ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > スタートアップ推進課 > 【知事会見】シンガポール国立大学連携事業の成果について

【知事会見】シンガポール国立大学連携事業の成果について

愛知県は、2018年10月に「Aichi-Startup戦略」を策定し、この戦略に沿って、スタートアップ・エコシステムの形成・充実に努めています。

この取組の一環として、世界でも先進的なスタートアップ支援の実績を持つシンガポール国立大学(NUS)と2019年9月に「スタートアップ支援分野における連携協力に関する覚書」を締結し、本県スタートアップ・エコシステムのグローバル連携を促進しています。

本事業では、スマートシティに関連する領域での県内企業等と国内外のスタートアップの協業プログラム「あいちスマートサスティナブルシティ共創チャレンジ」、知見共有セミナー、県内企業と NUS発スタートアップ等とのマッチングイベント「Dabao & Connect(ダバオ アンド コネクト)」、東南アジアにおける代表的なスタートアッププラットフォームと連携したグローバルピッチイベント「あいちスタートアップ・フェス2021」を実施してきました。

この度、これまでに実施したシンガポール国立大学連携事業の成果の概要について、別添のとおりお知らせします。

 

シンガポール国立大学連携事業の成果レポート [PDFファイル/414KB]

 

(参考1)シンガポール国立大学について

  • 名   称   National University of Singapore
  • 設   立   1905年
  • 組   織   17学部からなる国立総合大学
  • 学生数    42,600人
  • スタートアップ支援経験 :シンガポール国立大学は、スタートアップ支援を目的とする機関として、2002年にNUS Enterpriseを設立。NUS Enterpriseは、NUSの学生が、海外の企業でインターンシップを経験する、「NUS Overseas College Programme(オーバーシーズ カレッジ プログラム)」の実施や、インキュベーション施設である「BLOCK71」を運営しており、世界で活躍する学生や起業家を4,000人以上育成している。

(参考2)愛知県と海外の支援機関との連携一覧

海外連携先一覧 [PDFファイル/648KB]

海外連携先一覧サムネイル

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)