ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > 豊根村で捕獲されたツキノワグマを放獣しました

豊根村で捕獲されたツキノワグマを放獣しました

豊根村で捕獲されたツキノワグマを放獣しました

 本日午前8時30分頃に北設楽郡豊根村内で、有害鳥獣捕獲を目的としたニホンジカ用のわなにツキノワグマがかかっているのが確認されました。
 午後5時頃、ツキノワグマに関する専門家の指導の下、健康状態等を確認の上、豊根村が同村内の安全な場所に放獣しました。
 なお、ツキノワグマの確認情報は、今年度6件目です。

1 経緯

○ 2021年11月18日(木曜日)午前8時30分頃
 有害鳥獣捕獲を目的としたニホンジカ用のわな(くくりわな)にツキノワグマがかかっているのが確認された。
○ 同日 午後3時45分頃
 豊根村職員、専門家及び新城設楽振興事務所職員により、現場の状況及びツキノワグマの健康状態について確認を行った。
○ 同日 午後5時頃
 捕獲されたツキノワグマは、健康状態も良く、安全に放獣ができると確認できたため、専門家の指導の下、豊根村が同村内の安全な場所で放獣した。

2 捕獲が確認された場所

北設楽郡豊根村坂宇場 地内

3 捕獲個体

ツキノワグマ1頭(オス、推定2~3歳、全長122cm、体重45kg)

4 放獣場所

豊根村内

5 参考資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)