ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > スタートアップ推進課 > 【知事会見】スタートアップ支援プログラムの成果発表イベント「Aichi Global Innovation Day」(オンライン開催)の参加者を募集します

【知事会見】スタートアップ支援プログラムの成果発表イベント「Aichi Global Innovation Day」(オンライン開催)の参加者を募集します

愛知県では、スタートアップ・エコシステムの形成を目指し、海外で先進的な取組を行っているスタートアップ支援機関等との連携を進めています。

その一環として、今年度は、シンガポール国立大学、中国・清華大学のスタートアップ支援機関であるTUSホールディングス、アメリカ・テキサス大学オースティン校、世界最高レベルの経営大学院であるフランス・INSEADとの連携事業を実施しました。

この度、この4事業の成果を一同に報告する場として、「Aichi Global Innovation Day」を3月10日(水曜日)にオンラインで開催します。

本イベントでは、県や各国の連携機関と共に各事業を創り上げた、スタートアップや企業、支援者の方が、ピッチや講演、パネルディスカッションに登壇いたします。

オープンイノベーションに興味のある企業やグローバル展開に関心のあるスタートアップを始め、幅広い層の観覧者を募集いたしますので、是非、ご参加ください。

1 成果発表イベント「Aichi Global Innovation Day」

(1) 日時

2021年3月10日(水曜日)午後1時から午後7時50分まで

(午後0時50分から接続可能)

(2) 形式

オンライン(Zoomを使用)

(3) スケジュール

13時00分~13時05分 主催者挨拶(愛知県知事 大村秀章)

        ※ビデオメッセージ

13時05分~13時20分 愛知県の海外スタートアップ支援機関連携事業の概要説明

Asia Site(アジア)

13時20分~16時20分 あいちスマートサスティナブルシティ共創チャレンジ

withシンガポールイノベーションエコシステムDemoDay

16時45分~18時30分 Aichi-China Innovation Program 成果発表会

West Site(欧米)

13時20分~14時50分 A2(Aichi-Austin)Innovation Kick-start Program 成果発表会

Global Site

16時30分~18時30分 INSEAD Innovation Program for Aichiオープンイノベーションセッション

18時50分~19時45分 各国プログラム運営事業者によるトークセッション

19時45分~19時50分 閉会挨拶  

※ 時間が重複するセッションに関しては、Zoomを2チャンネル用意いたしますので、いずれかにご参加ください。

(4) 言語

日本語又は英語(英語の場合は、日本語への同時通訳付き)

(5) 定員

200名程度(申込先着順)

(6) 参加費

無料(ただし、通信費は自己負担)

(7) 申込方法

下記の専用Webページにアクセスし、申込フォームに必要事項を記入の上、お申込みください。

(URL)http://www.aichi-startup.jp/global

(8) 参加申込期限

2021年3月8日(月曜日)

(9) 視聴方法

申込みいただいた方の登録メールアドレス宛に、視聴用のZoomリンクを3月9日(火曜日)までに送信します。

(10) 主催

愛知県

 

2 各セッションのスケジュール詳細

(1) あいちスマートサスティナブルシティ共創チャレンジ
  withシンガポールイノベーションエコシステムDemoDay(13時20分~16時20分)

シンガポール国立大学の協力を得ながら、県内の企業や団体、国内及び東南アジアのスタートアップ等との共創により、愛知県の課題(チャレンジ)解決を目指します。4社・団体のチャレンジオーナー、延べ13 社のスタートアップ等(国内7社、アジア6社)が、課題解決に向けて検討しているPoC(ピーオーシー)(※) の経過や成果を発表します。

(※)PoC(Proof of Concept): 新しい技術、手法、アイディアなどに対し、実現可能か、目的の効果が得られるか等を確認するための実証実験

スケジュール

13時20分~13時40分 オープニング挨拶/事業概要の説明              

       (登壇者)愛知県、株式会社ICMG

13時40分~14時15分 チャレンジ1成果報告                    

       テーマ:ものづくりの愛知県からDXによる製造業の新モデル創造(仮称:新KAIZENモデル)

       (登壇者)※◎はチャレンジオーナー(以下、同様)

企業名

発表内容

◎旭鉄工株式会社

(碧南市)

テーマ概要の説明

Sentient.io
(サンティエントアイオー)

(シンガポール)

画像認識/言語処理に強いAI as a Serviceで、切削加工条件の最適化及び品質検査の効率化

Y4.COM(ワイフォードットコム)

(福岡市)

ウェアラブル端末等のIoT機器を活用し、健康経営を促進

CAWIL.AI(コウィルエーアイ)

(フィリピン)

画像認識(タグ付け/自動化等)に特化したAI as a Serviceで品質検査等の効率化

 

14時15分~14時50分 チャレンジ2成果報告                    

       テーマ:新たな移動のエコシステムとビジネスモデルの構築

       (登壇者)

企業名

発表内容

◎アイシン精機株式会社

(刈谷市)

テーマ概要の説明

Yajantech(ヤージャンテック)

(台湾)

モビリティ×AR・VRで、新しい顧客体験サービスを創造

特定非営利活動法人
ながいく

(長久手市)

広大な公園での子育てやコワーキングサービスを想定した、モビリティを活用するソリューション

AImatix(エーアイマティックス)

(チャレンジ4と合同)

(シンガポール)

人とモビリティが共生するためのパーソナルモビリティの自動運転技術開発

14時50分~15時00分 休憩                            

15時00分~15時45分 チャレンジ3成果報告                    

       テーマ:南知多町をモデルとした世界・都市・地域に生きる新たな生活モデルの創造

       (登壇者)

企業名

発表内容

◎南知多町

テーマ概要の説明

株式会社yaotomi(ヤオトミ)

(名古屋市西区)

有機農産物を量産するための独自生産システム構築による南知多町の一大産地化

ANAホールディングス株式会社

(東京都港区)

ジョブマッチングによるフリートラベル構想を起点とした次世代の関係人口創出モデルの創造

Qlue(クルー)

(インドネシア)

住民も投稿可能な、まちづくりやインフラ管理等の情報をリアルタイムで収集するプラットフォーム構築

ユニアデックス株式会社

(東京都港区)

IT及びデジタルデータを活用した、空き施設・空き家のテレワーク&イノベーションコミュニティ拠点化

 

15時45分~16時10分 チャレンジ4成果報告                    

       テーマ:空港を起点としたSMART SUSTAINABLE CITYの可能性追求

       (登壇者)

企業名

発表内容

◎中部国際空港株式会社

(常滑市)

テーマ概要の説明

パワーウェーブ

(豊橋市)

空港内で使用するロボットに利用可能である、ワイヤレス給電の社会実装に挑戦

H2L(エイチツーエル)株式会社

(東京都港区)

体験の「動き」や「重さ」を伝えるBodySharing技術で、遠隔観光体験サービスを開発

AImatix(エーアイマティックス)

(チャレンジ2で報告)

(シンガポール)

人とモビリティが共生するためのパーソナルモビリティの自動運転技術開発

 

16時10分~16時20分 クロージング                         

 

(2) Aichi-China Innovation Program 成果発表会(16時45分~18時30分)

中国を代表するインキュベーション拠点を運営するTUS ホールディングスと連携して実施するスタートアップ支援プログラムです。TUS ホールディングス関係者によるメンタリングに加え、法務・知財や中国ビジネスに対する知見を有する国内メンターのサポートを受け、中国ビジネス展開を目指す3 社の県内スタートアップが成果について発表します。

スケジュール

16時45分~16時55分 開会挨拶                          

       (登壇者)愛知県、TUSホールディングス

16時55分~17時00分 事業内容説明                        

       (登壇者)有限責任監査法人トーマツ

17時00分~17時45分 トークセッション「中国スタートアップとの組み方」     

       (登壇者)国内事業会社、中国スタートアップとのオープンイノベーション支援者

 

17時45分~18時25分 プログラム参加スタートアップによるトークセッション        

       (登壇者)県内スタートアップ:株式会社U-MAP、グランドグリーン株式会社、SWIMMER株式会社

             メンター:匠新グループ創業者 田中年一(たなかとしかず)氏

18時25分~18時30分 クロージング                             

(3) A2(Aichi-Austin)Innovation Kick-start Program 成果発表会(13時20分~14時50分)

全米で有数の歴史あるインキュベーション施設を有するテキサス大学オースティン校(UTA)と連携し、県内スタートアップのグロース・北米市場展開支援プログラムを実施しています。NASA が開発し、UTAが改良を加えた「Quicklook レポート」による企業分析を経て、5 か月にわたるUTA からのマンツーマンによる北米市場展開支援を受けた県内等5 社のスタートアップのピッチを行います。

スケジュール

13時20分~13時30分 開会挨拶/事業概要説明                   

       (登壇者)愛知県、有限責任監査法人トーマツ

13時30分~13時40分 オースティンのエコシステム概要/サウスバイサウスウエストイベントレポート                    

       (登壇者)テキサス大学オースティン校

13時40分~14時10分 ワークショップの振り返り                    

       (登壇者)ワークショップ参加者

14時10分~14時40分 プログラム参加スタートアップによるピッチ          

       (登壇者)Craif株式会社、グランドグリーン株式会社、株式会社Sonoligo、パイフォトニクス株式会社、FiberCraze

14時40分~14時50分 クロージング                            

 

 (4)  INSEAD Innovation Program for Aichi オープンイノベーションセッション(16時30分~18時30分)

世界第1位の経営大学院INSEAD と連携したイントレプレナー/ 新規ビジネス開発人材の創出を目的とするプログラムです。このプログラムを統括するINSEAD アントレプレナーシップセンター長をモデレーターに招き、多国籍企業のオープンイノベーションの活用について考察するパネルディスカッションを実施します。

スケジュール

16時30分~16時50分 開会/事業概要説明                      

       (登壇者)愛知県、INSEAD

16時50分~18時25分 パネルディスカッション                   

       (登壇者)INSEADアントレプレナーシップセンター長、多国籍企業関係者(調整中)

18時25分~18時30分 クロージング                            

 

 (5) 各国プログラム運営事業者によるトークセッション及び閉会挨拶(18時50分~19時50分)

各プログラムの運営に関わった受託事業者の担当者が、各国のイノベーションの特徴やプログラムを通じて感じたことなどをテーマにトークセッションを行います。

スケジュール

18時50分~19時45分 トークセッション「海外連携プログラムの振り返り」                      

  (登壇者)株式会社ICMG、有限責任監査法人トーマツ、PwCコンサルティング合同会社の担当者、

        株式会社Creww小田健博(おだたけひろ)氏(モデレーター、ステーションAi早期支援拠点統括マネージャー)        

19時45分~19時50分 閉会挨拶                            
                (登壇者)愛知県