ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 障害福祉課 > 愛知県コロニー中央病院における微量採血のための穿刺器具の不適切な使用について

愛知県コロニー中央病院における微量採血のための穿刺器具の不適切な使用について

平成20年7月10日(木曜日)発表

愛知県コロニー中央病院における微量採血のための穿刺器具の不適切な使用について

 愛知県心身障害者コロニー中央病院で、過去に微量採血用穿刺器具(針の周辺部分が使い捨てでないもの)の不適切な使用事例が確認されましたので、公表します。
 なお、現在、このような使用事例はありません。

1 概要

 微量採血のための穿刺器具(針の周辺部分が使い捨てでないもの)は、血糖値を測定するために指先に穿刺針を刺して微量の血液を採取するために用いる器具で、通常の注射器などとは違う器具です。

 中央病院においては、穿刺針は1回ごとに交換して使用していましたが、皮膚に直接触れる針の周辺部分(先端キャップ)は消毒して複数人に使用していた事例がありました。

 中央病院の場合、対象者の方が特定できていることから、全員の方に連絡を採り、十分説明の上、適切に対応いたします。

 

2 使用状況
使用期間使用器具名 対象者数 
 平成14年4月~平成17年3月

(株)アークレイファクトリーマルチランセットⅡ 

 48人

問合せ

愛知県心身障害者コロニー中央病院
担当:院長   宮崎
   医事課長 溝口
電話:0568-88-0811
内線:3304、3305

愛知県健康福祉部障害福祉課
地域移行推進・コロニーグループ
担当:牛嶋・兼子
電話:052-954-6294
内線:3241、3242

愛知県健康福祉部医務国保課
医務・医療指導グループ
担当:野々山・福永
電話:052-954-6275
内線:3172、3176