ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > スタートアップ推進課 > Aichi-China Innovation Program 中国展開ハンズオン支援プログラムの参加スタートアップの決定及びキックオフイベントの開催について

Aichi-China Innovation Program 中国展開ハンズオン支援プログラムの参加スタートアップの決定及びキックオフイベントの開催について

愛知県では、スタートアップ・エコシステム形成のための取組として、海外で先進的な活動を行っている大学・支援機関との連携を進めています。

その一環として、世界でも有数のスタートアップ育成の取組を行っている中国・清華大学と2019年9月に包括交流に関する覚書を締結し、具体的な連携事業について検討してきました。

この一環として、清華大学の傘下組織で、これまで5,000以上のスタートアップ支援実績があるTUS(タス)ホールディングスと連携し、県内スタートアップの中国へのビジネス展開を支援する「中国展開ハンズオン支援プログラム」を実施しています。この度、プログラムの参加者を公募し、県受託者による選定の結果、参加スタートアップ3社が以下のとおり決定しました。

また、11月24日(火)にこのプログラムに参加するスタートアップのキックオフイベントを開催します。

1 参加スタートアップ

 3社(所在地:愛知県3社)
企業名所在地代表者等氏名ビジネスプラン概要
グランドグリーン株式会社名古屋市

代表取締役

丹羽 優喜(にわ まさき)

新品種創出事業、接木苗生産システム事業
SWIMMER(スイマー)株式会社名古屋市

代表取締役

実川 大海(じつかわ ひろみ)
中小製造業向けの生産管理SaaS提供
株式会社U-MAP(ユーマップ)名古屋市

代表取締役

西谷 健治(にしたに けんじ)
新素材"Thermalnite"を武器に、電子機器の熱問題に貢献

(五十音順、敬称略)

2 キックオフイベント

(1)日時

 2020年11月24日(火)午後6時から午後7時まで  (開場受付開始 午後5時30分)

(2)会場

なごのキャンパス「HOME ROOM」

・住所: 名古屋市西区那古野2丁目14−1

・電話: 052-527-8700

(3)内容

・18時00分-18時05分 開会

・18時05分-18時15分 愛知県挨拶(スタートアップ推進課長)、県施策説明(スタートアップ推進課担当者)

・18時15分-18時30分 中国展開ハンズオン支援プログラムの説明

・18時30分-18時45分 参加スタートアップの事業説明(ショートプレゼンテーション)

・18時45分-18時55分 質疑応答

・18時55分-19時00分 受託事業者の外部メンター紹介

・19時00分      閉会

3 「中国展開ハンズオン支援プログラム」について

県内スタートアップの中国ビジネス展開に向けたメンタリングを行うとともに、ピッチイベントを通じた潜在的な中国のビジネスパートナーとのマッチングを実施します。
その他、本プログラムの内容や今後のスケジュールは、以下のURLを御参照ください。

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/startup/hands-on-support2020.html

 

4 主催等

  主催 愛知県

  協力 TUSホールディングス

  運営主体(問合せ先)
  有限責任監査法人トーマツ(受託事業者)担当:越智(おち)

  電  話:080-4185-6163

  メール:aichi-tus_startup_collaboration@tohmatsu.co.jp

  ※ 電話問合せ受付時間:平日午前9時30分から午後5時30分まで

(参考)清華大学・TUSホールディングスについて

1911年設立の清華大学は、卒業生に習近平現最高指導者や胡錦涛前国家主席もいる、45,000人超の学生を抱える総合大学である(所在地:北京市)。工学、応用物理学、生物学のほか、人材育成と科学研究にも定評がある。最近では特に最先端科学技術分野に力を入れている。大学ランキングはアジア1位、世界20位(イギリスの教育専門誌Times Higher Education発表の2021年度版の世界大学ランキング)。

スタートアップ支援は、傘下の事業体(企業)「TUSホールディングス」が担い、同社は国家級のインキュベーターとして多数の支援プロジェクトを通じ、スタートアップの発掘、育成を行っている。