ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 観光・文化・スポーツ > スポーツの振興 > スポーツの振興 > あいちのスポーツリージョナルマガジン「aispo!(あいスポ)」第29号を発行します!

あいちのスポーツリージョナルマガジン「aispo!(あいスポ)」第29号を発行します!

2021年6月18日(金曜日)発表
 愛知県では、全国、世界に打ち出せるスポーツ大会を招致・育成し、地域の活性化につなげる取組を進めています。
 この一環として、2014年度からプロスポーツチームや実業団チームを中心とした、県内のスポーツを紹介するフリーマガジン「aispo!」を年4回発行しています。
 この度、「aispo!」第29号を発行しますので、お知らせします。

1 概要

(1)配布開始期日

2021年6月20日(日曜日)から順次配布

(2)配布場所

名鉄主要各駅、リニモ各駅、公共スポーツ施設、民間スポーツクラブ、県民相談・情報センター、県民事務所 等
※詳細は、Webサイト「aispo!web(あいスポウェブ)」(https://aichi-sports.jp/)を御覧ください。

(3)仕様等

24ページ/フルカラー

(4)発行部数

2万部

aispo!29gou

表紙:髙橋宏斗(たかはし ひろと)選手(野球)

    (中日ドラゴンズ)

2 主な内容

(1)特集記事

 トップスポーツにおける象徴的な選手等に焦点を当てたインタビューなど。

【今号の内容等】

(ア)タイトル:「表紙の顔」<野球>

内  容:中日ドラゴンズの髙橋宏斗(たかはし ひろと)選手についてのコラム。

(イ)タイトル:コラム「今こそ伝えたい、スポーツのチカラ」

    出  演:原晋(はら すすむ)氏(青山学院大学陸上競技部長距離ブロック(駅伝部)監督)

内  容:2004年に青山学院大学の長距離ブロックの監督に就任し、史上初の箱根駅伝優勝に導いた名将・原監督が、コロナ禍の今だからこそ伝えたい「スポーツのチカラ」について語る。

(ウ)タイトル:東京2020開幕前に知っておきたい愛知とオリンピックの“ゆかり”

内  容:7月23日(金・祝)に開幕を迎える東京2020オリンピックを前に、愛知にまつわる、オリンピックとの“ゆかり”を紹介。(「懐かしい顔がズラリ 愛知県出身の金メダリスト」など)

(エ)タイトル:東京2020に挑む愛知ゆかりのアスリート

  出  演:羽根田卓也(はねだ たくや)選手<カヌー>、杉本早裕吏(すぎもと さゆり)選手<新体操>、山田美諭(やまだ みゆ)選手<テコンドー>、西田有志(にしだ ゆうじ)選手<バレーボール>、後藤希友(ごとう みう)選手<ソフトボール>、服部勇馬(はっとり ゆうま)選手<マラソン>、鈴木亜由子(すずき あゆこ)選手<マラソン>、山西利和(やまにし としかず)選手<競歩>始め42名

  内  容:東京2020オリンピック・パラリンピックに挑む、愛知ゆかりの選手達を一挙紹介。

(オ)タイトル:今から知っておきたいアジア競技大会<カバディ>

  出  演:寺岡卓朗(てらおか たくろう)氏(カバディサークル「A.K.Aichi」代表)

  内  容:2026年に愛知・名古屋で行われるアジア競技大会に向け、過去の大会で行われてきたアジア競技大会ならではの特色ある競技を紹介していく。今回は、人気アニメ「灼熱(しゃくねつ)カバディ」の影響で注目を集めるカバディについて、寺岡氏にその魅力を聞いた。

(カ)タイトル:世界を目指すアスリートに密着!<アーチェリー>

  出  演:武藤弘樹(むとう ひろき)選手(トヨタ自動車株式会社)

  内  容:東京2020オリンピック日本代表に内定した武藤選手に密着し、母校を訪れた武藤選手の文武両道の学生時代を振り返るとともに、オリンピックに向けた目標について聞いた。

 

(2)その他記事

・愛知県内15市で実施された東京2020オリンピック聖火リレーの模様を紹介。

 ・スポーツチームの魅力を広報担当が伝える「スタッフだけが知っているチームの裏側をお見せします」

・選手が地元のおすすめ場所を紹介する「私の街のおすすめスポット」

・愛知ゆかりの著名人が推しのチームについて熱く語るコラム「氣志團(きしだん) 西園寺瞳(さいおんじ ひとみ)のドラゴンズに恋しているのさ/永島聖羅(ながしま せいら)のガンバレ グランパス」

・その他、話題性のある、また発行日以降に行われる予定のスポーツ大会の情報をタイムリーに紹介するとともに、大会情報カレンダーも掲載。