ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 食育消費流通課 > 農林水産物のインバウンド需要拡大に向けて、国内在住の外国人を対象にモニターツアー(2019年度第2回)を実施します!

農林水産物のインバウンド需要拡大に向けて、国内在住の外国人を対象にモニターツアー(2019年度第2回)を実施します!

2019年11月27日(水曜日)発表

2019年度第1回ツアーの様子(そば打ち体験)

2019年度第1回ツアーの様子(そば打ち体験)

 

近年、日本を訪れる外国人旅行者が増加しており、訪日の目的として、ショッピングや日本食を食べることに高い関心が寄せられています。

愛知県では、2018年度から、国内在住の外国人を対象に農業体験や県産農林水産物の購入・飲食などを行うモニターツアーを実施しており、参加者によるSNS等での情報発信を通じて県産農林水産物のインバウンド需要の拡大に取り組んでいます。

2019年度第1回モニターツアー(2019年10月5日実施)に引き続き、インバウンド需要を更に喚起するため、本年度第2回となるモニターツアーを下記のとおり実施します。

概要

1 日時

2019年12月8日(日曜日) 午前9時から午後5時まで

2 参加者

国内在住の外国人 10名程度 (インバウンド向け愛知県Webページ内で募集済み)

3 内容

国内在住の外国人の方を対象に、収穫などの農業体験や県産農林水産物等が購入・飲食できる店等を巡り、参加者から海外に向けてSNS等で情報発信してもらいます。

4 行程

当日の行程表
時刻内容
9時00分名古屋駅集合、バス移動
10時15分

「中埜酒造」(半田市)

・酒の文化館見学

・半六庭園見学

11時15分バス移動(SNS等で情報発信)
11時45分

「JAあぐりタウンげんきの郷」(大府市)

・昼食

・ファーマーズマーケット見学

13時00分バス移動(SNS等で情報発信)
14時15分

「稲沢フルーツ園」(稲沢市)

・バナナ収穫体験

15時15分バス移動(SNS等で情報発信)
16時00分

「ピピッと!あいち」(名古屋市)

・お土産購入

16時40分バス移動(SNS等で情報発信)
17時00分 名古屋駅解散

5 主催

愛知県

6 備考

・2019年12月下旬頃、以下のWebサイトにツアーのレポートを掲載します。

 ●インバウンド向け愛知県Webサイト

     https://www.aichi-food.info/

7 取材・撮影に係る注意事項

・交通状況等により、行程は遅れることがあります。

 

〈 参考 〉農園・施設等の情報

1 中埜酒造

(愛知県半田市東本町2丁目24)

1844年創業、清酒「國盛」などで知られる酒造会社です。

かつての酒蔵を利用した博物館「國盛酒の文化館」では、日本固有の文化である「日本酒」の知識を深めるとともに、伝統的な先人たちの技術・手法などを学ぶことができます。

2 JAあぐりタウンげんきの郷

(愛知県大府市吉田町正右ェ門新田1-1)

「農」と「食」をテーマとした日本最大級の産地直売所です。

ファーマーズマーケットやレストラン、温泉、農業研修施設などがあり、大人から子供まで幅広い世代が楽しめる施設です。

3 稲沢フルーツ園

(愛知県稲沢市祖父江町祖父江南方26)

バナナ、マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツなど、愛知県では珍しい南国フルーツの生産、加工、販売を行う農園です。

バナナの収穫体験をすることもできます。

4 ピピッと!あいち

(愛知県東区東桜1丁目11-1オアシス21内B1-5)

全国で唯一の愛知県産品アンテナショップです。

県内各地から産地直送の生鮮野菜はもちろん、季節の果物や地酒、お菓子、調味料や水産加工品などを取り扱っており、まるごと愛知県を味わえます。

〈 参考2 〉2019年度第1回モニターツアーについて(2019年9月25日発表済み)

1 日時

2019年10月5日(土曜日)午前9時から午後5時まで

2 参加者

県内在住の外国人8名

(ブラジル3名、ベトナム4名、ペルー1名)

3 訪問先及び体験内容

(1)「男川やな」(岡崎市)

・額田産そば粉を使ったそば打ち体験

(2)「岡崎駒立ぶどう狩り組合」(岡崎市)

・ぶどう狩り

(3)「産直市場おあしすファーム(刈谷ハイウェイオアシス内)」(刈谷市)

・お土産購入

4 第1回モニターツアーレポート(インバウンド向け愛知県Webページ内)

https://www.aichi-food.info/tour191005report/