ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 学習教育部保健体育スポーツ課 > 教育委員会事務局保健体育スポーツ課の事業内容

教育委員会事務局保健体育スポーツ課の事業内容

1 保健体育に係る教育課程、学習指導及び児童生徒の体育指導に関すること

(1)学校体育に関する調査

  県内の小・中学校及び高等学校を対象に、学校体育の一層の充実を図るための指導資料とするために、体育、保健体育の授業や野外活動の実施状況等の調査を年度当初に実施する。

(2)学校訪問指導

  学校教育指導の方針を踏まえ、本課の重点目標の趣旨の徹底を図り、その具体化のための指導・助言を行う。

(3)平成30年度研究委嘱校

  学校体育に係る研究委嘱校を設置し、重点的に研究を深めるとともに、その成果に基づいて全県的に教育水準を高めるように努める。

  委嘱先 豊橋市立吉田方小学校

(4)学校体育団体の育成指導

  学校体育団体の指導等を行い、学校体育全般の振興を図る。

   ア  愛知県中小学校体育連盟
   イ    愛知県高等学校体育連盟

(5)武道等指導充実・資質向上支援事業

   中学校で必修となっている武道・ダンス等を安全かつ円滑に実施できるよう、地域の指導者・団体等の協力を通じて、学校における武道・ダンス等の指導の充実を図る。

(6)部活動指導員の配置

 ア  部活動指導員配置事業費補助金 

  適切な練習時間や休養日の設定など、部活動の適正化を進めている市町村を対象に、単独で部活動の指導・大会等への生徒引率等が可能な部活動指導員の配置に係る経費の一部を補助する。

 イ  部活動指導員配置モデル事業

  複数の部活動を横断的にサポートし、単独で部活動の指導・大会等への生徒引率、外部指導者の総括、部活動の管理運営が可能な部活動総合指導員を県立高校12校に配置する。

(7)オリンピック・パラリンピック教育の推進

  小・中学校、高等学校、特別支援学校の18校を教育推進校に指定し、大会を通じたスポーツ価値や効果の再認識、共生社会や参加する国々の文化・言語を理解し、多面的な教育価値を持つオリンピック・パラリンピック教育の実践・普及を図る。

2 全国高等学校総合体育大会に関すること

 全国高等学校総合体育大会夏季大会及び冬季大会を開催する。

(1)夏季大会(東海ブロック)

  ア 期日    平成30年7月26日から8月20日
  イ 参加人員    約6,600人
  ウ 競技及び会場地

 
競技会場地市町
水泳(競泳・飛込)名古屋市
バスケットボール(男子)一宮市(一部を名古屋市)
バスケットボール(女子)小牧市(一部を名古屋市)
卓球豊田市
ボート東郷町
フェンシング知多市
少林寺拳法西尾市

(2)冬季大会(フィギュアスケート競技)

  ア 期日    平成31年1月24日から1月27日
  イ 参加人員  約130人
  ウ 会場地   名古屋市

3 教育職員の学校体育の研修に関すること

 学校体育に関する研修会や講習会等を開催し、教員の資質向上を図る。
 特に、小学校の体育指導教員と中学校・県立学校の保健体育科教員を対象とした体育スポーツ実践講座を開催し、児童生徒の発育・発達段階に応じた体育指導ができる教員の育成を行う。
 また、保健体育担当者以外の指導経験の浅い教員を対象に運動部活動指導者研修会を開催する。

4 体力づくり推進事業に関すること

(1)児童生徒体力テスト事業

  ア 体力づくり優良校の顕彰
  イ 体力章の交付

(2)「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」に基づく子どもの体力向上支援事業

 子どもの体力向上を図るため、「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果の詳細な分析を行うとともに、本県が作成した小学校低・中学年、高学年向け「子どもの体力向上運動プログラム」、中学生向け「体力向上運動プログラム」の体育授業及び家庭・地域における活用法の研究を進め、県内全域に一層普及させる。

(3)子どもスポーツふれあい事業

 親子(小学生)を対象として、トップアスリートと共に運動に親しむ講習会を開催し、運動に対する興味関心を高め、体力の向上を図る。

5 スポーツ及びレクリエーションの普及奨励に関すること

(1)社会体育団体の育成指導

  社会体育団体の指導を行うとともに県費助成をし、振興を図る。

  ア 公益財団法人愛知県体育協会
  イ 愛知県スポーツ推進委員連絡協議会

(2)県立学校スポーツ開放運営事業

  県有施設の有効活用を図り、スポーツ活動の場を提供する。

  ア 県立高校の体育施設を学校の所在地の市町村が窓口となり開放する。
  イ 名古屋市内の県立高校(19校)については、開放運営事業を公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団に委託し実施する。

(3)総合型地域スポーツクラブ推進事業

  総合型地域スポーツクラブの創設、育成支援及び質的な充実支援のため、広域スポーツセンター」を核とし、関係団体と協力体制を構築し、クラブ創設、育成の一層の推進を図る。

  ア 愛知県総合型地域スポーツクラブ育成推進本部会議等の開催
  イ 広域スポーツセンター運営事業委託
    委託先  公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団

6 スポーツ推進審議会に関すること

 スポーツ基本法第31条の規定に基づき愛知県スポーツ推進審議会を設置し、教育委員会の諮問に応じて、スポーツの推進に関する重要事項等について調査審議する。

 委員 20人   開催 年2回

7 スポーツ行事に関すること

(1)愛知スポーツ・レクリエーションフェスティバル2018

  ニュースポーツを多く取り入れ、各年齢層の方々が親しむことができる大会を実施する。

  期 日  地区大会 7月から9月
        県大会 10月21日(一部の種目は別期日で実施)

  参加人員  約18,000人

(2)青年大会

   勤労青年を対象に県大会を実施し、代表選手を全国大会に派遣する。

   ア 愛知県青年体育大会(第70回)

     期日  平成30年8月26日、9月1日、2日
     場所  愛知県武道館ほか
     参加人員  約430人

   イ 全国青年大会(第67回)

     期日  平成30年11月9日から12日(4日間)
     場所  東京都内
     参加人員  約130人

(3)国民体育大会

  スポーツ基本法第26条の規定に基づき開催される大会へ本県選手団を派遣する。

    ア 本大会(第73回)

     期日  平成30年9月29日から10月9日(11日間)
     場所  福井県
     派遣人員  665人

   イ 冬季大会スケート競技会・アイスホッケー競技会(第74回)

     期日  平成31年1月30日から2月3日(5日間)
     場所  北海道
     派遣人員  76人

   ウ 冬季大会スキー競技会(第74回)

          期日  平成31年2月14日から17日(4日間)
          場所  北海道
          派遣人員  46人

8 スポーツ顕彰に関すること

 国際的なスポーツの競技会等において優れた成果を挙げるなど、本県スポーツの向上と振興に関し、特に功績が顕著な者を顕彰する。

9 競技力の向上に関すること

(1)競技力向上対策事業費補助金

  競技力の維持、向上を図るとともに、各競技人口の拡大によるスポーツの普及・振興を図るため、選手強化事業及び競技普及・啓発事業を実施する公益財団法人愛知県体育協会に対し補助金を交付する。

(2)2020年東京オリンピック・パラリンピックあいち選手強化事業

   2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに愛知県ゆかりの選手を多数輩出し、県民の一体感や気運の醸成につなげるとともに、本県のスポーツ推進を支える好循環を創出するため、強化指定選手を対象とした競技力強化事業及び次世代を担うスポーツ人材育成事業を実施する。

10 スポーツ施設に関すること

(1)県民が身近にスポーツに親しむことができるようにするとともに、競技水準の向上を図ることができるよう、6つの体育施設を設置している。

  愛知県体育館【名古屋市中区】
  愛知県スポーツ会館【名古屋市北区】
  愛知県武道館【名古屋市港区】
  愛知県一宮総合運動場【一宮市千秋町】
  愛知県口論義運動公園【日進市北新町】
  愛知県総合射撃場【豊田市宇連野町】

(2)所管する施設について、以下の整備を行う。

 
施設名内容
愛知県体育館 第1競技場冷温水発生機整備工事等
愛知県武道館自動火災報知設備改修工事
愛知県一宮総合運動場 陸上競技場公認工事
愛知県口論義運動公園 温水ヒーター更新工事実施設計等
 6施設 維持修繕等

(3)市町村が行う学校体育施設及び社会体育施設整備に対する「学校施設環境改善交付金」(国費)に関する事務を行う。

 11 児童生徒の保健に関すること

(1)児童生徒の健康管理

ア 定期健康診断の実施
  学校保健安全法第13条による定期健康診断の実施並びに事後措置について指導する。

県立学校児童生徒の健康診断の内容等(平成30年度)
検 査 名対 象 者
結核検査胸部X線検査特別支援学校高等部及び高等学校の各第1学年生徒
盲・聾学校高等部及び高等学校の各専攻科第1学年生徒
精密検査
  1.  一次検査によって病変の発見された者及びその疑いのある者、結核患者並びに結核発病のおそれがあると診断されている者
  2.  特別支援学校小学部、中学部全員に実施した問診を踏まえ学校医その他の担当の医師において必要と認める者
事後措置精密検査の結果、発病のおそれがあると診断された者
心電図特別支援学校小学部、中学部、高等部及び高等学校の各第1学年
尿一次全員
再検査一次検査からの必要者
脊柱側わん結核一次検査受検者
HBs抗原抗体検査衛生看護科(全日制第2、3学年)
衛生看護科専攻科(第1、2学年)
(看護学校、勤務先等で実施した者又は実施予定のある者は除く)

イ  健康相談及び保健指導
  学校保健安全法第8条による健康相談及び学校保健安全法第9条による保健指導に関して、心身に問題をもつ児童生徒について、健康問題を解決し、健康の保持増進を図るよう指導する。

ウ  学校における感染症対策
  感染症発生の状況を常に把握するとともに、予防のための保健管理指導を行う。

エ  自殺予防啓発リーフレットの配付
  公立中学校(名古屋市を除く)、県立学校等の生徒全員とその保護者及び教職員に配付する。

オ  医療費援助
  要保護及び要保護に準ずる程度に困窮している児童生徒に対する医療費援助の事務を行う。

(2)愛知県学校保健会

  公立幼稚園、小・中学校(名古屋市立を除く。)、県立学校等の学校保健関係者で組織され、学校保健の研究並びに普及・充実を図る。

 12 教育職員の学校保健の研修に関すること

(1)学校訪問指導

  年間計画に基づいて学校を訪問し、保健管理・指導を充実するため指導助言する。

(2)研修会等の開催

ア  学校保健講座
  児童生徒の心身の健康課題に対応できるよう実践的カリキュラムによる講座を開催し、教員の指導力の向上を図る。

イ  自殺予防教育研修会
  学校での自殺予防教育を推進することを目的に、教員が自殺予防教育の必要性を理解し、実践方法を身に付けるための研修会を開催する。

13 養護教諭の指導に関すること

  小・中学校、県立学校の養護教諭の資質向上を図るため、養護教諭研究協議会及び採用2年目、3年目の養護教諭を対象とした養護教諭基礎力向上研修会等を開催する。

14 学校医、学校歯科医及び学校薬剤師に関すること

県立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師についての事務を行う。 
  平成30年5月1日現在
   学  校  医 520人
   学校歯科医 178人
   学校薬剤師 179人

15 学校の環境衛生に関すること

  学校環境衛生検査
  県立学校において、空気、照度、騒音、飲料水等の検査を行い、その結果に基づき、適正な維持管理等について指導を行う。

16 児童生徒及び教職員の安全に関すること

(1)研修会等の開催

  学校安全(生活、交通、災害)に関する研修会・講習会等を開催し、指導担当者の資質向上等を図る。

   ア  県立学校交通安全指導者研修会
   イ  県立学校防犯教育指導者研修会
   ウ  防犯教室指導者講習会
   エ  防災教育指導者研修会
   オ  防災教育基礎研修

(2)交通安全教材の作成

  県立高校の新入生に対して、自転車の安全な利用を含めた安全な通学のための教材を作成し、交通安全教育の推進を図る。

(3)高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」

  名古屋大学と連携して、高校生を対象とした自然災害に対する知識理解や技術の習得などの防災対応能力の向上とともに、災害時に積極的にボランティア活動に参加しようとする心を育て、学校や地域の防災力向上に貢献できる防災リーダーの育成を図る。

  •  平成29年度 事故統計
(交通事故)
 報告を
受けた人数
事故状況の内訳死亡の状況前年度
小学校17(0)人管理下 2(0)人
管理外15(0)人
 総数14(2)人
うち管理下4(1)人
中学校13(0)人管理下9(0)人
管理外4(0)人
 総数7(1)人
うち管理下2(0)人
高校(全)34(3)人管理下22(1)人
管理外12(2)人

歩行(1)人、歩行(1)人、自転車(1)人

総数23(1)人
うち管理下19(1)人
高校(定通)  8(1)人管理下4(0)人
管理外4(1)人

二輪車(1)人

総数14(0)人
うち管理下2(0)人
合計72(4)人管理下37(1)人
管理外35(3)人
-総数58(4)人
うち管理下27(2)人
(生活事故)
 報告を
受けた人数
事故状況の内訳死亡の状況前年度
小学校61(1)人管理下56(0)人
管理外5(1)人
溺水(1)人総数17(1)人
うち管理下11(0)人
中学校38(8)人管理下27(0)人
管理外11(8)人
自殺(5)人、自殺の疑い(1)人、溺水(1)人、溺水の疑い(1)人総数14(2)人
うち管理下8(0)人
高校(全)32(9)人管理下18(1)人
管理外14(8)人
自殺の疑い(1)人、溺水(1)人、自殺(7)人総数33(9)人
うち管理下16(1)人
高校(定通)3(1)人管理下0(0)人
管理外3(1)人
自殺(1)人総数3(1)人
うち管理下1(0)人
合計134(19)人管理下101(1)人
管理外33(18)人
-総数67(13)人
うち管理下36(1)人

※( )内は死亡者数。

※「死亡の状況」の斜体は、管理下の事故による死亡状況。

※特別支援学校児童生徒の事故については、小学部→小学校、中学部→中学校、高等部→高校(全)に分類して集計している。

(4)「学校安全緊急情報共有化ネットワーク」活用訓練

  不審者事件等が発生した場合、地域ぐるみで子どもを守る体制をいち早く整えるために、近隣市町村教育委員会、学校及び地域住民に対し迅速かつ広域的に緊急情報を提供する連絡体制として、平成17年12月に構築したネットワークの機能を検証する。

(5)「児童生徒等見守りネットワーク」の運用

  日ごろ、業務で地域を巡回したり、緊急避難場所の取組などを行っている事業者と不審者緊急情報について共有し、地域における防犯監視力の強化を図る。

(6)自殺等調査委員会

  児童生徒の自殺又は自殺が疑われる死亡事案が起きた時に、その背景事実に学校が関わる可能性がある場合、遺族からの要望がある場合等において、背景事実の調査や分析等を実施するために、公平・中立的な立場の医師、弁護士等の専門家からなる調査委員会を設置する。

(7)重大事故調査委員会

  学校管理下において児童生徒等の重大事故が起きた時に、教育活動自体に事故の要因があると考えられる場合、保護者の要望がある場合等において、その事故に至る過程や原因の調査及び分析等を実施するために、公平・中立的な立場の医師、弁護士等の専門家からなる調査委員会を設置する。

17 独立行政法人日本スポーツ振興センターに関すること

  独立行政法人日本スポーツ振興センター法第30条の規定により、県立学校の管理下における幼児児童生徒の災害(負傷、疾病、障害、死亡)に対する共済給付の請求事務等を行う。
  名古屋支所 所在地:名古屋市中村区那古野1丁目47番1号
               名古屋国際センタービル16階
給付対象となった事故の件数(愛知県)
 27年度28年度29年度
県立学校11,594件11,631件11,355件

   (独立行政法人日本スポーツ振興センター統計)

18 学校給食に関すること

(1)衛生管理

  学校給食による食中毒の発生防止のため、学校給食法で定められた「学校給食衛生管理基準」等により、衛生管理の徹底を図る。

(2)栄養管理

  学校給食法で定められた「学校給食実施基準」により栄養管理の徹底を図る。

(3)実施状況

  県内小中学校、夜間定時制高校及び特別支援学校の完全給食実施率は99.7%である。食物アレルギー等により給食を受けない児童生徒を除いた完全給食実施人数の割合は、小学校で99.7%、中学校で87.6%であり、中学校は、ミルク給食と合わせると99.4%となる。

(4)学校給食費

  学校給食費は保護者負担であり、食材料費に充てられる。

(5)給食施設の整備

  国が定める施設整備基本計画に即した学校給食施設の施設設備の整備事業について、国の交付金が交付されている。

<参考>
事業名算定割合
学校施設環境改善交付金学校給食施設の新増築1/2
学校給食施設の改築1/3

※ドライシステムによるものに限る。

(6)学校給食用物資の検査

  学校給食の安全を確保するため、県立学校給食に供する食品の細菌・重金属・農薬による汚染の有無についての検査を委託する。
  また、県立学校給食に供する調理品(副食)の微生物検査を委託する。

○平成30年度検査計画件数

(食品の検査)
検査項目検査件数
食材のO157検査104件
青果物の残留農薬検査  48件
 152件

平成29年度における実施件数は延164件であった。

(調理品(副食)の顕微鏡検査)
検査項目検査件数
調理品のO157検査52件
調理品の細菌検査156件
208件
      平成29年度における実施件数は208件であった。

19 教育職員及び関係職員の学校給食の研修に関すること

(1)研修会・講習会等を開催し、学校給食関係職員の資質向上を図る。

(2)学校や調理場を訪問し、学校給食の運営や児童生徒の指導について、関係職員に指導助言を行い、学校給食の充実を図る。

20 栄養教諭に関すること

(1)栄養教諭配置校への指導助言を行い、栄養教諭を活用した食育の充実を図る。

(2)新規採用栄養教諭の採用計画を立案し、新規採用者の配置・新規採用者研修を計画する。

(3)経験年数に応じた研修として、新規採用2年目及び5年経験者を対象とした研修を実施し、栄養教諭の資質向上を図る。

21 食に関する指導に関すること

(1)学校食育推進者養成講座の実施などにより、学校における食に関する指導の充実を図る。

(2)栄養教諭が中核となり食に関する指導の全体計画や年間指導計画を作成し、学校給食を生きた教材として活用しながら、教科指導と連携して、学校全体で食に関する指導に取り組む。

22 愛知県学校給食総合センターに関すること

  愛知県学校給食総合センターは、学校給食用物資の計画的・合理的な供給を図るための物資流通機構の基幹組織として、冷凍・低温・常温倉庫、食品検査室、研修室等を完備している。また、学校給食用物資の開発、大量購入等を行うほか、計画的に食品検査を実施し、安全・良質でしかも低廉な食品等の供給に努めている。
愛知県学校給食総合センター
所在地豊明市阿野町惣作87番地の1
規模土地 11,982.36平方メートル
建物(本館・倉庫等) 5,293.34平方メートル
事業・運営主体公益財団法人愛知県学校給食会
(平成24年度から公益財団法人)

問合せ

愛知県 教育委員会事務局 保健体育スポーツ課

E-mail: sports@pref.aichi.lg.jp

愛知県 教育委員会事務局 保健体育スポーツ課 インターハイ推進室

E-mail: interhigh@pref.aichi.lg.jp

愛知県 教育委員会事務局 保健体育スポーツ課 健康学習室

E-mail: kenkogakushu@pref.aichi.lg.jp