ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 新城設楽農林水産事務所 > 農業情報(平成28年8月)

農業情報(平成28年8月)

今年で3年目、しんしろ紅茶研究会が紅茶手作り体験交流会を開催

 しんしろ紅茶研究会主催の「紅茶手作り体験交流会」が7月31日(日)に開催され、小学生の子どもとその親など74名の消費者が参加しました。この交流会は、生産者と消費者との交流や、産地のPRを目的に始められ、今年で3年目になります。参加者の中には新城市外の人もいました。
 参加者は6つのグループに分かれて、農家に教わりながら、午前中は茶摘みや揉捻(じゅうねん:茶葉を揉む)といった紅茶作りの工程を体験しました。昼食は作手産ミネアサヒを使った碾茶(てんちゃ)飯など、地元の食材を使った料理を味わいました。
 午後からは茶菓子作りを体験したり、お茶を味わってその種類を当てる「闘茶(とうちゃ)」というゲームにチャレンジして、楽しみながら新城産の紅茶と緑茶を満喫しました。
 交流会終了後、参加者アンケートには「熱心な農家さんたちのおかげで、新城茶をもっと知りたいと思った」など、農家への感謝の言葉が寄せられました。
左:紅茶作り(揉捻)を体験する参加者、右:お茶菓子作りの様子