ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 自然環境課 > 狩猟により野生イノシシの捕獲を促進します

狩猟により野生イノシシの捕獲を促進します

狩猟により野生イノシシの捕獲を促進します

 愛知県では、豚コレラ対策として、養豚場における防疫対策に万全を期すとともに、豚コレラウイルスを拡散させるおそれのある野生イノシシの捕獲、個体数の削減について強化しているところです。
 今期の狩猟については、11月15日(金曜日)に例年どおり解禁し、野生イノシシ捕獲を促進します。あわせて、狩猟に伴う豚コレラウイルスの拡散を防止するため、狩猟者に対して防疫措置の徹底を要請します。

1 狩猟期間

 2019年11月15日(金曜日)から2020年2月15日(土曜日)まで

 なお、野生イノシシの狩猟期間の延長区域(※)においては、2020年3月15日(日曜日)まで。
  ※延長区域(野生イノシシ)
    豊橋市、岡崎市、瀬戸市、春日井市、豊川市、豊田市、蒲郡市、犬山市、
    新城市、田原市、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村

2 狩猟可能な場所

 鳥獣保護区等を除く愛知県全域
 鳥獣保護区等の位置図は、以下の県環境局Webページをご覧ください。
 (2018年11月1日現在のもの。今年度のものは、2019年11月上旬に掲載予定) 
 https://www.pref.aichi.jp/kankyo/sizen-ka/shizen/yasei/map/index.html

3 狩猟者への防疫措置の要請内容

 豚コレラウイルス感染確認区域(陽性エリア)(2019年9月10日現在、13市町村)において狩猟者に対し、別添資料の内容の防疫措置を要請する。

4 防疫措置徹底のための関連措置

  • 狩猟登録の申請時(9/10以降)に、防疫措置の実施を確認。
  • 登録者に対して狩猟者登録証の交付時(10/15以降)に、防疫資材(消毒剤、噴霧器等)を配布。
  • 狩猟期間(11/15~3/15)において、県鳥獣保護管理員(52名)等による巡回パトロールを行い、現場での確認・要請を実施。
  • 猟友会と協力連携して、防疫措置の徹底要請と捕獲促進を実施。

 

5 その他

 豚コレラ経口ワクチン散布エリアについては、散布期間終了後10日間(※)は、野生イノシシの捕獲を行わないことを狩猟者に要請。
 ※野生イノシシ体内に十分な抗体価を付与する期間

<参考>

  • 過去の狩猟登録者数 (人)

 

年度

愛知県狩猟者登録数

県内登録数

(うち、イノシシ捕獲者数)

本県への入猟者数

(うち、イノシシ捕獲者数)

合 計

(うち、イノシシ捕獲者数)

2017

1,652(319)

91(12)

1,743(331)

2018

1,648(297)

98(9)

1,746(306)

 

  • イノシシ、ニホンジカ捕獲数 (頭)

 

年度

イノシシ

ニホンジカ

狩猟

狩猟以外

狩猟

狩猟以外

2017

1,554

6,597

925

3,666

2018

1,339

7,911

861

3,182

 

問い合わせ先

 愛知県環境局環境政策部自然環境課
 野生生物・鳥獣グループ
 担当 大橋、小川
 ダイヤルイン 052-954-6230

 愛知県農業水産局農政部農業振興課
 野生イノシシ対策室
 捕獲グループ
 担当 小出、桑山
 ダイヤルイン 052-954-6726

 愛知県農業水産局農政部畜産課
 家畜防疫対策室
 家畜衛生グループ
 担当 松井、加古
 ダイヤルイン 052-954-6424

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)