ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 総合看護専門学校 > 総合看護専門学校 新入学生の声

総合看護専門学校 新入学生の声

新入学生の声

【第一看護科1年生Aさん】

Aクラス

 入学して3カ月が経ちました。

 初めはクラスに馴染めるか不安でしたが、クラスメイトは皆優しく、とても楽しく過ごせています。5月のスポーツ大会では、クラスメイトとの仲を、より深めることができたと思います。また、クラスメイトには社会人もたくさんいるため、様々な体験談を聞くことにより自分の視野が広がります。

 授業は専門的な科目が多く、今まで聞いたことがない言葉ばかりで理解するのは大変です。しかし、分からないところは先生方に質問すると、わかるまで丁寧に教えて下さるので、とてもいい環境で学習できていると思います。また、休み時間にはクラスメイトと楽しく会話したり、授業で学んだことを教え合い奮闘しています。まだまだ分からないことは多いですが、これから始まる臨地実習に向けてさらに知識を増やしていきたいです。その中で自分が理想とする看護を深めたいと思います。

【第一看護科1年生Bさん】

Bクラス

 入学して、約3カ月が経ちました。最初は、現役学生と社会人の混合クラスという環境に馴染めるかとても不安でしたが、授業中のグループワークや休み時間を通してすぐに打ち解けることができました。また、幅広い年代の方と交流を交わすことにより、学ぶことも多くあります。

 学習面は、専門用語が多く、課題や技術練習に追われる日々でとても大変ですが、同じ夢を持った仲間と励まし合い頑張っています。また、技術練習では先生方が根気強く何度も指導して下さるので、とても安心できます。

 誰かの役に立ちたいという思いで看護学校に入学しましたが、授業が進むにつれ理想の看護師像も膨らんできました。これから3年間授業や実習を通して、より具体的な看護師像を見出していきたいです。

 これから益々大変なことが増え、壁にぶつかることも多くあると思いますが、充実した環境で学べることに感謝し、仲間と高め合いながら頑張っていきたいです。

【第一看護科1年生Cさん】

cクラス

 私は社会人を経て入学しました。入学当初は現役生に混じって学習していくことへの不安がありました。しかし、クラスには年齢や経歴が様々な社会人学生がいてとても心強いです。また現役生とは年齢差を感じることもありますが、グループワークや校内実習で意見を交わしたり、スポーツ大会の応援合戦練習や競技に参加する中で仲間意識が高まりました。

 学校の講義や校内実習は、専門用語が多く、展開も速いので、覚えたり理解することに苦労しています。クラスメイトには講義内容以外にも、学習方法や時間の使い方など相談しながら、自分なりの学習スタイルを模索しているところです。学習面は大変なこともありますが、熱心な先生方のご指導の下、こうして学べる環境にいることに感謝しています。

 今後は自分が目指す看護師像を具体化させつつ、看護の基礎をしっかり自分のものにできるよう、1日1日を有意義に過ごしていきたいと思います。

問合せ

愛知県立総合看護専門学校

電話: 052-832-8611

E-mail: sogokango@pref.aichi.lg.jp