ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > スタートアップ推進課 > Aichi China Innovation Program  県内スタートアップの中国ビジネス展開を支援する「ハンズオン支援プログラム」の参加スタートアップを決定しました!

Aichi China Innovation Program  県内スタートアップの中国ビジネス展開を支援する「ハンズオン支援プログラム」の参加スタートアップを決定しました!

 愛知県は、中国においてトップクラスのスタートアップ支援実績を持つ清華大学及び上海交通大学と、2019年に包括交流に関する覚書を締結するなど連携体制を構築し、本県スタートアップ・エコシステムのグローバル連携を促進するための取組を実施しています。

 この連携の取組の一つとして、清華大学の傘下組織で、これまで5,000以上のスタートアップ支援実績があるTUS(タス)ホールディングスと連携し、県内スタートアップの中国へのビジネス展開を支援する「ハンズオン支援プログラム」を、昨年度に引き続き実施します。

 この度、プログラム参加スタートアップ3社を以下のとおり決定しましたので、お知らせします(参加者募集については9月1日発表済み。)。

1 参加スタートアップ(3社) 

(五十音順・敬称略)
会 社 名所在地代表者事業内容・Webサイト
AquaAge(アクアエイジ)株式会社名古屋市中村区包 娜仁(ばお なれん)

データ駆動型(Data–driven)のパーソナライズド・スキンケア用品の開発及び販売事業

Webサイト:https://www.aquaage.ai

AZAPA(アザパ)株式会社名古屋市中区近藤 康弘(こんどう やすひろ)

モビリティを中心とした領域での機能・性能設計、制御最適化、計測適合などの開発及び製品化

Webサイト:https://www.azapa.co.jp/

株式会社o3peace(オースリーピース)豊橋市萩原 祥志(はぎわら よしゆき)

オゾン機器の研究・開発・OEM(他社ブランドの製品製造)による製造・販売

Webサイト:https://o3peace.jp

2 ハンズオン支援プログラムについて

 県内スタートアップの中国ビジネス展開に向けたメンタリングを行うとともに、ピッチイベントを通じた潜在的な中国のビジネスパートナーとのマッチングを実施します。その他、本プログラムの内容や今後のスケジュールは、別紙を御参照ください。

 ハンズオン支援プログラム詳細 [PDFファイル/372KB]

(参考) 清華大学(TUSホールディングス)について

 1 名 称 清華大学

 2 設 立 1911年

 3 学 部 82学部

 4 学生数 約53,000人

 5 概 要

   卒業生に習近平(しゅうきんぺい)現最高指導者や胡錦涛(こきんとう)前国家主席もいる総合大学(所在地:北京市)。工学、応用物理学、生物学のほか、人材育成と科学研究にも定評がある。最近では特に最先端科学技術分野に力を入れており、2017年にはAI無人システム研究センター、AIインテリジェント・コネクテッド・ビークル及び交通研究センター、ソフトウェア電子技術研究センターなどを、2021年には量子情報、集積回路の学部などを設立した。

   大学ランキングはアジア1位、世界20位(イギリスの教育専門誌Times Higher Education発表の2021年度版の世界大学ランキング)。

   スタートアップ支援は、傘下の事業体(企業)「TUSホールディングス」が担当。同社は国家級のインキュベーターとして多数の支援プロジェクトを通じ、これまで5,000以上のスタートアップ支援実績を有する。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)