ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育・子育て > 教育・学習 > 専門校・大学・私立学校 > 電気自動車の仕組みについての説明会・試乗会を開催します

電気自動車の仕組みについての説明会・試乗会を開催します

~「Dream Cup ソーラーカーレース鈴鹿」において見事完走した車体を題材にします~

  愛知県では、モノづくり関連分野への就職を目指す方を対象に、県内6校の高等技術専門校において職業訓練を実施しています。また、モノづくり企業の在職者向けに、技能向上のための訓練も実施しております。

 

 今回、電気自動車(ソーラーカー)の製作に必要な電気モーターやソーラーパネルの制御や仕組みについての説明会・試乗会を下記のとおり行います。(別紙参照)

 

1 対象 電気自動車(注)の仕組みに興味がある中小企業の在職者

       ※一般企業関係者、報道関係者に限ります。

2 日時 平成22年10月13日(水) 午前10時 から 午前12時まで

3 場所 岡崎高等技術専門校 (岡崎市美合町字平端24)

ソーラーカー走行中の写真

 (注)今回題材として使用する電気自動車(ソーラーカー)は、岡崎高等技術専門校の訓練生19名が、モノづくり技能習得の実習課題として製作したものです。平成22年7月30日(金)から8月1日(日)までの3日間、三重県鈴鹿市で開催された「Dream Cup ソーラーカーレース鈴鹿」のOLYMPIAクラス(実用車両を目指したクラス)へも参加しました。結果、1周5.8kmの鈴鹿サーキットを31周(180km)して完走し、5位入賞を果たしました。

<平成22年度製作のソーラーカーの概要>
 ・特徴  訓練生自身の手で特殊加工を施したブリキと、専用に購入した強力なモーターを使用して、軽量で高出力な車体を製作したのが特徴。(レースのOLYMPIAクラスの規定(世界規約)を遵守)
 ・大きさ 約3.7m(全長)×約1.4m(全幅)×約1.2m(車高)
 ・重量  約235kg(バッテリーを含む)
 ・材料  アルミ、ブリキ等
 ・設計図  約200枚を作成
 ・最高時速  時速60km以上

〔参考〕 モノづくり総合科の新設について

本県のモノづくりを支える中小企業においては、機械・金属・電気など多様な技能を持った人材が求められていることから、『モノづくり総合科』を新設することにしました。平成23年度において、岡崎高等技術専門校にてメカトロニクス科のカリキュラムを発展させた、『モノづくり総合科 マルチスキルコース(2年訓練)』を新設します。

※平成23年度の訓練生募集を、10月1日から開始します。

モノづくり総合科 マルチスキルコース 訓練生募集

訓練科

訓練

期間

募集定員

高等技術専門校

(新設)モノづくり総合科

マルチスキルコース

2年

20人

岡崎高等技術専門校

   〒444-0802

   岡崎市美合町字平端24

  電話 0564(51)0775

電気自動車の仕組みについての説明会・試乗会の開催について

問合せ

愛知県産業労働部労政担当局就業促進課
産業人材育成室公共訓練グループ
担当 平松、矢口
ダイヤルイン 052-954-6364
内線 3444、3446

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)