ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 環境保全 > 開発行為 > 平成26年度第1回狩猟免許試験(銃猟免許)における試験結果の取り扱い等について

平成26年度第1回狩猟免許試験(銃猟免許)における試験結果の取り扱い等について

平成26年度第1回狩猟免許試験(銃猟免許)における試験結果の取り扱い等について

 愛知県が平成26年8月3日(日)に刈谷市産業振興センターで開催した狩猟免許試験において、狩猟免許試験区分の第一種銃猟※1(一部免除)及び第二種銃猟※2(一部免除※3)の試験の知識試験問題を入れ違えて配布するミスがありましたが、この試験結果の取り扱い等については、以下のとおりといたします。

 ※1 第一種銃猟:装薬銃(散弾銃、ライフル銃)、空気銃を使用するための免許

 ※2 第二種銃猟:空気銃を使用するための免許

 ※3 一部免除 :既に他の狩猟免許を取得した者に対して知識試験の内容を一部免除すること

 

1 合否判定について

(1)第一種銃猟(一部免除)

 当日の知識試験(追加試験を含む)及び技能試験の試験結果により合否を判定します。

 ※ 当日の受験者は8名、うち技能試験まで受けた7名については、いずれの試験も合格点に達していたことから全員が合格となります。

 なお、知識試験を受験し技能試験を受験されなかった1名については、本人の希望があれば、知識レベルを確認する専門科目の追加試験と技能試験を改めて実施した上で、合否を判定することとします。

 

(2)第二種銃猟(一部免除)

 当日の知識試験及び技能試験の試験結果に加えて、知識レベルを確認する追加試験を行い、合否を判定します。

 ※ 当日の受験者は2名、うち技能試験まで受けた1名が対象となります。

 なお、知識試験を受験し技能試験を受験されなかった1名については、本人の希望があれば、知識レベルを確認する専門科目の追加試験と技能試験を改めて実施した上で、合否を判定することとします。

2 再発防止対策

 今後は、試験問題作成、配布など試験の実施に係るチェックを徹底し、二度とこのようなミスを起こさないように努めていきます。

問合せ

愛知県 環境部 自然環境課 野生生物・鳥獣グループ
E-mail: shizen@pref.aichi.lg.jp