ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 消防保安課 > 令和元年度緊急消防援助隊愛知県土砂・風水害機動支援部隊救助訓練を実施しました

令和元年度緊急消防援助隊愛知県土砂・風水害機動支援部隊救助訓練を実施しました

愛知県土砂・風水害機動支援部隊とは

総務省消防庁の計画に基づき編成された、土砂・風災害での活動に特化した緊急消防援助隊の部隊です。
令和元年6月から運用が始まり、全地形対応車(通称:レッドサラマンダー)、重機、津波・大規模風水害対策車などの特殊車両を有しています。

訓練日時

令和2年2月12日(水曜日)午前10時30分から午後3時30分まで

訓練場所

名古屋市消防学校(名古屋市守山区大字下志段味字長廻間2280-12)

訓練参加消防本部

愛知県土砂・風水害機動支援部隊を構成する9消防本部(合計44名)
名古屋市消防局(7名)
豊橋市消防本部(5名)
岡崎市消防本部(4名)
一宮市消防本部(5名)
春日井市消防本部(5名)
豊田市消防本部(5名)
尾三消防本部(3名)
海部南部消防組合消防本部(5名)
衣浦東部広域連合消防局(5名)

訓練内容

教室内で土砂災害についての講習を受講後、屋外のグラウンドに設置された訓練場で実技訓練を実施しました。
実技訓練では、隊員が実際に土に埋まることで救助の難しさを体験したり、部隊として出動する車両に搭乗して見識を深める場面も見られました。
訓練を通して、部隊の連携強化と土砂災害における救助技術の向上が図られました。

訓練写真

講習の写真です  訓練の写真です 

訓練の写真です  訓練の写真です 

訓練の写真です  訓練の写真です

訓練の写真です  訓練の写真です  

お問い合わせ

愛知県防災安全局防災部
消防保安課救急・救助グループ
電話:052-954-6141(ダイヤルイン)