ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > スタートアップ推進課 > 「あいちスタートアップ・フェス2021」の入賞者が決定しました

「あいちスタートアップ・フェス2021」の入賞者が決定しました

愛知県は、世界でも先進的なスタートアップ支援の実績を持つシンガポール国立大学(NUS)と2019年9月に「スタートアップ支援分野における連携協力に関する覚書」を締結しました。

同覚書の一環として、2021年3月15日(月曜日)から3月17日(水曜日)までの3日間、「あいちスタートアップ・フェス2021」をオンラインで開催しました(2021年2月3日発表済み。)。

本イベントでは、ピッチセッションにおいて、国内外のスタートアップ26社が、「あいちビジョン2030」に関連するテーマで、ビジネスアイディアのピッチを行いました。この度、各スタートアップのビジネス展開の可能性等を基にした審査の結果、「Aichi Award」と「e27(イートゥウェンティセブン) Award」のそれぞれの入賞者を決定しましたので、お知らせします。

1 Aichi Award

審査基準 

事業プランや社会的意義、愛知県における今後のビジネスの実現可能性等を審査

入賞者(5社、順不同)  

Aichi Awardの入賞者
会 社 名所n在地アイデア概要
アルム株式会社

石川県金沢市

NC工作機械を動かすプログラミングをAIで自動作成するソフト「ARMCODE1(アルムコードワン)」を提供
株式会社GINKAN(ギンカン)

東京都千代田区

世界で初めて、レビュー投稿者への暗号通貨報酬制度を搭載したグルメSNS「SynchroLife(シンクロライフ)」を提供
Qlue(クルー)インドネシア行政、市民共創型で街をモニタリング&アップデートするプラットフォームを運営
Hishab(ヒシャブ) Ltd.バングラディシュ声だけで買い物や銀行取引等が可能になる、ボイスユーザーインターフェースソリューションを提供
ダブルフロンティア株式会社

東京都千代田区

日本発の地域密着型買い物代行サービス「Twidy(ツイディ)」を提供

入賞者特典

希望するスタートアップに対して、1年間のステーションAi早期支援拠点のトライアル利用権及びあいちスタートアップワンストップセンター統括マネージャーによるビジネス展開支援

(令和3年2月定例愛知県議会における2021年度当初予算の成立を前提とします。)

 

2 e27 Award

審査基準

グローバル市場における社会的な意義の大きさと事業プラン等を審査

入賞者(5社、順不同)

e27 Awardの入賞者
会 社 名所在地アイデア概要
Axelr8(アクセラレイト)シンガポールCADを利用した設計業務を従来の25%改善するプラットフォームを提供
AgreeBit(アグリービット)株式会社

愛知県
名古屋市昭和区

集まらなくても議論・合意形成を可能にするSaaSソリューションを提供
ELXR(エリクサ)シンガポール遺伝学とスポーツ科学に基づいたフィットネスプログラムを提案するアプリを提供
Qlue(クルー)インドネシア行政、市民共創型で街をモニタリング&アップデートするプラットフォームを運営
株式会社RevComm(レブコム)東京都渋谷区コールセンター・リモート営業での会話内容をAIで分析・可視化し、ナレッジ化するソリューションを提供

 

入賞者特典

e27が選抜する100社の特集プラットフォームへの採択

1年間(2021年4月1日から2022年3月31日まで)のe27プロメンバーシップ権の付与(同社のプラットフォームを通じた投資家へのアクセス、各種トレーニングセッション等への参加)