ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 防災・危機管理 > 消防 > 第26回全国消防操法大会に出場する碧南市消防団の選手及び関係者による知事表敬訪問について

第26回全国消防操法大会に出場する碧南市消防団の選手及び関係者による知事表敬訪問について

平成30年9月11日(火曜日)発表

第26回全国消防操法大会に出場する碧南市消防団の選手及び関係者による知事表敬訪問

  「第63回愛知県消防操法大会(小型ポンプ操法の部)」で優勝した碧南市消防団の選手及び関係者が大村知事を訪問し、10月19日(金曜日)に富山市内で開催される「第26回全国消防操法大会」に向けた決意を表明します。

1 日時

 平成30年9月18日(火曜日) 午後1時20分から午後1時35分まで

2 場所

 愛知県公館

3 訪問者

  (1) 選手

  指揮者 安井 涼介(やすい りょうすけ)

  一番員 三宅 陽平(みやけ ようへい)

  二番員 藤田 純弥(ふじた じゅんや)

  三番員 石川 貴広(いしかわ たかひろ)

  補助員 新美 慶太郎(にいみ けいたろう)

(2) 関係者 

  碧南市長 禰󠄀冝田 政信(ねぎた まさのぶ)

  碧南市市民協働部長 遠山 隆夫(とおやま たかお)

  碧南市消防団長 角谷 一基(すみや かずき)

  碧南市消防団第三分団長 山田 祐一郎(やまだ ゆういちろう)

  碧南市消防団第三分団部長 石川 博正(いしかわ ひろまさ)

4 第26回全国消防操法大会の概要

    (1) 日時

   平成30年10月19日(金曜日) 午前9時から(雨天決行)

(2) 場所

   富山県富山市惣在寺1090番地1

   富山県広域消防防災センター

(3) 主催

   消防庁、公益財団法人日本消防協会

5 全国消防操法大会の概要

  (1) 目的

全国の消防団員が消防技術の向上と士気の高揚を図るとともに、消防活動の充実発展に寄与することを目的とする。

 (2) 内容

都道府県代表の消防団員たちが、迅速、確実かつ安全に行動するために定められた消防用機械器具の取扱い及び操作の基本について、その技術を競い合う。

 (3) 開催実績

大会は2年に1度実施され、昭和43年~平成16年は東京都又は横浜市で、平成18年は兵庫県三木市、平成20年は東京都江東区、平成22年は愛知県蒲郡市、平成24年及び平成26年は東京都江東区、平成28年は長野県長野市で実施された。

 (4) 消防操法種別

全国消防操法大会で競技される消防ポンプ操法は2種類。消防ポンプ自動車を使用した「ポンプ車操法」と、持ち運び可能な小型動力ポンプを使用した「小型ポンプ操法」があり、各都道府県の代表隊は1大会ごとに種目を変えて出場する。

※第26回全国消防操法大会については、愛知県から碧南市消防団が「小型ポンプ操法」に出場する。

 (5) 表彰

各操法種目とも10位まで表彰され、優勝は各操法1隊、準優勝は各操法3隊、優良賞は各操法6隊、そして優秀選手賞として各操法の各操作員1名が選ばれる。

 添付資料

問合せ

愛知県 防災局 消防保安課
消防・広域化グループ
担  当:髙橋、岩田
電話: 052-954-6195
内 線: 2520,2559
E-mail: shobohoan@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)