ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者 > 障害者週間について

障害者週間について

障害者週間について

12月3日から12月9日は「障害者週間」です

 「障害者週間」は、平成16年6月に障害者基本法で12月3日から9日までの1週間と定められました。

 障害のある方々を取り巻く社会環境には、物理的・制度的なバリア(障壁)に加えて、心のバリアも依然として存在しています。これらのバリアを除去し、ノーマライゼーションの理念を定着させるためには、障害者問題に対する正しい理解と認識を深めることが重要です。

 「心の輪を広げる体験作文」・「障害者週間のポスター」の募集は、障害のある方に対する国民の理解の促進を図るため、内閣府が全国の都道府県・政令指定都市と共催で、毎年取り組んでいるものです。

  • 「心の輪を広げる体験作文」
    テーマ:出会い、ふれあい、心の輪 -障害のある人とない人との心のふれあい体験を広げよう-
    (題名は自由で、応募資格は小学生以上です。)
  • 「障害者週間のポスター」
    テーマ:障害の有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現
    (応募資格は小学生及び中学生です。)

愛知県における「心の輪を広げる体験作文」・「障害者週間のポスター」の募集について

 愛知県でも、毎年、「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」を募集しています。応募のあった作品の中から、愛知県入賞作品を選定するとともに、最優秀作品を内閣府に推薦しています。

 また、愛知県入賞作品のうち、同意していただいた方については、県内各地で作品を展示し、ホームページ上で作品を公表しています。

 ☆平成25年度愛知県入賞作品(心の輪を広げる体験作文障害者週間のポスター

問合せ

愛知県 健康福祉部 障害福祉課 企画・調整グループ
電話  :052-954-6294(ダイヤルイン)
E-mail:shogai@pref.aichi.lg.jp