ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 学習教育部保健体育スポーツ課 > 「部活動指導ガイドライン」の策定について

「部活動指導ガイドライン」の策定について

 

「部活動指導ガイドライン~より効果的で持続可能な部活動を目指して~」の策定について

 

 愛知県教育委員会では、平成29年3月に策定した「教員の多忙化解消プラン」の取組の柱である「部活動指導に関わる負担の軽減」に基づき、部活動指導全般に関する指針となる「部活動指導ガイドライン」の策定作業を進めてきました。

 そうした中、スポーツ庁が平成30年3月に策定・公表した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」も踏まえ、学校における部活動が、今後とも児童生徒にとってより効果的で、持続可能なものとしていくために「部活動指導ガイドライン」を策定しました。

 

 【部活動指導ガイドラインの概要】

 1 対象

  ・運動部だけでなく、文化部も含めています。

  ・公立(名古屋市立を除く)小中学校・高校・特別支援学校としています。

 2 本県の求める方向性

  ・今日の部活動が抱える諸課題に対して、「量から質へ」「指示から支援へ」「一律の形態から多様な形態へ」にまとめました。

 3 適切な活動量

  ・「適切な活動量」においては、国のガイドラインを参考として、「休養日」や「活動時間」の基準を以下のとおり示しています。

    【休養日】  学期中は、週当たり2日(平日に1日と土日のいずれか1日)以上

            ※小学校は3日(平日に2日と土日のいずれか1日)以上

            ※大会への参加等により土日に活動する場合は、代替休養日の確保に努める。

    【活動時間】 平日は2時間程度、学校休業日は3時間程度

            ※小学校は平日2時間以内、学校の休業日は3時間以内

     参考 : 国のガイドラインの基準(中学校対象、高校も準用)

       【休 養 日】 学期中は、週当たり2日以上 ※平日に1日、土日1日以上

       【活動時間】 平日は2時間程度、学校休業日は3時間程度

4 今後について

 市町村教育委員会は、県ガイドラインの趣旨を踏まえた上で、地域の実情を考慮した「設置する学校に係る部活動の方針」を策定し、各学校は、部活動の運営方針及び活動計画等を学校のホームページへの掲載等により公表していくこととなります。

 

 ・「記者発表資料」 [PDFファイル/68KB]

 ・「部活動指導ガイドライン(概要版)」 [PDFファイル/99KB]

 ・「部活動指導ガイドライン(本冊)」 [PDFファイル/923KB]

 

問合せ

愛知県教育委員会事務局 保健体育スポーツ課
スポーツグループ
担当 伊與田、久綱
内線 3973・3977
(ダイヤルイン)052-954-6825
E-mail: sports@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)