ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > スポーツ課 > 第8回全国小学生&中高生ネオホッケー大会で優勝した「坂崎ブルービースト」の選手及び関係者の知事表敬訪問について

第8回全国小学生&中高生ネオホッケー大会で優勝した「坂崎ブルービースト」の選手及び関係者の知事表敬訪問について

第8回全国小学生&中高生ネオホッケー大会で優勝した「坂崎ブルービースト」の選手及び関係者の知事表敬訪問について

本年8月25日に神奈川県で開催された、第8回全国小学生&中高生ネオホッケー大会の小学生高学年混成の部で優勝した「坂崎ブルービースト」の選手及び関係者が、知事に結果を報告するために表敬訪問されます。

1 日時

  2019年10月15日(火曜日)午後3時15分から午後3時30分まで

2 場所

  愛知県公館

3 表敬者 

   選手

  田島 秀悟 (たじま しゅうご)選手始め13名

  関係者

  杉本 充 (すぎもと みつる)愛知県フロアボール連盟理事長始め5名

4 内容

 (1) 表敬挨拶及び訪問者紹介

 (2) 選手挨拶及び報告

 (3) 知事お祝いの言葉

 (4) 歓談

 (5) 記念撮影

5 大会概要

  (1) 日時

       2019年8月25日(日曜日)

  (2) 会場

       神奈川県川崎市とどろきアリーナ

 (3) 主催

 一般社団法人日本フロアボール連盟

 (4) 参加チーム数

       小学生高学年混成の部 29チーム(1チーム6人編成)

    ※ 小学生3~6年生とし、試合中男子は4名までとする。

6 表敬者一覧

 <選手>

 

氏 名

所 属(学校・学年)

備考

1

田島 秀悟

(たじま しゅうご)

幸田町立坂崎小学校6年

キャプテン

※大会最優秀選手

2

三浦  颯

(みうら そう)

幸田町立坂崎小学校6年

 

3

三輪 聡史

(みわ さとし)

幸田町立坂崎小学校6年

 

4

村田 樹俊

(むらた みきとし)

幸田町立坂崎小学校6年

 

5

鈴木 陽介

(すずき ようすけ)

幸田町立坂崎小学校6年

 

6

佐藤 陽斗

(さとう はると)

幸田町立坂崎小学校6年

 

7

小森 飛輝

(こもり ひかる)

幸田町立坂崎小学校6年

 

8

市川 統也

(いちかわ とうや)

幸田町立坂崎小学校6年

 

9

村上 絢音

(むらかみ あやね)

幸田町立坂崎小学校6年

 

10

中野 桃羽

(なかの ももは)

幸田町立坂崎小学校6年

 

11

廣岡 巳愛

(ひろおか みのり)

幸田町立坂崎小学校6年

 

12

大石 紗也奈

(おおいし さやな)

幸田町立坂崎小学校6年

 

13

成田 千紘

(なりた ちひろ)

幸田町立坂崎小学校6年

 

 <関係者>

 

氏 名

所  属 ( 役 職 )

1

杉本  充

(すぎもと みつる)

愛知県フロアボール連盟理事長

2

荻野 健人

(おぎの けんと)

坂崎ブルービースト監督

・フロアボール元日本代表

3

田島 宏康

(たじま ひろやす)

坂崎ブルービーストコーチ

4

山本 里美

(やまもと さとみ)

坂崎ブルービーストコーチ

5

石川 二三代

(いしかわ ふみよ)

坂崎ブルービーストコーチ

 

7 ネオホッケーとは

スウェーデンで発案された競技をルーツとして日本に導入されたニュースポーツ。「ユニホック」「ユニバーサルホッ ケー」として全国で活動展開してきたが、日本フロアボール連盟の発足を機に統合し、名称を「ネオホッケー」としてスタートした。コートは、20~36m×12~18mでコートの周りにはフェンスを設置し、相手のゴールにシュートして得点する。6人ずつのプレイヤーが2チームに分かれて、相手のゴールにプラスチック製のスティックを使ってプラスチック製の穴の開いたボールをシュートして得点を競う。

 

記者発表資料 [PDFファイル/170KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)