ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 大和リース(株)名古屋支店との協働で、「海上の森自然環境保全地域」の希少植物保全に取り組みます

大和リース(株)名古屋支店との協働で、「海上の森自然環境保全地域」の希少植物保全に取り組みます

平成24年11月1日(木)発表

大和リース(株)名古屋支店との協働で、「海上の森自然環境保全地域」の希少植物保全に取り組みます

■ 海上の森自然環境保全地域(瀬戸市)における希少植物シデコブシの生育環境を改善し、その保護を図るため、専門家の指導・助言のもとで企業と協働して保全活動を実施します。

■ 協働する企業は、大和リース(株)名古屋支店で、社会貢献活動(CSR)の一環として行います。

■ 第1回目の活動を11月7日(水)に行います。

■ 活動を行うにあたって、県と同社は協定を締結します。

■ 企業との協働による本県の自然環境保全地域における保全活動は、茅原沢(岡崎市)に続き2例目です。

1 背景

 2005年日本国際博覧会(愛知万博)のテーマ「自然の叡智」の原点となった海上の森は、身近で多様な里山の自然環境が特徴であり、県は、優れた自然環境を将来にわたって保全するため、平成18年3月に「自然環境の保全及び緑化の推進に関する条例」に基づき「自然環境保全地域」として指定し、その保護を図ってきました。

 この森は、里山としてかつては薪や炭などの利用のため管理され、明るい森に保たれていました。しかし、里山に手が入らなくなったことにより、シデコブシの周辺樹木が生長し、日照不足となったことにより、その生育が危機的になっています。

 こうしたシデコブシの生育環境を改善し、その保護を図るため、社会貢献活動に取り組む企業とともに、周辺樹木の除間伐等の保全活動を実施します。

シデコブシの花

2 保全活動について

実施日:平成24年11月7日(水) 午後1時から午後3時まで

場所:海上の森自然環境保全地域 屋戸川・寺山川野生動植物保護地区

    (地図参照)

活 動:シデコブシ生育地において、日照不足を改善するため、名古屋大学大学院の指導のもとで、周囲の樹木の除間伐を行います。

参加者:大和リース(株)名古屋支店 従業員 30~40名程度

      愛知県環境部自然環境課、あいち海上の森センター

      名古屋大学大学院生命農学研究科 戸丸教授(アドバイザー)

取材受付:海上の森センター駐車場で午後0時30分に取材を受け付けます。

       (あいち海上の森センター 愛知県瀬戸市吉野町304-1)

       シデコブシ保全作業の場所へは、駐車場から現場までご案内します(徒歩20分程度)。

       足元が悪いため、動きやすい服装でお越しください。

       ※ 雨天の場合は順延(日時未定)。

3 協定の締結について

締結日:平成24年11月1日(木) ※本協定の締結式は行いません。

締結者:愛知県環境部長 西川洋二

      大和リース株式会社 名古屋支店長 堀越良一

      あいち海上の森センター所長 近藤和幸

内容:(1)相互の連携・協働による保全について

      (2)除伐等の保全作業や環境学習等の活動について 等

 

4 問い合わせ先

愛知県環境部自然環境課 野生生物グループ TEL:052-954-6230

大和リース株式会社名古屋支店環境緑化第二営業所 TEL:052-249-5104

 

参考

参考

問合せ

愛知県 環境部 自然環境課
 野生生物グループ 伊藤、小川
電話: 052-954-6230(ダイヤルイン)
E-mail: shizen@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)