ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者 > 愛知県障害者スポーツ顕彰の表彰式について

愛知県障害者スポーツ顕彰の表彰式について

平成23年1月27日(木曜日)発表

愛知県障害者スポーツ顕彰の表彰式について

 「広州2010アジアパラ競技大会」において、本県を活動の基盤としている選手が日本代表として出場し、優秀な成績を収められました。
 このたび、愛知県障害者スポーツ顕彰要綱に基づき、下記のとおり表彰することとなりましたのでお知らせします。

                           記

1 被表彰者
  愛知県障害者スポーツ優秀賞(2名)
    広州2010アジアパラ競技大会

被表彰者
競技名氏名所属成績受賞回数
車椅子バスケットボール(男子)白丸 文明
(しろまるふみあき)
なし1位
車椅子バスケットボール(男子)宮島 徹也
(みやじまてつや)
日本福祉大学1位2回目

2 表彰日時   平成23年2月3日(木) 午前10時30分から

3 表彰場所   愛知県庁本庁舎(知事室)

4 アジアパラ競技大会について

・概要
 アジアパラ競技大会(Asian Para Games)はアジアパラリンピック委員会が主催するアジア地域における障害者スポーツの総合競技大会。
 アジアパラ競技大会としては2010年の広州大会が初めての開催となるが、前身となるフェスピック競技大会(極東・南太平洋地域身体障害者スポーツ大会)が第9回まで行われたため、大会としては第10回目として数えられる。

・今大会について
(1) 大会名 広州2010アジアパラ競技大会
(2) 開催期間 平成22年12月12日(日)開会式~19日(日)閉会式(8日間)
(3) 開催国・都市 中国・広州市
(4) 運営主体 アジアパラリンピック委員会、広州2010アジアパラ競技大会組織委員会
     中国・広州市
(5) 参加国・地域数 41カ国・地域(前回大会:46カ国参加)
(6) 参加人数 約4,000名(前大会:3641名)
(7) 日本選手団 359名 (選手223名、役員136名)
(8) 実施競技 19競技
   アーチェリー、陸上競技、バドミントン、ボッチャ、自転車、車椅子フェンシング、ゴールボール、柔道、パワーリフティング、ボート、射撃、7人制サッカー、5人制サッカー、水泳、卓球、テンピンボウリング、シッティングバレーボール、車椅子バスケット、車いすテニス
(9)日本選手団メダル獲得数

日本選手団メダル獲得数
金メダル銀メダル銅メダル合計
32個39個32個103個

(10)愛知県選手の成績

愛知県選手の成績
氏名性別競技名種目結果
藤野 宏紀
(ふじのひろき)
バドミントン男子シングルスBMW32回戦敗退
長島 理
(ながしまおさむ)
バドミントン男子シングルスBMW23位
加藤 啓太
(かとうけいた)
ボッチャ個人BC3予選敗退
広瀬 誠
(ひろせまこと)
柔道男子66kg級3位
田中 淳未
(たなかあつみ)
柔道女子52kg級3位
大堂 秀樹
(おおどうひでき)
パワーリフティング男子82.5kg級4位
宇城 元
(うじろはじめ)
パワーリフティング男子75kg級5位
本多 利行
(ほんだとしゆき)
卓球男子シングルス(TT9)予選敗退
白丸 文明
(しろまるふみあき)
車椅子バスケットボール1位
宮島 徹也
(みやじまてつや)
車椅子バスケットボール1位

問合せ

愛知県健康福祉部障害福祉課地域生活支援グループ
 担当:片倉、加藤
 内線:3233・3235
 (ダイヤルイン)052-954-6292