ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 障害者 > 第3回東海三県小児在宅医療研究会を開催します

第3回東海三県小児在宅医療研究会を開催します

平成28年11月11日(金曜日)発表

第3回東海三県小児在宅医療研究会を開催します

 愛知、岐阜、三重の三県における小児在宅支援体制の充実を目指し、東海三県小児在宅医療研究会を開催します。

 本研究会は、第1回を平成27年3月に岐阜県で、第2回を平成28年2月に三重県で開催し、多数の小児在宅支援関係者の方々に御参加をいただきました。

 第3回となる今回は、愛知県で「障害児者の在宅支援と施設の役割」をテーマに開催します。

第3回東海三県小児在宅医療研究会の概要

1 日時

 平成29年2月12日(日曜日)午後1時から午後5時まで

  

2 会場

 愛知県産業労働センター「ウインクあいち」 大ホール

 住所 名古屋市中村区名駅4丁目4-38

 電話 052-571-6131

 

3 内容

(1)基調講演「療育施設における短期入所の現状と課題」

  演者 竹本(たけもと) 潔(きよし)(大阪発達総合療育センターフェニックス小児科医師)

  座長 岩本(いわもと) 彰太郎(しょうたろう)(三重大学医学部附属病院小児トータルケアセンター長)

(2)シンポジウム「在宅支援と短期入所・レスパイトケアの取組」

  座長 吉田(よしだ) 太(ふとし)(愛知県心身障害者コロニー中央病院長)

      三浦(みうら) 清邦(きよくに)(豊田市こども発達センター長)   ※敬称略

4 主催

 岐阜県、三重県、愛知県、愛知県心身障害者コロニー

 岐阜大学大学院医学系研究科障がい児者医療学寄附講座、三重大学医学部附属病院小児トータルケアセンター、名古屋大学大学院医学系研究科障害児(者)医療学寄附講座

 

5 参加対象者

 東海三県の総合病院小児科・新生児科・救急担当科等の医師、障害児(者)専門医療機関等の勤務医、小児在宅医療に関心のある診療所医師、看護師(総合病院関係診療科、訪問看護ステーション、特別支援学校、福祉施設、介護事業所等)、歯科医師・歯科衛生士、薬剤師、リハビリテーション療法士、教員、研究者、療育福祉関係者など

 

6 参加費

 無料

 

7 定員

 400名(事前申込制・先着順)

 

8 申込方法・問合せ先

 別添チラシ裏面の参加申込書に御記入の上、平成29年2月3日(金曜日)までにFAX又は郵便(当日消印有効)でお申し込み下さい。なお、申込みが定員を超えた場合は、申込期限にかかわらずお断りをさせていただくことがあります。

 〒480-0392 愛知県春日井市神屋町713-8

 愛知県心身障害者コロニー 運用部総務課(土井・松井)

 FAX 0568-88-0839

 URL https://www.pref.aichi.jp/soshiki/hsc/

問合せ

愛知県 心身障害者コロニー 運用部 総務課
総務グループ
担当 長嶺、土井
電話 0568-88-0811(代表)
内線 2205、2231

愛知県 健康福祉部 障害福祉課 障害者施設整備室
コロニー再編整備グループ
担当 加藤、柴田
電話 052-954-6293(ダイヤルイン)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)