ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > スタートアップ推進課 > Aichi China Innovation Program  県内スタートアップの中国ビジネス展開を支援する「ハンズオン支援プログラム」の参加者を募集します!

Aichi China Innovation Program  県内スタートアップの中国ビジネス展開を支援する「ハンズオン支援プログラム」の参加者を募集します!

 愛知県は、2018年10月に「Aichi-Startup戦略」を策定し、この戦略に基づき、スタートアップ・エコシステムの形成・充実に努めています。

 本取組の一環として、数多くのユニコーン企業を輩出し、世界のイノベーションをけん引する中国においてトップクラスのスタートアップ支援実績を持つ清華大学及び上海交通大学と、2019年に包括交流に関する覚書を締結するなど連携体制を構築し、本県スタートアップ・エコシステムのグローバル連携を促進するための取組を実施しています。

 この度、清華大学の傘下組織で、これまで5,000以上のスタートアップ支援実績があるTUS(タス)ホールディングスと連携し、県内スタートアップの中国へのビジネス展開を支援する「ハンズオン支援プログラム」を、昨年度に引き続き実施します。

 中国のビジネスパートナーとの協業に関心がある県内スタートアップの皆様の御参加をお待ちしています。

1 支援プログラムの内容

 県内スタートアップの中国ビジネス展開に向けたメンタリングを行うとともに、ピッチイベントを通じた潜在的な中国のビジネスパートナーとのマッチングを実施します。

(1) メンタリング

ア 開催期間

     2021年11月初旬から2022年2月まで

イ 内容

  中国事情に詳しい県委託事業者(有限責任監査法人トーマツ)のスタートアップ支援担当者やTUSホールディングス、外部の中国ビジネス専門家がオンライン等でのメンタリングを実施し、中国でのビジネス展開のための知識を習得できるようサポートします(ピッチイベントを含む全8回)。

  • 第1回  中国進出のゴール設定
  • 第2回  市場調査・進出戦略作成
  • 第3回  外部の中国ビジネス専門家によるメンタリング
  • 第4回  ピッチブラッシュアップ
  • 第5回  TUSホールディングスによるメンタリング
  • 第6回  ピッチイベントのリハーサル
  • ピッチイベントの開催
  • 第7回  ピッチイベント後の事後フォロー

※ 第6回と第7回の間に行う中国企業向けピッチイベントの準備に向けて、資料の翻訳支援や海外メンターとのメンタリングの通訳を参加者ごとに手配します。また、イベント後の事後フォローとしてコミュニケーション上のサポートもします。

ウ メンター

   (ア) 中国事情に詳しい県委託事業者のメンター

      スタートアップ1社に対し、県委託事業者1人がメンターとして担当

   (イ) TUSホールディングスのメンター

   海外スタートアップの中国展開に詳しいTUSホールディングスの担当者

   (ウ) 外部の中国ビジネス専門家

  • 匠新(ジャンシン)社グループ創業者CEO 田中 年一 (たなか としかず) 氏

田中氏

東京大学工学部卒。日中でのスタートアップ及びイノベーション連携を推進するアクセラレーター「匠新」の創設者。日系企業の中国進出を多数支援。

  • AIS CAPITAL(エーアイエス キャピタル)株式会社マネージングディレクター 崔 告 (さい こう) 氏

崔氏

東京大学大学院卒。日本語、英語及び中国語に精通し、日本企業と中国企業の資本業務提携、日本、中国と東南アジアの投資経験を有する。

  • アンダーソン・毛利(もうり)・友常(ともつね)法律事務所名古屋事務所代表弁護士 清水 亘 (しみずわたる) 氏

清水氏

東京大学法学部卒。スタートアップから大企業に至るまで特許や知的財産に関する豊富な経験を有し、アジア・新興国の法務・知的財産業務も数多く手掛ける。

  • JENESIS(ジェネシス)株式会社 代表取締役社長・創世訊聯科技(深圳)有限公司 董事總經理 藤岡 淳一 (ふじおか じゅんいち) 氏

藤岡氏

千代田工科芸術専門学校音響芸術科卒業。2011年中国深圳でJENESISを創業。現在は同深圳工場にてIoT機器の開発製造受託を主に手掛ける。

 ※その他、中国ビジネスに精通した専門家を予定

(2) 中国企業向けピッチイベント

ア 開催時期

     2022年1月中旬(予定)

イ イベントの内容

  メンタリングを受けた県内スタートアップの中国でのビジネス展開の足掛かりとするため、中国企業や投資家等のビジネスパートナーに向けたピッチイベントを中国現地で実施します。

ウ イベントの参観者

 県内スタートアップのニーズを踏まえ、最適な中国企業をTUSホールディングスと連携して集客します。

 ※ 新型コロナウイルス感染症の状況によっては、オンラインで開催します。

 ※ 県内のスタートアップがコミュニケーションを図れるよう通訳を手配します。

   ※ 詳細が決まり次第、改めてお知らせします。

(3) 成果発表会

ア 開催時期

     2022年3月下旬(予定)

イ 内容

  プログラム参加者による成果発表を、愛知県内の会場において実施します。また、県内スタートアップの関係者や、投資家・ベンチャーキャピタル、金融機関、モノづくり企業等による「スタートアップの中国市場展開」をテーマとしたパネルディスカッションを実施します。

  ※ 新型コロナウイルスの感染状況によっては、オンラインで実施します。

  ※ 詳細が決まり次第、改めてお知らせします。

2 対象

 中国展開に関心がある愛知県内のスタートアップ

3 募集社数

 3社程度

4 参加費

 無料(ただし、ピッチイベント参加者の中国現地への渡航に係る経費、オンライン実施による通信機器代、通信費は自己負担)

5 申込方法

 以下の申込専用Webページの入力フォームから、企業名、所属、氏名、連絡先など必要事項を記載の上、お申込みください。 

  申込専用Webページ:https://forms.office.com/r/y8aWzjR1Bv

  プログラムWebページ:https://aichi-startup.com/china/for-startup

    ※ 参加申込内容に基づいて、事務局で選考のうえ参加企業を決定します。

    ※ 選考結果は、10月中旬までに別途、応募者全員にメールでお知らせします。

6 申込期限

 2021年9月30日(木曜日)

7 実施スケジュール

  • 9月1日~9月30日    参加者の募集期間
  • 10月中旬         参加者の選定・決定
  • 11月初旬~1月下旬    メンタリング (ピッチイベントに向けたメンタリング(第1回~第6回))
  • 1月中旬          中国企業向けピッチイベント           
  • 2月             メンタリング(第7回 事後フォロー)
  • 3月下旬          成果発表

8 主催等

 主催 愛知県

 協力 TUSホールディングス

 運営主体(問合せ先)

  有限責任監査法人トーマツ(県委託事業者)担当:越智(おち)

  電  話:080-4185-6163

  メール:aichi-tus_startup_collaboration@tohmatsu.co.jp

  ※ 電話問合せ受付時間:平日午前9時30分から午後5時30分まで

(参考) 清華大学(TUSホールディングス)について

 1 名 称 清華大学

 2 設 立 1911年

 3 学 部 82学部

 4 学生数 約53,000人

 5 概 要

   卒業生に習近平(しゅうきんぺい)現最高指導者や胡錦涛(こきんとう)前国家主席もいる総合大学(所在地:北京市)。工学、応用物理学、生物学のほか、人材育成と科学研究にも定評がある。最近では特に最先端科学技術分野に力を入れており、2017年にはAI無人システム研究センター、AIインテリジェント・コネクテッド・ビークル及び交通研究センター、ソフトウェア電子技術研究センターなどを、2021年には量子情報、集積回路の学部などを設立した。

   大学ランキングはアジア1位、世界20位(イギリスの教育専門誌Times Higher Education発表の2021年度版の世界大学ランキング)。

   スタートアップ支援は、傘下の事業体(企業)「TUSホールディングス」が担当。同社は国家級のインキュベーターとして多数の支援プロジェクトを通じ、これまで5,000以上のスタートアップ支援実績を有する。