ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織からさがす > 自然環境課 > あいち生物多様性企業認証制度の認証企業が決まりました

本文

あいち生物多様性企業認証制度の認証企業が決まりました

ページID:0422219 掲載日:2022年10月28日更新 印刷ページ表示
13 気候変動に具体的な対策を14 海の豊かさを守ろう15 陸の豊かさも守ろう17 パートナーシップで目標を達成しよう
 愛知県では、企業の生物多様性保全に関する取組を促進し、優良な取組が県内に広がることを目的として、優れた取組を実践している企業を認証する「あいち生物多様性企業認証制度」を本年度から運用しています(2022年3月22日発表済)。
 この度、外部有識者による審査会を実施した結果、40社を認証することが決まりましたのでお知らせします。
 なお、2022年11月14日(月曜日)に認証式を開催し、認証書の授与を行います。

1 認証企業

 40社

 優良認証企業
(地域への広がりや継続性があるなど、特に優れた取組を行っている企業)

15社

 認証企業
(生物多様性保全に貢献する取組を行っている企業)

25社

 

認証企業一覧と主な取組

2 認証式

(1)日時
   2022年11月14日(月曜日) 午後2時20分から午後3時まで

(2)場所
   愛知県庁本庁舎 6階 正庁
   (名古屋市中区三の丸三丁目1番2号)

(3)主な出席予定者
   認証企業、愛知県知事、審査委員長(名古屋大学名誉教授 武田 穣(たけだ ゆたか)氏)

(4)内容
   認証書授与
   知事挨拶
   審査委員長講評
   記念撮影

<参考>制度の概要

1 趣旨

 愛知県では、「あいち生物多様性戦略2030」(2021年2月策定)(以下、「戦略」という。)に基づき、各地域において、企業、大学、環境保全団体、行政等の多様な主体の連携による生物多様性保全に関する取組を推進しています。その中で、企業は、企業敷地を活用したビオトープの整備や社員の保全活動への参加など大きな役割を担っていることから、今後、多くの企業がより一層熱心に取り組み、地域の核となって生物多様性保全に貢献していくことが期待されます。
 本制度を通じて、取組意欲の醸成と他企業への波及を図り、優良な取組が県内に広がることを目指します。

2 対象

愛知県内に本社又は事業所を置く企業
(企業全体又は事業所(工場・支店・支社営業所等)単位)

3 評価項目等

 組織の方針・体制等に加え、戦略で企業に求めている四つの基本方針(注)を踏まえて評価項目が設定されています。認証を受けるには、この評価項目において所定の基準を満たすことが必要です。

(注)(1)(豊かな生態系を)まもる、(2)(生息生育空間を)つなげる、(3)(生きものの恵みを)つかう、(4)(人と自然との共生を)ひろめる、の四つの基本方針。

4 認証の区分

取組の状況や程度に応じて、以下の2区分で認証を行います。

(1)優良認証:地域への広がりや継続性があるなど、特に優れた取組を行っている企業
(2)認証:生物多様性保全に貢献する取組を行っている企業

5 認証のメリット

(1)愛知県産材を利用した認証書を授与します。
(2)認証企業マーク(※)を名刺や会社案内などに使用できます。
(3)各認証企業の取組を県自然環境課のWebページで紹介します。

 

   ※認証企業マーク

6 認証までの流れ(2022年度)

4月4日(月曜日)~7月29日(金曜日) 認証申請の募集(応募数40社)
10月13日(木曜日)             外部有識者による審査会
10月21日(金曜日)                 結果通知
11月14日(月曜日)             認証式(認証書授与)

あいち生きものステーション

Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)