず、内容が鈴木家や全国の茶農家が抱える課題「消費・価格低迷による収益性の低下」に対する、1つの対策である「国産紅茶の生産」について、消費者ニーズを参考に科学的な分析により売れる国産紅茶(和紅茶)の検討がされている「実践的なプロジェクト」となっていることが高く評価されました。

問合せ

愛知県 新城設楽農林水産事務所

E-mail: shinshiroshitara-nourin@pref.aichi.lg.jp